まいにちまいにち

是非一言いただけましたら・・・

全体表示

[ リスト ]

Windows10にアップグレードすることについていくつかの懸念があった。その一つに既に使っているマイクロソフトのOfficeソフトがどうなるのか、があった。さらにマイクロソフトOfficeではないが、その互換ソフト、いろいろあるが、その代表的なものであるLibreOfficeが以前と同じように使えるかどうか、も懸念された。

さらに、9月20日のBLOG(Windows10とクラウドコンピューティン)で書いたが、今日、マイクロソフトOfficeうんぬんより、一連のGoogleOfficeAppsが動作してくれるかどうかについてより大きな不安があった。

Windows10にアップグレードしてすでに25日近く経過するが、そうした一連の懸念、不安はすべて一掃されていることはすでに書いている通りだ。そのこと念のため再度確認しておこう。

・マイクロソフトオフィスソフトはそのバージョン(2007、2010,2013
 など)の違いを超えてなんの問題もなく動作しているはずである。(私の
 場合、使っているのは 2013である。これについては何の問題もな
 い。)

・マイクロソフトOfficeの代表的無償の互換ソフト、いろいろあるが、私の場
 合使っているLibreOffice4.4.5はWindows10の下でも問題なく
 動作している。

・Office関連ソフトとなると最近は上記のオフラインソフトでなく中心的に使
 っているのはGoogleの三つのオンラインApps(ドキュメント、スプレッド
 シート、プレゼンスライド)であるが。それらについてもWindows10の下
 で問題なく動作している。


昨日のBLOGで、Windowsストアアプリのことに触れる中で、Widnowsアプリというと、実際にはストアアプリより、サードパーティによって開発提供されている優秀なフリーソフト群の方がはるかにパソコンワークに役立っていることを書いた。

とりわけマイクロソフトのOfficeソフトに関しても、市場にはマイクロソフト本家のOficeソフトに匹敵し、その代替的、補完的使用に耐えるフリーソフトがいくつか存在している。その中でもLibreOfficeというフリーソフトが優秀で、使いやすいソフトであることを紹介した。

殆どの読者の方はその何たるかはご存知だと思うが、万が一ご存知でない方に再度お知らせてしておく。それがどんなものか、信頼のおけるものかどうかについては下にあげた参考資料をご覧になることだ。

私はこれらソフトについてはすでにすでに十年近く、マイクロソフトオフィスの代替ソフトとして使ってきている。もちろん一部マイクロソフトOfficeの補完として使ってきている場合もある。

ここ数年はGoogleのOfficAppsを主として使うようになって、使用する機会は減ったが、マイクロソフトOfficeそのものより、LibreOfficeを重点的に使っていた時期もあった。

日本ではパソコンを買うと、マイクロソフトのオフィスがプレインストールされているのが普通だが、諸外国ではむしろそのこと自体をユーザーが選択する。マイクロソフトのオフィスソフトでなく、その相当品、無償のオフィスソフトを選択して使う場合が多いようだ。

マイクロソフトのOfficeがプレインストールされたPCを買うとそれだけで、3万円ほど高くなる。Officeソフトはフリーのソフトを使い、その分よりグレードの高いパソコンを購入するという選択肢は、十分検討に値するはずである。

それは無償で、安全性の高いものだ。使ったことのない人は一度ダウンロードインストールして使ってみられることだ。実際の使用上、マイクロソフトOfficeとの互換性において殆ど問題ないことを実感されるはずである。

不思議な話、本家のOfficeソフトは2年に一度、3年に一度しかバージョンアップがない。2003、2007、2010、2013、そして次は2016という次第だ。

一方の無償のLibreOffice、毎年最低一度場合によっては二度位はバージョンアップを繰り返し、今日に至っている。しかもWindows用はもちろん、iOs(アップル)用、Linux用などが存在している。

昨日まで私のPCの中にはLibreOffice4.4.5が入っていたが、昨日のBLOG記事に関し「窓の杜」で調べるうちに、8月1日最新版5.0.0がダウンロードインストール出来るようになっていることを知った。

早速ダウンロードインストールしたが、ものの5分も掛からなかった。明らかにWindows10の登場を意識したアップグレードのようだ。

既にお使いの皆さん、まだお使いになったことのない方、是非最新のバージョンをダウンロードインストールし、使ってみられることをお薦めしておく。それが今朝のBLOG主題である。

追加的コメントになるが、昨日のBLOGで書いたように、優れたサードパーティのフリーソフトはどんどんお使いになってみることだ。ただ、ダウンロードサイトは注意された方がいい。サイトによってはそれと一緒に厄介なマルウエアをダウンロードインストールさせてしまうよう誘導するものがあることには要注意である。

その点、参考資料にあげている「窓の杜」は大丈夫、LibreOfficeはもちろんあらゆる優れたWindows系ソフトが豊富に掲載されていて、そこからのダウンロードは安全である。

tad


参考資料:
LibreOfficeルネッサンス:libreoffice 
LibreOffice窓の杜 forest 
窓の杜Windowsフリーソフト:forest
LibreOfficeについて:wikipedia    

この記事に


.


みんなの更新記事