気まぐれ

気が向いた時に書きますよ〜ん!

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全177ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

ハシゴカフェ

鎌倉山から鎌倉駅に向かう途中に
気になるカフェがあります。

天空の城ラピュタに出てくるような雰囲気のお店なので
天空のカフェと呼ばれている
カフェテラス樹ガーデンさんです。

駐車場から店内までは、長い階段を登ります。
途中には、私メのようなお年寄りに優しい
休憩のためのベンチが置かれています(笑)

イメージ 1

この階段けっこうキツイ・・・
辿り着く前にもカフェが欲しいくらいです(笑)

イメージ 2

こちらのお店は、まずお店の入口で
注文し現金を払い
注文番号を受け取ってから、好きな席に座るシステム。

イメージ 3

ここのレンガで作られたテラスが
めちゃくちゃインスタ映えするんです。

もともと、オーナーの会社の別荘だったそうです。
ハイキングコースに隣接しているので
けがをしたり道に迷ったりする人などが多く
救護施設も兼ねた休憩所として
小さなテラス席から始まったそうです。

そして、コツコツと時間を掛けてレンガを積み
造り上げ、今に至ったそうです。
山の地形に沿って造っているので
レンガ造りのお城のよう。

イメージ 4

平日でも、ひっきりなしにお客さんは来ます。
お値段はちょっと高めなんですが
景色の良さ&観光地なので妥当としましょう。

イメージ 5

さて、時間も押してきたので
鎌倉の小町通りに向かいます。
もう一箇所、気になるカフェがあるので
ハシゴします。

またこの階段を下るのか・・・気合を入れて次へ

イメージ 6

前回、鎌倉来たときに立ち寄りたかった
ミルクホールさん
結局探せず違うカフェへ・・・
今回はしっかり場所を確認してお店に向かいます。

メインストリートから外れ、路地を入ったところに
お店があるので、調べて来ても分かり辛いですね〜

イメージ 7

店内は、ジャズが流れ落ち着く感じのお店です。

イメージ 8

イメージ 9

こちらの値段も、観光地鎌倉料金です(個人的な見解ですけどね)
でもまあ、雰囲気料として良しとします。

イメージ 10

取れ高OKなんですが
今回は、思ったほど撮影してなかった・・・
インスタ女子のようなカフェ巡りがメインとなりましたとさ・・・

この記事に

開く コメント(0)

お寺のようです。

北鎌倉の明月院に立ち寄れなかったので
鎌倉山にあるお寺さんへ・・・

ちゃうちゃう
こう見えても
こちらはお蕎麦屋のらい亭さん

門を潜ったところで入場料500円払いますが
食事の際、チケットを渡せば
食事代に充当できるので
実質入場料は無料となります。

イメージ 1

お寺に行かなくても
ここで紫陽花を鑑賞することが出来ました。
昼時を過ぎているので、お客さんは少ないです。

イメージ 2

こちらはお店の入口ですが
予約した人専用です。

予約をしていない人は
庭園を眺めながら
別の入口から入ることになります。

イメージ 3

迂回庭園はかなりの広さ
食事をしてからじっくりと回ることにします。

イメージ 4

もともとこの地は
昭和の初め、日本で最初に開発された
分譲別荘地だったそうです。

イメージ 5

昭和44年からそばと懐石料理の店として営業始めたそう。
本館は、国の登録有形文化財になってます。

イメージ 6

おそばの並みは、上品盛りとのことで
大盛りにしてみましたが
私メは、並みで十分の量でした(笑)

竹の薬味入れがいいね!

イメージ 7

約15000坪の敷地は色々と見所があります。

イメージ 8

国東半島から移動安置した石造

イメージ 9

各所から無縁仏を迎え安置した百仏崖や
鎌倉山天満宮もあり
パワースポットになっているとか・・・

イメージ 10

思いのほか楽しめたらい亭さん
天気が良いと富士山や大島も眺めることができるそうなので
鎌倉でお蕎麦ならここはオススメです。

イメージ 11

この日はまだ珈琲を飲んでいないので
気になっているカフェへ向かいます。

この記事に

開く コメント(0)

いろいろと様変わり

平日でも、6月の鎌倉界隈は人が多い
江ノ島もしかり
十数年振りに足を踏み入れます。

イメージ 1

駐車場も綺麗に整備されていて
昔来た時と様変わりです。

イメージ 2

ここでのお目当ては
あじさいではなく
江ノ島に数多く住みついている
たくさんの猫です。

と思っていたのですが

イメージ 3

この日会えたのは、この子だけ・・・
あれれ、あれだけうじゃうじゃいた猫ちゃんたちは何処え

暑いから、どこかで涼んでいるのか?!

イメージ 4

もう、記憶が全く飛んでいて
色々な位置関係が・・・・わからんとです。

イメージ 5

眞子様の結婚相手がブログに掲載したこともあり
龍恋の鐘には、ひっきりなしに人が来ます。
を鳴らし、近くの柵に2人の名を記した
南京錠をかけると、永遠の愛がかなうとされるらしいが
私メには、まったく縁遠いことです(爆)


イメージ 6

木のトンネルを抜け稚児ヶ淵に向かいます。

イメージ 7

運よく虹を見ることができました。

イメージ 8

幾度となく来た、江ノ島ですが
今回初めてお金を払って岩屋へ

イメージ 9

イメージ 10

洞窟を進む前に、ろうそくを渡れます。
でも、思った程暗くないでの必要ないと思うのですが・・・
撮影するには、とても邪魔(笑)

イメージ 11

洞窟を進んでいくと
あちらこちらに、仏像が数多く安置されているんです。

イメージ 12

イメージ 13

洞窟の長さもそんなに有る訳じゃないので
あっさりと探検は終わってしまいますが
我が写真部は、前に進むのにとても時間が掛かります(笑)
小さいろうそくが燃え尽きました・・・

イメージ 14

さて、帰りはと言いますと
来た道を戻るのもな〜と思っていると
江の島弁天橋の中腹までつなぐ遊覧船がありました。

この日は、波がとても荒い・・・
たかだか10分程度なんですが
船酔いしないか心配・・・

イメージ 15

意を決して乗船します。

イメージ 16

気合を注入した
お陰で船酔いしないですみました(笑)

イメージ 17

イメージ 18

海側から江ノ島を眺められるので
この遊覧船はありですよ。

イメージ 19

お腹が空いたのですが
江ノ島のお店は、ちょっと気が進まなかったので
気になっているお蕎麦屋さんへ向かいます。
江ノ島に来たのに蕎麦とはなんて言わんといてくださいな(笑)

この記事に

開く コメント(0)

久々に、ぐっちと愉快な仲間の写真部活動
以前、江ノ島目指して鎌倉を出発したけど
江ノ島までたどり着けず仕舞・・・

今回は、江ノ島ありきで写真部活動!
結果的には、カフェ巡りがメインと相成りましたけど(笑)

まず、北鎌倉を目指すも
首都高で事故渋滞、都内を抜けるのに3時間
すでに、スケジュールが押し
北鎌倉を飛ばします。。。

朝から疲れたので
一箇所目のカフェ
鎌倉山にある「ハウス オブ フレーバーズ」さんへ
ここは、チーズケーキが有名です。
日本一高いのでは?!

イメージ 1

お店脇には、1台分の駐車場がありますが
坂道駐車場のためバックで停めることになります。
不安な方は、店からちょっと離れた場所にも
平置き駐車場があります。

イメージ 2

まず、このカフェで食べられるのは
チーズケーキとチョコレートケーキのみ
紅茶か珈琲がセットになってます。
お値段なんと、にせんななしゃくえ〜ん!
ボーナス出たので、来てみました。

イメージ 3

しかも、テーブルは3つしかありません。
なので、平日ですが11時のオープン前に並びます。
あっという間に、テーブルは埋まり
私メ達が出るときには1組待ち
早到着は3文の得ですな。

イメージ 4

これが、日本一高い?!チーズケーキです。
一口食べると、サワークリームとチーズクリームの
絶妙なバランス、思わず美味しいと声がでます。
サワークリームだけ食べるとスッパイ
チーズクリームだけたべるとちょっと甘めなんですが
一緒に食べると、ほんとに美味しい!

イメージ 6

ちなみに、このお皿はクリスチャンディオールのカサブランカ。
ティー&ソーサーで一客2万円、トリオなら3万円なのかな?
セレブリティな時間を満喫できます(笑)

イメージ 5

糖分補給できたので、いざ江ノ島へ!

この記事に

開く コメント(2)

徒歩16キロ

今回の、ブラぐっちは横浜です。
メインは、テレビでもよく取り上げられているプリンを食べに!

それ以外は、ノープランなので
山手地区の洋館を巡り
元町からのみなとみらいまで歩いてみます。

スタートは
港の見える丘公園

イメージ 1

大佛次郎記念館手前の公園は
香りの庭と名前が付いています。
確かに、このエリアに入ると
様々な花が咲いているので
凄く良い匂いです。

イメージ 2

こちらは香りのベンチ
花が咲いていれば
花の香りに包まれるらしい・・・

イメージ 3

まず、洋館巡りのはじめは
横浜市イギリス館、山手111番館
写真は取ってないんですけどね・・・

イメージ 4

早々に、プリンを食べに
エリスマン邸で営業している
しょうゆきゃふぇさんへ

ここの生プリンが有名です。
この生プリンは
材料が全て分かれています。

ベースであるバニラムースだけ食べてみると
当然プリンの味はしません。

イメージ 5

にわとりの容器に卵黄が入ってまして
そのお腹を押すと、卵が産まれる仕組み。

イメージ 6

これでプリンの味になるの?!と思いつつ

イメージ 7

カラメルを掛けて
かき混ぜて食べてみると
あら不思議
ちゃんと口の中で
プリンが完成します。

イメージ 8

18歳からよく横浜に来ていますが
元町公園にある洋館以外は
見に行ったことがないので
横浜山手西洋館マップを片手に
全て回ります。

旧山手68番館⇒テニス発祥記念館⇒外交官の家⇒ブラフ18番館と
回りましたが
外交官の家が一番良かった。
というか、住んでみたい家です(笑)

イメージ 9

貴族の館ですね!

イメージ 10

窓から見える庭園も綺麗です。
なんか合成写真のようですが・・・

イメージ 11

イメージ 12

山手から元町へ下り
昼食を食べて
山下公園⇒大さん橋⇒像の鼻パークを通過し横浜税関へ
ここには、税関で摘発された知的財産を侵害した偽ブランド商品や
ワシントン条約に該当するはく製や標本等が実物展示されています。
そして、カバン・靴・財布・カメラ用バッテリー・車用のフィルターなど
どっちが本物か当てる展示物もあって
これがけっこう楽しい!
結局、半分程度しか当たらなかった・・・
けっこう巧妙に出来てますよ。

イメージ 17

万国橋から日本丸付近まで歩き
ゆーたーんして駐車場まで戻ります。

横浜には「横浜三塔」と言われる建物があります。
外国人船員たちがトランプカードに例えて付けたとされている
愛称が、キングの塔・クイーンの塔・ジャンクの塔です。

キングの塔が「神奈川県庁」
クイーンの塔が「横浜税関」
そして、ジャックの塔が
この「横浜市開港記念会館」

イメージ 13

今までこの建物は素通りしていましたが
ちょっと立ち寄ってみると
中を見学することが可能でした。

おしゃんてぃな螺旋階段

イメージ 14

イメージ 15

この部屋は、まるで
ねずみの国のホーンテッドマンションの最初の部屋のようですが・・・

イメージ 16

今回の散歩で
見学した場所は全て無料。
意外と楽しめる内容でした。
歩いた距離は約16キロ・・・
疲れがどっと出るのは間違いない(汗)

この記事に

全177ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事