気まぐれ

気が向いた時に書きますよ〜ん!

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全185ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

飛行機よりも気になる

飛行機を移動させるトーイングトラクター
作業するところも間近で見れます。

働く車も好きなんですよ。
なので、萌えポイント(笑)

イメージ 1

飛行機の点検も終わり
ドッキングするところです。

イメージ 2

これから、外へ動かします。

イメージ 3

飛行機・車・自転車のスリーショット!
整備工場は広いので
移動手段は三輪車。

工具など籠に入れて運ぶそうですが
安全面に配慮し、転倒しないように
三輪車が選ばれたそう。

イメージ 4

工場から出る瞬間も見れてなんとタイミングがいいことか!

イメージ 5

トーイングトラクターを運転して
飛行機を動かしたい!
むずかしそうですけど・・・

イメージ 6

ブログに掲載する画像は
一度、ANAに送って検閲が必要になります。
他社の飛行機や工場見学の人が写っているのは掲載NGとなります。
もっと、細かく撮影していたんですけどね。

イメージ 7

ここからも、富士山と他の働く車と一緒に

イメージ 8

工場内の間近で見るより
離れて全体を眺めた方が
凄く大きく見える。

イメージ 11

離陸する飛行機も撮影ポイントの一つなので
格納庫見学タイムはあっという間です。

イメージ 10


けっこう一人で来ているお客さんが多いので
季節と時間帯を変えて何回来てもいいかもしれない。
イメージ 9

しかし、このような見学会を
ほぼ毎日実施しているCSR活動は
人の命を預かる仕事だけに
どれだけ安全に飛行機を飛ばしているか
知ってもらうためには
とても素晴らしい企画だと思います。

この記事に

開く コメント(2)

私メ、機長になりました!
これからフライトです。

イメージ 1

そう思いながら
みんな、このシートに座るんじゃなかろうか?!
ついつい、乗り物の運転席に座ってしますのが
私メの悪い癖・・・

イメージ 2

ここは、ANAの整備工場です。
無料で、見学することができます。
数か月先まで、予約が一杯ですが
直前になると、キャンセルがちらほら出て
希望の日に来ることができました。

イメージ 3

見学概要は
まず、飛行機と整備についての説明や整備関連のビデオ上映を見ます。
それから、整備作業中の飛行機の見学します。
約1時間30分のコースとなります。

整備工場は、上から眺めるだけなのかと思いきや
地上まで降りて、間近で飛行機を眺めることができます。

イメージ 4

この日は、工場内にボーイング777が2機
外には、ボーイング787が1機ドックインされていました。

これは、3階から眺めた景色
イメージ 5

イメージ 6

天気がいいと
富士山と一緒に撮影が出来きます。

イメージ 7

そしていよいよ1階へ
思ったよりも、近くまで近づくことができるのが驚きです。

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

みんな、このエンジンはお幾ら万円知ってる〜
♪ You know it ain't no nine to five
       We're going sundown to sunrise ♪
35億
イメージ 12

私メ、職員さんの説明そっちのけで
撮影に没頭し
チームから置き去りにされることがしばしば
でも、注意されることは無かったので一安心!

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

格納庫の外に出なけ怒られませんので
ぎりぎりまで、近寄ることができます。
飛行機マニアにはたまらないと思いますよ。

この記事に

開く コメント(2)

あなたならどれにする

鎌倉の街をブラッと歩いていると
思わず立ち止まってしまった。

この自販機なら
どれを選びますか?

120円、130円、160円から選べます(笑)

イメージ 1

もしかしたら
自動寄付金機なのか?

この記事に

開く コメント(2)

年明け冬キャン

年が明けて早々に冬キャンです。
小排気量バイクで参加する友人が多いので
大道具は私メの担当(笑)

イメージ 1

久々に、三浦半島が見渡せる
三戸浜でのキャンプ

イメージ 2

私メは、ちょいと家の用事で
合流が遅れます。
日が暮れる前にテントを張り
テント村の完成

ここは、キャンプ場じゃないので
水場がありません。

トイレはちょっと離れていますが
公衆トイレがあるので大丈夫。

イメージ 3

いつきてもいる
猫の集団
毛の艶がいいし
痩せているネコは一匹もいないのです。

イメージ 4

個体差はありますが
人懐っこいネコもいて
触りたい放題ですよ。

イメージ 21

この日は風が強くて寒いので
早めに薪に火をつけます。
一晩もつか不安だったので
薪割をしましたが
握力が速攻でなくなります(笑)

イメージ 5

出来るだけ割ったので
これで一晩大丈夫です。

イメージ 6

風が無くなるときもありますが
焚き火の周りにギュッとみんな集まります。

イメージ 10

イメージ 11


寒いときには
あったかい汁物が一番
配給の時間になり
行列ができます。

イメージ 7

夕食のメインは
北海道酒井畜産のジンギスカン
これが、ほんとに美味しいのです。
あっという間に無くなります。

イメージ 8

一人、二人と脱落しはじめたので
就寝の時間

何をするわけでもないんですが
楽しい時間はあっという間。

イメージ 9

年末に続き、年明けも富士山を拝めることができましたよ。

イメージ 12

荷物を片付け
数名は、釣りに出かけます。

イメージ 13


イメージ 22

みんな、これしか釣れません。
毒がある魚のようで素手で触るのはご法度らしい。

イメージ 14

なので、昼食は
お魚屋さんで頂くことに。
魚尽くしの天丼は
ボリュームがありますが
野菜天もちょっと欲しかった・・・

イメージ 15

一人は、バーチーからの参加で
フェリー乗り場までお見送り

イメージ 16

私メ、車を走らせ帰路につきますが
睡魔に負けて、仮眠タイム

イメージ 17



イメージ 18

30分程で目が覚め辺りを見回すと
景色がとても綺麗

カメラを止めるな
バシバシ撮ります!

イメージ 19

イメージ 20

来年の年賀状に使うかな

この記事に

開く コメント(0)

絶景見れるか?!

クリスマスイブイブにキャンプです。
メンツ集まらず、2人で決行。

場所は、前日に決定し
朝霧ジャンボリーオートキャンプ場へ

行く途中、高速で雨・・・
インター下りても雨・・・

とりあえず現地へ行きますが
道中の途中、牧場で薪を調達
キャンプ場で買う薪より
いいものが売ってました。

イメージ 17


雨は止んでくれましたが
一面、モヤさまです。
富士山は何処・・

イメージ 18

良い場所を確保するため
一通り偵察に行きましたが
予想以上にキャンパーが多い・・・
人が居ないサイトを見つけ
丘の上に決定!

イメージ 1

暗くなる前に
火の儀式を!

イメージ 2

バーナーも準備し
火をつけて目を離した瞬間
バーナー全体は燃え上がりました(汗)
やないよやばいよ…爆発・・・・・す・・・・・る・・・・

なんとか鍋に閉じ込め鎮圧・・・
ちゃんと手入れをしないといけませんね(汗)

イメージ 3

12月ですが
焚き火のお蔭で寒くありません。

イメージ 4

持参した食材と
途中で買い足した分と合わせ
2人だと、やはり多すぎた。
かなり余ってしまった・・反省

イメージ 19

イメージ 5

人が居ないと静かでよろし

イメージ 6

クリスマスイブイブなので
ちょっとクリスマス風な雰囲気をね。

イメージ 7

翌日は晴天
丘のサイトからだと
富士山は少しだけしか見れませんでした。

イメージ 8

朝霧ジャンボリーの広さはこんな感じ
次に来るときは

イメージ 9

Nエリアか

イメージ 10

Mエリアにあるプレミアムサイト横が
富士山を眺めるには一番の場所かと

イメージ 11

この人
もくもくと松ぼっくりを拾います。
なんでも、よく燃えて炭の代わりになるそうです。
次回のキャンプ用に持って帰るそうだ。
ゴルフ場に行けば
速攻で袋一杯集まるから
今度回収してみようかな?!

イメージ 12

さて道具を乾かして撤収

イメージ 13


雲が多くて、富士山は
見ることができなくなったので帰ります。

イメージ 14

パーキングで仮眠をしていたら
帰る方向も雲が凄いことに

イメージ 15

イメージ 16

次のキャンプも楽しみだ。

この記事に

開く コメント(0)

全185ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事