輸入・廃番文房具の発掘メモ

発見した文房具を紹介して行きます。連絡先:tai_michi@yahoo.co.jp

お知らせ:連載〜文房具百年〜「西洋の墨汁、東洋のインク」後編UP

=お知らせ= 文房具のWebマガジン「文具のとびら」に連載中の「文房百年」が更新されました。 毎月20日更新ですが、先月お休みしてしまったので 久しぶりの更新です。 「西洋の墨汁、東洋のインク」の後編で 「東洋のインク」つまり「墨」についてです。 http://www.buntobi.com/articles/entry/series/taimichi/008627/ 墨のような「インドインキ」や珍しいペリカンの墨を紹介していますので 読んでもらえると嬉しいです よろしくおねがいします! ペリカンの墨のパッケージの封緘 アルミ?と和紙に包まれたペリカンの墨 アメリカ HIGGINSの「INすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

アメリカのホッチキス Swingline77。 私がホッチキスに興味を持つきっかけとなったのホッチキスだ。 都内の事務用品店でこれを見つけ、世の中にマックスと違うデザインのホッチキスがあることに 初めて気づいた。 大げさに聞こえるかもしれないが、本当にそんな感じだ。 いかにもアメリカっぽいデザイ ...すべて表示すべて表示

戦時中の代用品画鋲

2019/3/17(日) 午前 7:42

画鋲を入手した。戦時中の物資がなかった時代に作られた画鋲だ。 これとよく似た箱の画鋲は持っていて、確かレコード盤から作った画鋲が入っていた。 同じものなら要らないので、そのまま見送ろうと思ったが 一応中身を見てみることにした。 「この画鋲見せて」 「ああ、これはすごいよ。こんなのなかなかないよ。大中小あるん ...すべて表示すべて表示

マックスさんのホームページに掲載されている 「ホッチキス物語」 のホッチキスの歴史に「雨森文永堂」というホッチキスメーカが出てくる。 この雨森文永堂がどういうホッチキスをつくっていたのかわからずに、ずいぶん前からもやもやしていた。 だが、資料や現物をたどったら、芋づる式に雨森文永堂のホッチキスや情報が確認できたので、今回はその紹介だ。 ...すべて表示すべて表示



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事