まいにちまいにち

百聞は一見にしかず、百見は一験にしかず。

全体表示

[ リスト ]

一昨日月曜日、NHKスマホの第五回講座の放送があった。「欲しい情報
自由自在、パソコンのように使えるスマホではインターネットを通じて
さまざまな情報を取得できます。ここでは、基本の検索方法や、音声を使った情報の収集方法を覚えましょう。(テキスト)」 これが今回の講座の内容だ。

そもそもこれだけの内容をわずか25分でやるのだから、パソコンも、スマホも初めての人にとっては、その内容の理解が大変だ。

しかし、情報検索と云うと大変だが、例えば街を歩いていて、「近くのコンビニ店は?」とか、「ラーメン店は?」とか、スマホに向かって問いかけると、周辺地図と共に、関連情報がぱっと出てくる。「これはすごい!」と思うだろう。そんなこと、パソコンは持ち歩けないから、パソコンでは出来ないが、スマホなら出来るとなると、スマホにより大きな関心を持つようになる。なるほどTVのコマーシャルでやっているのはこのことか、となる。

それで、パソコンなどには全く関心はなかったが、スマホを買ってみようとか、すでにパソコンを持ちやっている人が、通話もこんなことも出来るスマホもやってみようと思うきっかけになる。

そうしたことも含めて、今回の講座を見ていたのだが、パソコンとスマホの検索機能、その使い分けに関して、私が感じた三つのポイントについてまとめてみた。

1.パソコン、スマホとも、検索については、まずその基本、文字入力による検索法をきちんと押さえておきたい。おくべきだ。

今回講座、池澤講師が説明していたし、テキスト本にも書いてあるが、文字入力検索の場合、iOSスマホの場合はSafariというブラウザーを使う。
一方Androidスマホでは、Chromeを使う。当然の説明だし、それでなにか大きな問題が生じるわけでない。

ただこれはすでに先のBLOGでも書いたことだ。検索エンジンの選択となると、Google検索がその中心になることはある意味必然である。そのことから云うと、Androidスマホユーザーは勿論のこと、iPhoneユーザーも検索エンジンはGoogleのそれを選ぶことが推奨される。そうであるのなら、最初から使用するブラウザーはChrome一本に絞り、それをインストールし、使ったらいい。AndroidスマホユーザーはもちろんiPhoneユーザーもだ。


私はスマホは主としてAndroidを使っているが、iPhoneを使っていた時もChromeをインストールし、検索はもちろん全てのGoogleアプリをそれで使いなんの問題もなかった。文字入力の検索に関しては、検索本家の豊富な検索機能、方法が使える。使うべきだ。

Chromeの文字入力による検索法については、当BLOGでもシリーズとして10回近く取り上げたことがあるが、それを参照されたい。(参考資料)

Googleの文字入力検索法にはそれだけの内容があり、パソコンとかスマホとかに関係なく、それを使うことがお勧めである。これが今朝のBLOGで第一に書いておきたいことだ。

2.次に、たしかに検索となると、文字入力によるそれが、基本ではある。
しかしGoogle検索についても、音声入力検索の精度が年々改善されていることも事実だ。

そのことを踏まえて、パソコン、とりわけスマホでは音声入力検索をもっと多用していいのではないかと考える。もっともモバイルでは、場所によってはその利用が制限されることもあるが、である。

特に自宅でのスマホについては、机上ならともかく、寝転びながらの検索の場合、音声による方がはるかに適していることは改めて指摘の必要も
あるまい。

音声入力の精度、もうその実用性はもはやほぼ百%保証されているのではないか。

3.検索ということについて三番目に書いておくべきことは、云うまでないことだ。

モバイルでの検索、さすがパソコンはスマホには全く敵わないということである。それについてはスマホの音声入力が主役になる。冒頭に書いた、「町を歩いていて・・・・・」うんぬんのTPOの状況だ。

これについては、iPhoneの場合は、「Siri」という専用デフォルトの機能を使えばいいし、Androidスマホは、「Googleアシスタント」なる機能を使えばいい。

iPhoneの場合、Androidスマホの場合いずれもホームボタンを長押しすれば、それが立ち上がるようになっている。モバイル使用では最適の方法である。

この検索、正直私のような、人間にはそれを活用する場面は少ない。まあ
その検索の内容次第ではある。これについてはその音声識別精度の高さと、なによりその回答の的確性さ高さには驚かされる。

「Siri」といい、「Googleアシスタント」といい、使えば使うほどその使い勝手
はよくなるようだ。

私などにとっては考えるところがある。こんな便利なものが、もう5年、10年前にあったら、今の自分のライフスタイルがどう変わっただろうか、などと想像するのである。

tad

参考資料:

Google検索機能についてパソコン関連記事のレビュー。PC72 4月25日

 NHKテキスト趣味どきっ! いまからスマホ ページ75〜86


この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事