まいにちまいにち

是非一言いただけましたら・・・

全体表示

[ リスト ]

「情報処理推進機構(IPA)は8月4日、ウイルス検出を警告する音声でWebサイト閲覧者をだます手口に注意するよう呼び掛けた。この手口に関するIPAへの相談が7月までに19件寄せられているという。

問題の手口は、何らかの方法で「PCサポート」というWebサイトを閲覧すると、日本語の音声で「ウイルスが検出されました」と警告する。さらに、Webサイトに掲載されている番号に電話するよう閲覧者に告げる。

トレンドマイクロも5月29日に、問題の手口に注意するよう呼び掛けていた。同月27日時点でこのWebサイトへ約7000件のアクセスがあったと報告している。

IPAに相談したユーザーの中には、警告に不安を感じて実際に電話をしてしまった人もいるという。電話口で相手から「遠隔サポートによるウイルス駆除を行う」と告げられ、遠隔操作ソフトをインストールし、実際に何らかの遠隔操作が行われたとのこと。その後に相手から有償ソフトの購入を促されたものの、結果的にサポート費用を請求されたり、遠隔操作でPC内のファイルに勝手にアクセスされたりする事態にはならなかったという。

問題のWebサイトへは、広告バナーのクリックなどから誘導されてしまった可能性があるといい、警告メッセージはウイルス感染の有無に関係なく自動的に再生されるとしている。上記の相談者の被害は不明であるものの、遠隔操作ソフトを悪用して情報が盗み取られたり、コンピュータを不正操作されたりする恐れがある。

IPAは、問題のWebサイトにアクセスしても音声メッセージを無視し、電話をかけないでほしいと忠告。ウイルス感染の確認はセキュリティソフトで行い、日頃からもセキュリティソフトを導入して感染リスクに備えるといった基本的な取り組みを実施してほしいとアドバイスしている。」iTmedia 8月4日

長々とiTmedia記事を引用したが、大切な問題なのでしっかりお読みいただきたい。この種のマルウエアのことは7月29日のBLOGでも書いている。パソコン、インターネットをやられている方しょっちゅう体験されることだ。筆者も時々こうしたものに出くわすが、頭から無視して相手にしない、この種のもの質が悪いのは、それがマイクソフト、トレンドマイクロ、ノートンなど一流のIT企業の名を騙って登場するから、騙されるのは無理もないところがある。しかしそれは、殆どの場合偽物なのだ。

情報処理推進機構(IPA)が、こうしたものに注意を喚起し、ウイルス対策ソフト設置などを含めた対策を取ることを薦めているのは分かる。ただ、こうしたものをまとめてウイルスという範疇にしているのはどうかというところがある。

問題は市販のさまざまなウイルス対策ソフトを入れたらこうしたものを完全に締め出せるかどうか、それが問題なのだ。

いわゆるウイルスはまさに名の如く、誰も気づかぬうちに侵入し、さらに気づかぬうちに、パソコンの中の情報を盗み出したり、買い替えたりするものである。7月29日のBLOGで書いたものや、今朝のBLOGで書いているものは、いわゆるウイルスというより、ちょっとその中身の違うマルウエア、悪質な詐欺メッセージを送りつけるタイプのものなのだ。名乗りでて、こうしろああしろと要求するが、それに応えなければ、特に実害はない。それがウイルスと違うところだ。

そうしたもの、それはフリーソフトをダウンロードした時や、ポップアップ広告をクリック閲覧した時などに、それに伴って入ってきて、電話せよ、とか直ちにパソコンをスキャンせよとか、やり始めるのである。そしてその結果は最悪だから、それを駆除するソフトを購入せよなどと迫るのである。そうした誘導に応じない、騙されなければそれで済む。要するに相手にしなければいいはずなのだ。

相手にしなければいいと言っても、実際にはしょっちゅうそれが絶えず現れるのが不快なのである。それをどう防ぐかである。情報処理推進機構(IPA)はウイルス対策ソフトを入れるなどの対策を訴えているが、果たして、それがどれだけ有効なのかどうか全く不明である。中にはそうしたウイルス対策を入れているのに入ってくるのはどういうわけかということもある。

ウイルス対策ソフトを入れている場合でも、そういうマルウエアはさまざまな形で登場してくる場合は結構あるようだ。要するに絶対的なこれで全て万全というような対策ソフトなど基本的には存在しないのである。

そうしたマルウエアの一般的対策法として、一つはフリーソフトのダウンロード・インストに気をつけるということがあった。同じフリーソフトをダウンロードする場合、ネットサイトどこからでもというのでなく、例えば、「窓の杜」のような安全なサイトを利用すべきことは、一つの常識となっている。それは改めて指摘しておく。

もう一つ、こうしたマルウエアは広告バナーをクリックすることや、ポップアップ広告と一緒に入ってくるケースが多い。通常の広告バナーをやたらクリック閲覧することは要注意だが、防ぎようがないのが、ポップアップ広告である。さまざまなマルウエアはそれと一緒に入ってくるらしい。。

そうした広告、ポップアップ広告などを、完全にではないかもしれないが、ブロックする方法はないものか。それについて一つ有効かなと考えられるものがある。

Chromeの「広告ブロック」という拡張機能がそれだ。今朝はそれを紹介しておく。

平生、Chromeをお使いの方は、Windowsストアから拡張機能として、この「広告ブロック」機能をセットすることができる。以下一連のChrome拡張機能設定でそれができる。

拡張機能、AdblockPlusのインストールを実行する。Chromeに追加することでセットアップ完了である。

この拡張機能のインストが完了すると、それはChromeの拡張機能としてChromeトップ画面右上に「ABP」として表示されるようになる。図1
イメージ 1


この拡張機能Chromeのみならず、Firefoxなどのブラウザーでも広く普及しているものだ。この拡張機能をセットした場合、セットしない場合と比較されてみたらその効果を実感できるだろう。

この拡張機能ポップアップ広告からマルウエアを表示させてしまうことを未然に防ぐことが主な目的だが、、過剰な広告表示をカットすることで、Webページの表示効率そのものが上がるという効果があるようだ。

この拡張機能をセットすることで、本日主題のマルウエア対策となると共に、Webページの表示がよりスムースになるならそれにこしたことはない。

是非一度試されたらいいだろう。

tad

参考資料:

「ウイルスが検出されました」 声でだますWebサイトに注意:itemdia 
AdblocPlusの設定:google 


この記事に


.


みんなの更新記事