気まぐれ

気が向いた時に書きますよ〜ん!

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全183ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

圧巻です


2日目の夕食も寿司三昧!
嵐山にある大善さんの
詰め合せを予約して引き取りに行きました。
また宿に戻っていただきます。

帰り道に東寺さん立ち寄ります。
今回のメインイベントです(笑)

18時30分から夜間拝観が始まります。

運よく、オープン時間に到着するも
入場待ちの長蛇の列・・・

しばし車で仮眠して待ちます。

イメージ 17

平日の夜と敷地が広いこともあって
人はそれなりに居ますが
永観堂さんに比べれば空いています。

境内に入る前から
インスタスポットです。

五重塔に近寄る前から
圧巻の景色

イメージ 1

紅葉は、そうでもありませんが全体的の色合い
がとても綺麗です。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

お月様も出ていて
なんと運のいいことか!



イメージ 6

イメージ 7
風もなく池に映る逆さ五重塔も綺麗で幻想的です。

イメージ 8

イメージ 9

池周辺の木々だけでも
見応えありです。

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

金堂や講堂内も入れますので
仏像も拝むことかできます。
迫力ある仏像は、何度見に来ても
飽きることはありません。

イメージ 13

拝観料1000円ですが
払う価値ありです!

イメージ 14

月と紅葉で遊んだ画像
「月でバク宙」
なんとなくそう見えないっすかね・・・

イメージ 15

宿に戻って
大善さんのお寿司を頂きます。
今が旬の、さんま寿司と
鯖寿司と、笹巻寿司
どれも美味しい
特に、笹巻寿司を出しているお店は
少ないようです。

イメージ 16

この記事に

開く コメント(0)

夕食を取りに嵐山方面に向かう途中
幾つかのお寺に立ち寄ります。

まず、花園駅から直ぐの
法金剛院さんへ

イメージ 1

ここでは入口辺りの紅葉が綺麗でした。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

庭園の紅葉はイマイチでしたが
本来、法金剛院は
蓮で有名みたいです。

イメージ 5

7月〜8月になると
庭園一面に蓮の花が咲き乱れているらしい。
朝7時から開門されるので
大勢の人が訪れるそうですよ。

イメージ 6

私メが行ったときは人が少なくてよかったのですが・・・
早めに退散です。

イメージ 7

イメージ 8

時間的に、あと一箇所は行けそうなので
とりあえず、歩いて行ける
妙心寺さんへ向かいます。

この記事に

開く コメント(0)

行列必至

気になっていた鰻屋さんで昼食と思っていましたが
旧三井家で長居をしてしまいオープンの10分前に到着。
行列必至で、オープン30分前くらいから並ばないとなんて
よそ様のブログに書いてあったのでちょっとあきらめていました。

お店はここです。
知らなければ素通りしてしまうと思います。

イメージ 1

京都ならではな感じで
細道の奥にお店があります。

イメージ 2

一か八かで来てみたところ
並んでいたのは1人だけ。
ラッキーです。

イメージ 3

疲れたので壁側にしゃがんで待っていると
お店の人に立って待つように注意をされます。
奥には民家があるので
通行するのに邪魔だとお店にクレームが入るのかな?!

イメージ 4

注文してから焼き始めるので
出てくるまで約30分程待ちます。

次から次へとお客さんが来て
あっという間に席が埋まってしまいますが
半分が外国人です。

イメージ 5

私メが、注文したのは錦糸丼。
インスタ映えするので有名な逸品

イメージ 6

たまごに下に鰻半匹が敷き詰められています。
名古屋のひつまぶしが私メにとっては微妙だったので
関西方面の鰻は如何にと思って食べましたが
皮はパリッと、身はふっくらとして美味しかった。

イメージ 7

うなぎ本来の味を知るなら
シンプルにうな丼なんでしょうけどね。

この記事に

開く コメント(0)

2日目のモーニングは
新規開拓の喫茶店
「やまもと喫茶」さん

早くからオープンするお店を探して見つけました。
宿からも自転車なら近い場所

イメージ 1

目指すは「焼きたまごサンド」です。
フワット焼かれたたまごが美味しいです!

朝食が済んだら、下鴨神社まで向かいます。

イメージ 2

目的地は、下鴨神社参道入り口にある
「旧三井家下鴨別邸」です。

木造の建物に特徴があります。

イメージ 3

一応、木造三階建てと言うんでしょうかね。
明治に木屋町に建築された三井家別邸を
大正時代に、この地へ移築されたもの。

イメージ 4

今まで全く知らなかったのですが
2016年に一般公開が開始されたそうな。

戦後の財閥解体で、ここが国に譲渡され
2007年まで、京都地方裁判所の所長官舎として使用されていたそう。
生活しやすいよう、雨戸は外されアルミサッシなどに変えてあったそうですよ。
その後、荒廃していて解体されそうになったそうですが
歴史的価値があるとなって改修し公開となったそうです。

イメージ 5

通常、二階と三階は非公開。
この日は、二階までが特別公開されていました。

三階は望楼になていて
格別な景色が楽しめるそうですよ。
来年2月から3月にかけて
特別公開されるそうです。

イメージ 6

イメージ 7

当時は、一般家庭には普及していなかったガラスを取りいれ
一面に使用し開放的な部屋となっています。
ガラス越しに眺める庭園もいいですよ。
イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

手すり柵も趣があります。

イメージ 11

ガラスは波を打ってます。
全て大正ガラスで
現代では作れないそうです。

イメージ 12

撮影は禁止でしたが
1階にある、杉戸絵の
『孔雀牡丹図』は
200年前のもの
改装する前に見つかり
保存状態がよく
とても綺麗でした。


この記事に

開く コメント(0)

光に吸い寄せられ

永観堂からの帰り道
宿から程近いところに
金戒光明寺(くろ谷さん)があり
山門が明るかったので
ふらっとたちよります。

イメージ 1

境内がライトアップされています。

イメージ 2

ガードマンがいましたが
夜でも、境内に入るのは問題なしです。

イメージ 3

イメージ 4

数名ですが、みんな一人で
夜のくろ谷さんを散策しています。
女性の方もおりました。


イメージ 5

とても静かで
背筋がピ〜ンとする思いです。
この静けさがとてもよろし

イメージ 6

京都タワーも綺麗に見えます。
そういえば、夜のくろ谷さんは初めてだったかな?!
夜景が綺麗だったので、けんこうな時を過ごしてしまいました。

イメージ 7

小雨が降ってきたので
宿に戻ります。

イメージ 8

この記事に

開く コメント(0)

全183ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事