まいにちまいにち

是非一言いただけましたら・・・

全体表示

[ リスト ]

昨日のBLOGで、Windows10トップ画面サイドメニューに「エキスプロラー」が直接表示されるようになってパソコン作業がよりやりやすくなったことを書いた。

その伝でいけば、もう一つWindows10のスタート画面に表示されるようになって使い勝手がよりよくなったのが「設定」ボタンである。図1 
イメージ 1

これはWindows8.1の「PCの設定」の後継機能である。8.1ではこの機能、結構多用したものだ。パソコンがネットに繋がっている状況をチェックしたり、音がでないが、スピーカー音声がミュートになっていないか、音のボリユームが小さすぎないか、そのほか。Windowsの背景画面の設定なども、このパソコン設定で行ったものだ。

8.1ではその「PCの設定」画面をを出すのに、マウスポインターを画面右隅に持っていくいわゆる「チャーム機能」を使ったものだ。

ところがこのチャームなるもの、少々不安定なところがあって、2,3回操作を繰り返さないと設定のための画面が出てこないことがあった。その内、それを避けるため、チャームを止め、、Windowsキー+Cで、「PC設定」出すようにしていたものだ。それには少々不満を感じていたのである。

Windows10では、その「設定」ボタンがスタート画面に出るので、それを押すことで、諸々の設定のための画面が一発で出る。図2 それでさまざまな設定作業はよりやりやすくなったことは間違いない。
イメージ 3

9項目の「設定」作業があるが、結構よく使うもの、殆ど使わないものがある。一つ一つの内容の詳細説明は今回しない。とりあえず一つづつその作業内容、クリックして確認されることだ。個々の設定の詳細内容について
今後折に触れて紹介する機会があろう。                     

今朝はあえて一つ、Windows10を入れたばかりなので一番重要な設定項目について説明しておこう。それは一番最後9番目に記載されている「更新とセキュリティ」である。図3
イメージ 2

パソコンが不調にならぬよう、日頃の更新、さらに不調になったなった時にあとるべきアクションのための諸設定設定の説明がここに集約されている。

例えばWindows10にしたものの、なんらかのトラブル、不具合でもう一度以前の7,とか8.1に戻したい時、この画面から出来るようになっている。但しそれが出来るのはアップ・グレード後一ヶ月以内であるから気をつけよう。

その機を逸したらもうパソコンの不調にはどう対処しようもないということではない。とりあえず正常にアップグレードされたはずのWindows10もその後さまざまなトラブルに見舞われることはあろう。

そんな時どうするかである。以前の8.1の場合には、システム復元、りフレッシュ、回復などの方法があったが、Windows10についても、同じようなしくみが継続されているはずなのだ。

その方法論について、今後折をみて新たにその内容を確認したいと思っている。

tad

この記事に


.


みんなの更新記事