いぶきを感じて!

2015年4月から再開!ペースは超スローだけど、よろしくお願いします!

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

 金沢といえば兼六園。それほど有名なところ。でも、雪の季節の兼六園はまた格別でしたね。

 富山のホテルで、早朝からバイキングで和食と洋食とたっぷり胃袋に詰め込み、五箇山・菅沼の合掌集落をめぐり、雪の坂道で時間を食いながらも、昼頃に金沢到着。おなかもちょうどすいてきて、兼六園前の兼見御亭(けんけんおちん)で、「うどんすき会席」をいただく。さすが?京風でちょっと薄味気味のうどんすき。甘えびなどのさしみ。有名な治部煮もついていて結構うまかった。
 
 おなかもふくれて、早速目の前の兼六園へ。今回は、まさに雪の兼六園。それもたっぷりと雪があって、「雪つり」も本領発揮です。それにしても、ここでも中国語が・・・。中国恐るべし・・・。ガイドさんに連れられて、時々スケートリンク並みに凍っていて、危うくひっくり返りそうになりながらも何とか持ちこたえて、ゆっくり兼六園を回って、バスに戻り、加賀市にある世界のガラス館に向かった。

この記事に

閉じる コメント(2)

お久しぶりです。雪の兼六園いいですね〜行ってみたいんですよね〜う〜ん時間と金じゃ・・w

2006/2/22(水) 午後 11:14 うめぞ〜♪おっさん 返信する

でしょ。さすがにこれだけ雪が積もってると、バイクではねえ・・・。 雪国へはバスツアーが楽チンです。もち、ワイフも大喜びです。そういえば雪の兼六園って、僕も初めてです。

2006/2/22(水) 午後 11:34 tady 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事