まいにちまいにち

是非一言いただけましたら・・・

全体表示

[ リスト ]

「マイクロソフトは、Windows 10のクリーンインストールおよびアップグレードができるインストールメディアの作成が可能なメディア作成ツールの提供を開始した。同社Webサイトよりダウンロードできる。

このツールは、32ビット版と64ビット版が用意されている。このツールは先行して米国で公開されていたが、先ほど日本語ページも公開された。

ツールを起動すると、「このPCを今すぐアップグレードする」、「他のPC用にインストールメディアを作る」の2つから選ぶことができる。

インストールメディアを作る場合は、使用する言語やWindows 10のエディション、アーキテクチャ(32ビット、64ビット)、使用するメディアを選択する。メディアは4Gバイト以上の空き容量があるUSBフラッシュメモリか、作成したISOファイルを書き込めるDVDメディアが必要となる。USBフラッシュメモリは使用時にフォーマットされるので注意が必要だ。

なお、このツールを使ったWindows 10の手動インストールは、PC側の互換性に関係なく自己責任でアップグレードできるというもので、日本マイクロソフトは“上級者向け”としている。同社が一般ユーザーに推奨するのは、「Get Windows 10」アプリやWindows Updateから無料アップグレードを予約する方法だ。

(すでにWindows 10無料アップグレードの予約を行った人については、それを待っていたほうがいい。)

7月29日以降、アップグレードの準備が確認でき次第、インストールに必要なファイルがバックグウランドで徐々にダウンロードされる。そしてダウンロード完了後にアップグレードが可能であることを示す通知がデスクトップに表示される。図1

(後は問題なくほぼ自動的にインストールしてくれるはずである。)」Itmedia

7月29日アップグレードが始まったが、その予約をしたもののまだそれが実行されていないケースが多いようだ。まずはユーザーの中でも、すでにWindows10のお試し版をインストールし、いわばモニターとして協力してきた人を優先してアップグレードしている。一般のユーザーで予約を入れた人については、これから数日さらに掛かるという説明がされている。予約を入れてある人はじっと待っていればいい。待つしかない。

予約を入れた段階で、それが受付られたユーザーについては時間は掛かってもほぼ問題なくアップグレードされるはずである。

問題は同じ7からのアップグレードであっても、機種によっては、予約ができなかったりした場合どうするかということ、さらに、予約したものの、いくら(数週間?)待ってもはなかなかアップグレードが始まらない場合どうするか、である。

そんな場合は、この冒頭のItmedia記事にあるように自分でマイクロソフトが用意したサイトからアップグレードのためのメディア作成ツールをウンロード、インストールすることが出来るということだ。上級者向けだとあるが、さほど難しいことでもない。予約の受けつけがなされなかった場合、または予約したものの、なかなかそれが始まらない場合には、この方法を試してみることである。

そもそも先の7から8.0にアップグレードした時、無償ではなく、3,000円ほど支払ってやったのがその方法であった。私自身、十件近くそれを手がけた経験があるが、ほぼ問題なくWindows7をWindows8.0にアップグレード出来た。そのWindows8.0はさらにその後自動的に8.1になって今日に至っている。

あくまで一般論であるが、新しく8.0や8.1のパソコンを購入された方については、今回の10へのアップグレードほぼ問題ない筈だ。

やれば必ずWindows10にアップグレード出来るという保証はないが、どうしてもアップグレードしたければ、冒頭記事の方法を試してみるしかない。この記事にあるように、もし出来なくても。最悪その元の状況に戻せるはずである。そのことを確認した上でやることだ。

再度確認するが、予約が出来ている人、場合についてはこの際少々時間が掛かるのはしかたがない。じっと待っているに限る。第一それで毎日のパソコンワークが困ることなどなにもない。

ただ予約が出来なかったケース、予約が出来ているのにいくら待っても始まらない、もう待ちきれないという人、場合によっては、当BLOGで取り上げた方法を試してみられることだ。

tad

参考資料:

Windows 10インストール用の「メディア作成ツール」公開:itmedia
アップグレード予約法:itmedia 

この記事に


.


みんなの更新記事