まいにちまいにち

是非一言いただけましたら・・・

全体表示

[ リスト ]

「2015年7月29日、ついにWindows 10無償アップグレードが始まった。詳しくは拙著の「Windows 10大百科」をご覧いただきたいが、アップグレード直後であれば、以前のWindows 8.1やWindows 7に戻すことが可能である。

以前のWindowsに戻せる条件

Windows 8.xやWindows 7などの各Windowsは、新バージョンをアップグレードインストールした場合、以前のWindowsバージョンに戻す仕組みを用意している。具体的には、古いWindows環境を「Windows.old」フォルダーに移動させており、ディスククリーンアップなどで削除しない限り、古いWindowsへと書き戻すことが可能だ。ただし、Windows 10無償アップグレードの場合は以下のような条件を満たす必要がある。

Windows 10にアップグレードしてから31日間以内
アップグレード後に新規ユーザーアカウントを追加していない
「このPCを初期状態に戻す」を実行していない
Windows.oldフォルダーが残っている
Windows 10からWindows 8.1に戻す 」 mynavi 

今朝この話題を取り上げた理由は、今Windows7、8.1のパソコンを使っている人が、Windows10にアップグレードし、それが仮に上手く行かない、想定していたように動作しない、その他なんらかのトラブルに直面したような場合、どうするかである。

なぜそうなったか、再度Windows10へのアップグレードを試みるかどうかは別にして、とりあえず元使っていたバージョン、すなわちWindows7か8.1に戻す、戻したい。どうするかである。

そのこと自体は簡単にできますから、それを念頭に入れて、アップグレードに臨んで下さいということなのだ。但しそれはアップグレードの後30日以内に限る、ということだ。他には条件が列挙されているが、その内容自体当然のことばかりである。

それは極めて簡単なことなので、その方法を確認しておこう。

とりあえず8.1からアップグレードした場合を説明している。Windows8.11からWindows10へ無償アップグレードした場合、Windows10の機能として、トップ画面の「設定」の「更新とセキュリティ「回復」に「Windows8.11に戻す」という項目が加わる。それがポイントである。

図1
イメージ 1


そのボタンを選択、クリックすることで、Windows10は元の8.1に戻すことができる。

私が自分のパソコンについて3日程前アップグレードしたものだ。それを実際に戻してみてもいいのだが、私の場合、その必要性は全くない。それをやってまた、10だにアップグレードできることは確実にできるだろうが、それは面倒なのでやめておく。

あくまで、アップグレードしたものの、どうも上手く行かない、行っていないということがある場合の話である。そうしたことを心配される方へのメッセージだと受け止めていただきたい。

今朝の話のポイントは以上だ。以下は余談である。

あくまで私のケースである。私の自宅には、アップグレードしようと思っている関連PCは三台ある。二台は自分のもので、デスクトップパソコン(ASUSマザーボードを使った自作のもの、かって7を8.1にアップグレードした)とノートパソコン(VAIO でWindows8.1)のニ台をすでにWindows10のアップグレード済だ。

いずれも予約を入れていたのだが、アップグレードが何時始まるか不明なので、7月31日のBLOGで説明したように、予約を待たず、マイクロソフトのサイトからダウンロード・インストールを行ったものだ。(8月1日BLOG

自宅にはWindows8.1のノートPCがもう一台あって、これは家族が使っているもの。それについてはアップレード予約済のままにしてある。

予約を待たずアップグレードを行ったもの二つについては、なんの問題もなくすでに毎日の使用に供している。予約を入れているもう一台については、後どれだけ時間が掛かるか分からないが、そのプロセス・ステップの違いの確認のためにもそのままになっているのだ。

言えることは、自身でマイクロソフトのサイトにアクセスして、必要ソフトダウンロードインストするのも、予約を入れておいて、その指示を待って、インストールするのもそのステップに大きな違いはないはずだ。

後者の方はバックグラウンドでダウンロードされたものをインストールに掛かるという説明があるが、時間的にどれだけ違うのが、違わないのというだけで、いずれにせよ、どちらも細心の注意をもって臨まなければならないのは同じことなのだ。
ただいずれにせよ、相手側の指示には、きちんと従っていればいいことで、何か難しい判断が迫られることなど何もない。この時点では時間が掛かってもあくまで予約の結果を待つのもいいし、ご自身でマイクロソフトのサイトからダウンロード、アップグレードをするのもよし、それぞれご自身で決められ実行に移されることだ。

Windows8.1と7ではアップグレードのプロセスはほぼ同じだが、実際に10になってみるとやはり8.1のユーザーであった方がはるかに有利であるようだ。電源を入れ、BIOS画面、ロック画面、そしてサインイン画面と移行するが、そこまでは従来の8.1の画面とほぼ同じである。(8月1日BLOG

それからデスクトップ画面そして、今回は評判がいいスタート画面となるのだが、そのスタート画面も、そもそも8.1の画面に慣れた人にとってはなんの違和感も感じられないもののはずだ。むしろ7を使っていた人には左側のサイドメニューはともかく、右側のタイル表示画面に戸惑うことになるのだろう。

新しいWindows10の使い方、機能については、そのインストールがある程度出揃ったところで始めようはとは思っているが、Windows8.1の経験者とりわけChromeを中心的に使っていた人にはその使い方、なんら難しいものではないはずである。

tad

参考資料:

Windows10から以前のWindows7や8.1に戻す:mynavi 


この記事に


.


みんなの更新記事