まいにちまいにち

是非一言いただけましたら・・・

全体表示

[ リスト ]

「Microsoftが16日にリリースしたWindows 10(プレビュー版)の最新ビルドのソフトウェアライセンスには、更新プログラムが「自動的にダウンロードおよびインストールされます」とあり、従来のようにインストールするかどうかを自分で選べなくなることが分かった。

米Microsoftの次期OS「Windows 10」のHomeエディションでは、セキュリティパッチを含む更新プログラムのインストールが自動のみになる──。最新のテクニカルプレビュービルド(Build 10240)のソフトウェアライセンス条項の記述に基いて、The Registerをはじめとする複数の海外メディアがそう報じた。

当該の条項は以下の通り。

更新プログラム。本ソフトウェアでは、システムおよびアプリケーションの更新プログラムが定期的に確認され、自動的にダウンロードおよびインストールされます。お客様は、マイクロソフトまたは正規の提供元からのみ更新プログラムを取得できます。マイクロソフトは、当該更新プログラムをお客様に提供するために、お客様のシステムを更新する必要がある場合があります。お客様は、本ライセンス条項に同意することにより、追加通知なくこのような種類の自動更新プログラムを受け取ることに同意するものとします。」 Itmedia  7月19日

同じWindows10でもこれはHomeエディションのものについての話で、Windows10Proの場合は更新プログラムのインストールを先延ばしできるようだ。

Proとはまさにその道のプロの人が使うもの、企業などで使うものだ。企業では、企業内でパソコン、コンピューターシステムを構築する上でWindows10をベースとしながら、セキュリティシステム、ネットワーク・システムなどについて独自のシステムを構築しているのである。その中でWindows10がアップデートされた場合、それがその企業独自の日常のコンピュータ・システム運営の障害にならないか、十分に調べた後にアップデートするかどうか決めるというのは当然のプロセスだと考えられる。

一方Winodws10Homeエディションを使っている個人ユーザーの場合は、そんな専門的判断をしなければならないことなどあろうはずもない。必要性もないはずである。むしろ従来のように、自分の判断でアップデートしたり、しなかったりすることを許していることの方がその後のトラブルを起こす原因となることが多いと思われる。

マイクロソフト社、Windows10というOSを開発し、市場にそれを無償、有償で公開し、セキュリティ対策、その後も必要に応じて、絶えずそれをアップデートしていく必要がある。その中で、Homeエディションを使っているパソコンユーザーがアップデータとしたり、しなかったりすることをを許しておくことの方がより大きな問題を引き起こす可能性が高いことは予想されることだ。

何かトラブルがあった時、絶えず、そのユーザーのバージョンのレベルを個々にチェックしながら、トータルで問題が生じないような管理を行うことなどむしろ不可能なことだ。Windows10を使う以上、その対象のパソコンのOSバージョンが全て同一のものになっていないと管理がより難しいものになる。OSの提供元として、ユーザーのためにもむしろそのバージョンを統一しておくことの必要性は理解出来る。

私の場合、またパソコンクラブの人達の殆ど最新のWindows8.1を使っているが、バージョンアップには自動的に応じるように設定しておくことを推奨している。それで何か、私自身を含めて何か致命的な障害が起きたという事例は経験していない。トラブルがあったとすると、Windows8.1のバージョンアップのためというより、もっと別の原因によることの方が多いようだ。

なにしろ自動継続的アップデートはなによりも、まずはセキュリティ対策上必要なことだと理解している。その旨をパソコンクラブ員のみなさんにもお伝えしている。

そういう意味でも、今回のマイクロソフト社のアップデート自動更新の方針は一パーソナルユーザとしてはむしろ歓迎すべきことと受け止めている。

第一それをするしないの判断、選択が出来たとして、それは一体どういう根拠に基づくものか、である。そんなものありようがないのである。

ありていに言うなら、いいも悪いもそれはOS提供元のマイクロソフトのトータルの管理に任せるしかないのである。任せるのなら、出来る限り提供元がそれをよりし易いようにすることが一番いいのである。

万一それで、なにか致命的トラブルが多発するようなら、そもそもWindows10を選択して使っていること自体を根本的に検討し直さなければならないことになる。

そういう事のないよう、マイクロソフト社、今回のWindows10の開発導入に当っては、500万人ものユーザーをいわばモニターとして使い、あらゆるシステム上のバグ、欠陥を一つづつつぶしていく作業をやっているのである。

普通に、極めて平均的なパソコンの使い方をしている一般のユーザーが
Windows10導入後、更なるバージョンアップによって、何か深刻なトラブルに巻き込まれる確率など限りなくゼロに近いだろうと私は考えている。

再度言うが、もしそれで問題が多発するようなら、そもそもWindows10を使うこと自体根本的に考え直す時なのである。

tad

参考資料:

Windows 10、Windows Updateが自動更新のみに:itmedia 

この記事に


.


みんなの更新記事