砂塵 〜アラブの勇姿〜

ベールに包まれたアラブの真の姿に驚くこと間違いなし!!

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3 イメージ 4 イメージ 5 イメージ 6

イメージ 6

イエメンに来てどうしても馴染まない、いや馴染みたくない習慣がある。なぜ、かたくなに拒否しているかと言うと、もしこれを行ってしまえば、自分自身が崩壊してしまいそうだからだ。いや、いや、笑い事では決してない。でも傍から見れば絶対笑い事なのだ。(泣)

でも毎日のように誘われる。

ヒゲ面の男達に、事あるごとに手をつなごうと誘われるのだ(大泣)

 ここイエメンの首都サナアでは、男達が手をつなぎ、楽しそうに話しながら歩いている光景をよく目にする。居住区のタハリール広場をちょっとばかり休憩して路肩に腰を下ろし、道行く人たちを眺めはじめると、実に多くの人達がそうしていることに気付く。何もそれは変な趣味の人たちの話ではない。(^○^)こどもからご老人まで、老若は問わないのだ。手をつないでいるときの、彼らの表情は、まるで初デートで手をつないで嬉しそうにしているこどものあの表情に似ている。だからなおのこと、こちらとしては気持ちが悪くなるのだ。

 これは職場でも同じである。いや職場ではさらにひどいのだ。(;○;)
街で、オープンな空間で、見かけるのはまだいいとしよう。でも職場はそうオープンな環境と言うわけではない。仕事をする場所であるし、手をつなぐ様なとても広い場所があるわけでもない。しかし、しかしである。どうやっても、お互い手をニギニギする場所をいとも簡単に見つけてしまう。

 それはこんな感じだ。違う部署から会話をしにくる。一緒に他の部署へ行ってあいつに話しに行こうとなるとその2人は手をつないで自分の持ち場をあとにする。とにかく一緒に行くとなれば、カフェだろうが、トイレだろうが、となりのデスクだろうが、ヒゲ面どうしが、手をつなぎ、時にはスキップしていってしまう。超エリート官僚の管理職どうしが手をつないで隣の部署へ行くのを見ることも珍しくない。(○◇○;)

 狭い通路で楽しそうにスキップするペア(といっても100%男同士)とものの見事に連続で2組すれ違うとき、自分は何か世の果てに来てしまったのではと絶望感さえ持ってしまう。(○◇○)

 この習慣だけはどうしても理解不可能である。(ほんとうに気分が悪くなるのだ)。このブログを見ている人はひと事だから笑っていい(でも、自分は大泣きしたい)。ハハハ。


 アラブを知らない人にとっては衝撃のこの事実、しかし、アラブ諸国に来たことがある人なら、少なくとも一度は見かけたことがあるに違いない。冷静になっていえば(笑)そう、この習慣はアラブ諸国(イエメンも含む)ではとても普通の、なんてことはない習慣なのだ。

 職場の同僚によると、「手のつなぎ方」は男同士の親密度合いの尺度にもなるという、意味深なものなのだ。(とはいっても悪い方のことではない。笑)注意深く観察をすると分かるが、どうやらつなぎ方には3つあるようである。^手のようにガッチリ力強く(保育園児たちが手をつながされる時のアノ形である)、∋悗隼悗鬚靴辰り絡める(彼氏彼女の間だからできるような親密度の高いアノ形)、そして小指どうしをつなぐ(その昔チャーミーの宣伝で出ていたような・・・)、である。そして、例外的にあるのが、とりあえずお互いの意図が合わない場合、片方を無理やり引っ張っていく場合に使う、ぜ蠎鹵イぁ米本ではこれはさすがにない。)である。

 彼らはこの形態を器用に使い分けているようだ。それで多くのイエメン人男性にこの使い分け方を尋ねてみたものの、習慣というだけで特に意識的に使い分けできていないらしい。(なるほど)

 先日まで行っていたエジプトの大首都カイロで見た光景はさらに一味違った。なんと表現してよいか・・・、一方の男性が作る体幹と腕との間のスペースにもう一方の男性が腕を通す・・・、日本や欧米で、男性が女性をエスコートする際にとるアノ形、をとっていた。そう、女性が寄り添う際にするあの腕の組み方である。特に若い男性間ではかなりの確率で見られたのだ。(○◇○;)

世の中、分からないことは多いものだ。

 実は以前滞在していたチュニジアではどうだったかというと、男の手組・腕組はほとんどなかった。もったいぶってなあんだと、言わないで欲しい。それがないかわりに、学校の外や職場の外では、休憩時間には涼しい木陰で男性の膝枕で男性が寝ていた。(○◇○;)しかもひざを提供している側の男性が寝ている男性の髪をなで、時には顔を触っているのだ。それだけではない。自転車の二人乗りは当たり前なのは分かるが、一方の男性がサドルに座っているすぐ前(ハンドルの手前でもある)でもう一方の男性が、女の子乗りで横乗りし、男性に抱きかかえられるような形で乗っていたのだ。

 ここまでくると、やはりあの質問が飛んでこざるを得ない。「アラブ圏にはホモは多いのか」これは飛び出してきて当然の質問であろう。

 答えは、イスラム教徒の友人が教えてくれた。「そりゃそうさ」と。ええええええええええー!(○◇○)安易に走ってしまう、というのが、彼らの言い訳であった。(^〇^;)(敢えて分かりやすく説明すると、お金があれば結婚はすぐできるし、お嫁さんも4人まで持っていいが、貧しければ結婚は夢物語。手っ取り早く・・・というわけだ。)

となれば、いくら友情の証とはいえ安易に手をつなぐと奪われかねないのだ。自分はまだまっとうな人間として生きたい・・・(;◇;)

(写真左から1〜4枚目:普段目にすることが多いこの光景だが、なかなか写真は撮れない。女性を写真に撮るよりも案外難しいかもしれない。^○^)
(写真右から2枚目:この男性の手のつなぎ方、かなり珍しいケースである。小指を絡ませるバージョンの変形パターンである。)
(写真右から1枚目:写真に入るときまで手を離さなかったこの二人。商売中も手を離さなかった。うーんわからん)

閉じる コメント(5)

顔アイコン

気になったのでコメント残させて頂きました(^ ^)v

2008/7/9(水) 午前 7:17 [ レバレッジ ]

顔アイコン

奪われないで下さいね(笑)タハリーリーさんはなんとなくモテそうな気がします。まったく羨ましくないですけど(笑)
すごいですね、こんなに手のつなぎ方のパターンがあったんですね。てっとり早く…。それで良いのかアラブ人!?

2008/7/12(土) 午前 1:23 [ blu**du_ch*t ]

顔アイコン

何これ萌える(笑)
男同士で手をつなぐのは僕の憧れなんだよ。

2017/3/4(土) 午前 11:34 [ nar***** ]

顔アイコン

むしろ僕だったら、大歓迎!

2017/3/4(土) 午前 11:35 [ nar***** ]

顔アイコン

むしろ僕だったら、超大歓迎!

2017/3/4(土) 午前 11:36 [ nar***** ]

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事