まいにちまいにち

是非一言いただけましたら・・・

全体表示

[ リスト ]

Windows8.1にも同じような検索窓、検索機能があったが、あまり使う機会がなかった。検索画面そのものを出すのがなんとなく億劫だった。その点Windows10になって、この検索窓、スタートボタンのすぐ隣に新たに配置されていて、使い勝手は大きく改善された。図1
イメージ 1

「検索」はなにもこんなところでしなくても、Google検索、Yahoo検索でいいではないかと言われるだろう。いや今後ともこと検索に関してはGoogle検索を中心にやっていくつもりである。Crhomeを既定のブラウザーに設定しているから、パソコン立ち上げ後、Chromeを立ち上げれば、Googleのトップ画面、検索画面が自動的に現れる。そこで検索すればこと足りる。今後ともWeb検索に関しては、Google検索を中心にやっていくことには変りはない。

ただ今回のWindows10の検索は従来のいわゆるWeb検索と一味、二味違うところがある。Web検索、ネット上に存在するさまざまな事象、事項の検索だけでなく、個人のパソコンの中にあるファイルの検索も同時にやってくれるものだ。

さらに自身のパソコンの中で、その事項についてどんな「設定」を行っているかについても表示してくれるという説明を見てなるほど、それは試してみる価値はありそうだと思った。

その使い方は簡単だ。Widnows10のスタートボタンの右隣りに新たに設置された検索窓に検索したい事項の文字列を入れるところは普通のWeb検索となんら変わらない。

表示例は、「Windows10」という文字列を入れた場合だ。図2
イメージ 2


その後Enterキーを押すか、虫めがねの検索ボタンを押すと、WebとWindows(パソコン内)どちらの検索を行うのか聞いてくるので、そのいずれかを選べばいいわけだ。図2 赤字1
 
Web検索は通常の「検索」と変わらない。Windows10にまつわるさまざまな検索結果(図2 赤字3)が表示される。その優秀性は定番のGoogleのそれと較べてみないと分からない。その検索機能自体は、マイクロソフト社の「Bing」という検索システムを使っている。天下のマイクロソフトが、そのシエア獲得に必死で取り組んでいるものだから、その中身がそう悪いわけがない。

以前のBLOGでもBing検索を使うメリットについて何度か書いたことがあるが、要するに、さまざまな検索を行う中で、Googleのそれと併用していけばいいとお薦めしておく。

例えばWindows10の概要、機能、さまざまな使い方について知りたければ、このWindows10というキーワードに加えて、検索の内容に応じてさまざまなキーワードを付加することで、目的の内容を絞りこんで行けばいい。そのことは、このWindows10の検索(Bing)でも、Googleの検索でも全く同じである。

Windows10でもこのWeb検索はなんなく行える。しかし、このWindows10に関する検索ではむしろ、Web検索より、Windows検索を中心にやったらどうだろうか。

検索に当って、WebでなくWindowsの方を選ぶと、そのキーワードが使われいるPC内のあらゆる関連ファイルの存在を教えてくれる。例えば私が毎日書いているBLOGのどの日のフアイルにそれがあるかなど検索できるわけだ。またかって自ら調べたさまざまなファイルの保管先を教えてくれる。

そうした検索はもちろん従来からあった。その点、Windows検索の中でもWindows10の機能ならではのものとしては、Windows10がその機能についてどのような「設定」を行ているいうかを教えてくれるものがある。図2 赤字2。これで設定状況を確認し、必要な変更を新たに加えたり出来る。

「検索」「検索のやり方」などについてあれこれ記事を参照、参考にすることは、検索術に長けるためには、どんなことでもどんどん「検索窓」を使い、キーワードを入れ、検索を実行してみることである。

このことに限らないが、試行錯誤を繰り返すことこそ、検索の技を鍛えるための最善の方法であろう。

tad

参考記事:

Windows10どこからでも、何でも検索:microsoft 

この記事に


.


みんなの更新記事