まいにちまいにち

是非一言いただけましたら・・・

文化

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全173ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]



4月12日のBLOG (腸は第二の脳)でNHK教育・教養番組「趣味どきっ」のことを紹介した。その第一回の「やる気アップのヨーグルト」、最近ヨーグルトに凝っていることもあって、興味深く観た。

第二回を楽しみにしていたが、第二回は4月13日(水)
夜9:30、塩こうじ:甘酒がテーマだった。塩こうじの作り方を詳しくやっていたが、結構面倒そう。最近塩こうじも甘酒もスーパーでいろいろ売っている。料理に使うのはそれを買って使う方が便利そうだ。塩こうじハナマルキ食品のものを一つ買って使ってみた。どんな料理にでもちょっと使うと、その料理結構いい味になる。

これまでも話に聞いてはいたが、保守的な妻は試してみようとすることもなかった。が、私が買ってきた塩こうじを料理で使ってみて、なるほどと思ったのだろう。塩こうじのことに俄然興味をもち、録画しておいた「趣味どきっ」も一緒に観た。あげくの果てに、そのテキスト本、「きょうから発酵ライフ」まで買ってくる始末。いや大いに結構だ。

テキスト本には番組にもない基礎的知識、料理レシピなどが掲載されていてなかなか参考になる。

第二回の中で登場した東京農大発酵学者前橋健二氏
のこうじ菌は、「日本の国菌」という話がとりわけおもしろかった。

「こうじ菌は日本の発酵食品に欠かせない菌で、酒、しょうゆ、みそなどで使われている。こうじ菌は千年も前平安、室町時代から専門店があった」そうだ。

それが国際的にも認められ、和食が世界遺産として登録される根拠ともなっていて、それがこうじ菌が国菌とも呼ばれる背景となっている。

今朝はこれをクールジャパン第16弾としてとりあげた所以なのである。

「きょうから発酵ライフ」の次回第三回、「幸せつむぐ納豆の糸」、どんな話になるか、楽しみである。

tad

参考資料:
きょうから発酵ライフ:NHK
国際的に認知される日本の国菌:日本農芸化学学会

この記事に

開く コメント(0)

腸は第二の脳

「今や、科学者たちによって腸は第2の脳とまでみなされている。試験勉強や昇進に必ずしも役立つわけではないだろうが、腸は気分や感情、免疫系、さらには長期的な健康に関する化学的作用に影響を与える。研究によれば、状況から新しい技を”学ぶ”ことすらできるそうだ。こうした事実は、腸と脳の関連性を研究する神経消化器学という新しい分野からもたらされた知見。」 karapaia 

7か月近く入院生活を送った生活からようやく開放された毎日だ。毎日如何に健康を維持するかが最大の関心事である。特に最近は食生活にとりわけ関心をもち、BLOGでもそれについて関わることについて書く機会が増えた。

中でも4月5日の「納豆トースト」なる記事を読まれた方が、NHKの「趣味どきっ!」という教養番組が始まることを紹介してくれたので、さっそくその第一回「やる気UPのヨーグルト」を観た。

これがなかなか興味深くおもしろかった。

なぜ発酵食品ヨーグルトを食べるのが健康にいいかという話はもちろんだが、番組の中で登場した小林ドクターの「腸は第二の脳」という話がとりわけおもしろかった。それが冒頭引用記事となったゆえんである。

要するに、腸と脳は密接に関係している。「腸は第二の脳である」、とさえ言っていい。腸の調子を整えることは健康そのものを整えるために必須のことであるのだが、腸を鍛えることは、体全体を管理している脳を鍛えることにも通じるのだ。

実は長い入院生活の中で悩み学んだ一番のことはそのことであった。本来の病が一番の悩みであるのは当然だが、腸の調子、便秘の問題が常につきまとい悩みのタネであった。入院中はその悩みの根本的解決が出来ていなかった。解決してくれなかったのである。

退院後、自身で食に関心をもち、さまざま調べ、積極的に発酵食品の摂取に取り組んだ結果、腸の調子がよくなった。それは、とりわけ腸の調子を整えるための食生活、乳酸菌を多く含むヨーグルト、納豆などの摂取を始めた結果であったのだ。


趣味どきっ!」の第一回のタイトルは「やる気アップのヨーグルト」。ヨーグルトは発酵の食品の最たるもの、腸の調子を整える発酵食品の一つだが、それで腸の調子を整えること、それがまさに脳の問題、イコール「やる気」そのものにつながるということなのだ。

単に腸の調子がよくなった、健康になったというのでない。それが脳自体の活性化、やる気そのものにつながるということなのである。

いやたしかにそうだという実感をもつ今日この頃だ。そんな話を聞いて余計その気になったのかもしれない。とにかく朝起きて腸の調子がよければ何事についてもやる気が違うのだ。

その「趣味どきっ!」、今日午前11時半から一回目の再放送、夜9時30分から第二回、きょうから発酵ライフ「魔法の塩こうじ・甘酒」がある。

ぜひごらんになるようお勧めしておこう。

tad

参考記事:

が「第二の脳」と言われる理由:www
腸は第2の脳。腸に関する10の豆知識:karapaia
趣味どきつ! :NHK 
健康発酵食品、(クールジャパン13): BLOG 4月3日
納豆トーストを楽しむ(クールジャパン、その15)BLOG4月5日
健康ミックスジュース:BLOG 4月9日

この記事に

開く コメント(0)

健康ミックスジュース


ここ数ヶ月パソコンクラブでやってきているWindowsムービーメーカーを使ったスライドショー作成例である。

静止画、写真が基本だが、動画もちょっと入れて作成してみた。

以下当BLOGに関連して書いておきたいことをまとめておく。

・Windowsムービーメーカーは、オフラインのアプリソフ  トであり、Windows10にはデフォルトアプリソフトとし  て、提供されていない。今やオンライソフトの時代、   動画編集もできる限り、オンラインソフトを使えという  趣旨であろうか。
・もっともムービーメーカーは使いやすい、ソフトであり、 これをインストールされていない方で使ってみたい場  合は、以下のサイトからダウンロードできる。
 ムービーメーカーのダウンロード、インストール方法:
 以下のサイトを参照ください。
・オンラインで行う動画編集サイトはさまざまあるが、   一番分かりやすいのは、YouTubeのそれだろう。こ   れについては以前のBLOGでも書いたことはあるが、 再度そのテーマについて触れる機会はあろう。
・動画、スライドショーなど作成のためには、多数の静  止画、写真、さらにビデオ動画が必要となってくる。   それをどう準備するか、そうした素材を準備するか、  入手するか、だ。
・そのために、高級カメラ、デジカメ、デジタル・ビデオなどが必要か、と   なる。
・もちろんそうした機器があるにこしたことはない。筆   者も静止画、動画についてはいずれもデジカメ、ビ   デオなどをさかんに活用していたことはある。
・しかし、パソコンに加え、スマホを使うようになって、   写 真はもちろん、さらにちょっとした動画も、スマホ  で十分間に合う、間に合わせるようになった。
・最近のスマホで撮った写真は、かってのデジカメなど  よりはるかに精度が高く、きれいに撮れるようになっ  てきている。
・スマホで撮った写真の高度な編集機能、共有機能も  充実してきている。InstagramなどSNSがその典型   例だ。
・最近スマホを使い始められた方は是非写真の精度   そのものや、撮った写真の処理、共有などの処理の  便利さを試してみられることだ。
・筆者の場合、スマホは持っているものの、メール、BLO Gなどの本来の処理はパソコンを主として使ってやっ  ている。
・スマホはむしろ写真を撮るのが主たる目的となっ。て  いる現状である。
・スマホで撮った写真はその場で、即ネット利用のた   めの処理ができるのが便利なのである。
・そのことについては一昨日、昨日、そして今朝の当BL OGがその例である。

tad

 




この記事に

開く コメント(0)

野菜ガーデン



4月に入り、庭の草木も緑が増えだしました。庭いじりが好きな妻、それができない7か月であったが、ある程度それができるようになったのが幸いでした。

いい天気の日は、温かい時間、庭に出ていろいろな草花が咲き出したのを観ているのは心が安らぎます。が、私は「花より団子」、草花だけでなく、野菜を植えられないものかと談判に及んだわけです。

野菜を植えると言っても猫のひたいみたいな小庭、もうそんなスペースはありませんと、否定していた妻でした。しかしそれもおもしろそう、いいかもしれないと思ったのでしょう。昨日午後近くの園芸店に出かけ、数種類野菜の苗や、種を買ってきました。

トマト、ナス、きゅうり、ピーマン、それに小松菜、ちんげん菜などの種でした。

それはいいが、一体どこにそんなスペースがあるのかと、思っていたところ、庭の一角、畳一枚分にも満たないものの、そのスペースを確保、土を耕し、苗や種を蒔いて出来たのが、上記写真、野菜ガーデンのコーナーです。

いや、これは楽しみ、まだどれがどれだけ育つかわからない。育ったとしても、普通の肥料たっぷりの畑のような
土作りをしていないから、収穫など限られるに違いない。それでいい。私が植えたわけではないが、様子を観ながら水やりくらいはできる。

これからが楽しみなのです。

tad

この記事に

開く コメント(0)

残堀公園の桜



4月に入り、二つのパソコンクラブは新学期。4月5日水曜日はMPF、昨日6日の木曜日はMPCパソコンクラブ毎年恒例の花見の会だった。残念ながら、諸般の事情で、私はそれには参加できなかった。だが、いずれも好天に恵まれ、盛会であったのはなによりである。

昨日夕方、妻が花見を兼ねて、近隣を散歩しようと言い出した。珍しいことである。それで家からせいぜい10分程度の残堀公園付近の散策に出かけた。夕方になって、風がすこし強かったが、桜は丁度満開、人影も殆どなく、きれいな桜を満喫できた。

村山には40年近く住みながら、実はここを訪れたのは
初めてのことだったのだ。ちょっと大げさだが、私の人生にはそういうことが結構多い。

一時間弱の散策だったが、おかげで夕食をおいしくいただき、その後いつもより快適な眠りにつけた。

tad

この記事に

開く コメント(0)

全173ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事