気まぐれ

気が向いた時に書きますよ〜ん!

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全175ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

桜おんぱれーど

雨宝院さんで地図を眺めていると
東の方へ向かうとお寺さんが多そうなので
ぶらっと行ってみます。

まず最初に気になったのが
妙蓮寺さん
なんかとても歴史がありそうな雰囲気

イメージ 1

山門の両側に小門があるのは
格式が高い証のようです。

山門前の桜が目に留まり
立ち寄ってみました。

イメージ 2

1587年頃は塔頭が27ケ院もあり
大寺院だったようです。
1788年の大火でほぼ消失し
寛政元年からの復興により
現在の8ケ院になったそうです。

イメージ 3

鐘楼の左側に写っている桜は
御会式桜といって、4月8日のお釈迦様の誕生日頃に
満開になる珍しい桜だそうです。
この散った花びらを持ち帰ると恋が成就するらしい・・・
もって帰ってくればよかった(爆)

イメージ 21

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6


次は、参道の雰囲気が良かったので立ち寄ってみた
本法寺さん

イメージ 7

ここは室町時代に創建されたお寺です。

イメージ 8

本堂、開山堂、多宝塔、庫裡、書院、大玄関、唐門、鐘楼、経蔵、宝蔵 、石橋、棟札
京都府有形文化財に指定されています。

イメージ 9

桜は残念ながら
だいぶ散っておりました。
仁王門側の隣の敷地の入口には
ガードマンが立っているので
有名人とか政治家の家なのかなと
思っていたのですが、裏千家今日庵さんでした。
ここも見学したくなりましたが
一般の方は入れないようです。

イメージ 10

本法寺さんから立て続けに見つけた2つのお寺は
満開の桜が目立ったので立ち寄ります。

まず、妙顕寺さん
こちらは、鎌倉時代後期に創建されたお寺。

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

時間があれば
庭園を拝観するのもよさそうです。

イメージ 15

イメージ 16

最後は妙覚寺さん
こちらも桜が満開で綺麗です。

イメージ 17

妙覚寺さんは、室町時代の創建です。

イメージ 18

イメージ 19

北側には、塔頭の善明院さんがありますが
八重紅枝垂れ桜が綺麗です。
多分非公開だと思うので敷地内に入ることはできません。

イメージ 20

回ったお寺さんは観光客が居なかったので
ゆっくり拝観できました。
堀川寺之内界隈は穴場ですね。

そろそろ、昼食の時間
多分、行列になる可能性があるので
早めに、向かいます。

この記事に

開く コメント(0)

桜咲く

桜の咲く春の京都に来たかったのですが
見ごろの4月上旬だと、なかなかタイミングが合わず来れず終いでした。

よくよく調べてみると4月中旬頃でも
まだまだ見ごろのお寺があることに気付き
今回の旅と相成りました。

イメージ 1

まずは、モーニングをいただいた
逃現郷さんから自転車で数分のところにある
「雨宝院」さん
別名西陣聖天宮ともいわれているそうです。

イメージ 2

けして広くない境内に
桜の木が数多く植えられています。

イメージ 3

種類は、歓喜桜、観音桜、松月桜など
どの桜も満開でちょうど見ごろでした。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

日曜の午前中ですが
私メが滞在しているときは
10名程度の人が桜を見に来ていました。

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

けっこう西陣エリアは穴場かもしれません。
地元の人でも、あの界隈は意外と行かないと
あとで、お店の方に聞きました。

イメージ 10

イメージ 11

昼まで、かなり時間があるので
西陣界隈を自転車で
目的なく回ってみます。

この記事に

開く コメント(0)

また旅の始まり

定番の撮影ポイント
由井パーキング
初春古都一人旅の始まりです。

イメージ 1

なが〜い静岡を抜け
伊勢湾岸道までくれば
京都まであと一息

イメージ 2

甲賀付近になると
雨や濃霧の確率が多いような・・・
天気は大丈夫かな〜
と思いつつ
大津パーキングで必ず仮眠をします。

ここで、朝食のお店をググリます。

イメージ 3

今回の最初に回るエリアで
気になった喫茶店「逃現郷」さんを見つけ
モーニングをいただきます。

イメージ 4

8時のオープンニ合わせ
パーキングを出発。
既に、数名のおばさま方が・・・

イメージ 5

ここの珈琲豆は
以前に天神さんで飲んだことのある
「マサイの風さん」の豆を使用しているようです。

イメージ 6

京都らしく坪庭もありました。

イメージ 7

ある程度の桜情報はチェックしてきましたが
はたして、どこまで桜は咲いているでしょうかね。

この記事に

開く コメント(0)

はじめてみた

最後の目的地は
トヨタ自動車博物館
ドラマのLEADERSを見てしまったので
寄ってみることにしました。

イメージ 1

ドラマでも出てきたトヨダAA型
日本で現存する車両は無いそうで
当時の資料などを基に
復元したそうな。

イメージ 2

これもドラマで登場
トヨペットSA型
一瞬ビートルかと思わせるデザインです。

イメージ 3

当時の日本として最先端の技術を数多くつぎ込んだものの
性能が今一つだったらしく
あまり売れることなく生産終了。

イメージ 4

トヨタの車両がメインで展示されているのかと思いきや
輸入車や他国産車の方が多い。
よくここまでの車両を集めたものです。

ベンツ 14/30HP
イメージ 5

 イスパノスイザ K6
イメージ 6

手前:リンカーン ゼファ シリーズHB
イメージ 7

コード フロントドライブ モデル812
イメージ 8

パッカード トゥエルヴ "ルーズヴェルト専用車"
イメージ 9

カイザーフレーザー ヘンリーJ
イメージ 10

タッカー’48
イメージ 11

クライスラー ヴァリアント
イメージ 12

イメージ 13

トヨタ ランドクルーザー FJ-25L型
イメージ 14

フジキャビン 5A型
イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17
 
日野 コンテッサ PC10型
イメージ 18

トヨエース
イメージ 19

トヨペット マスターライン バン
イメージ 20

スズキ キャリィバン
イメージ 21

けっこう見たことない車が多かったですぞ。
車好きにはたまりません。
来てよかった!

甘い物食べて
帰ります。

イメージ 22


夕食は車中で柿の葉寿司です。
イメージ 23

名古屋周辺も意外と楽しめるエリアでしたとさ。

この記事に

開く コメント(0)

森に寄ります。

名古屋駅まで歩いていける場所に
本社工場があったとは。

イメージ 1

ここは、食器で有名なノリタケの旧本社工場跡地です。

イメージ 8

現在再開発の真っ最中で
敷地の一部はノリタケの森として残りますが
複合型商業施設に生まれ変わるみたいです。

イメージ 2

レンガ棟の一部がノリタケショップとして利用されています。

イメージ 3

私メ、オールドノリタケをいくつかもっているので
立ち寄ってみることにしました。

イメージ 4

ショップの他にはレストランやカフェも併設しています。

イメージ 5

そして、クラフトセンター1、2階では
陶器の製造工程が見ることができますし
絵付け体験もできます。

3階、4階はミュージアムになっていて
昭和初期までに製造された数々の
テーブルウエアが展示されてます。

見てしまうと、欲しくなってしまうのが
私メの悪い癖(笑)

やはり昔の作品は手が込んでいるのが多い。
う〜ん、金盛りのが欲しい〜

あと、歴代のバックスタンプも見たかったのですが
数が凄いありました。
私メがもっているのを探すのが大変・・・

イメージ 6

当時の工場の煙突も一部が残っております。

イメージ 7

ちょうど、会社用のマグカップが割れてしまったので
ノリタケでアウトレット商品をお買いあげ〜

やばい、最後の目的地は
閉館まで3時間切りました
急ぎます。

この記事に

開く コメント(0)

全175ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事