輸入・廃番文房具の発掘メモ

発見した文房具を紹介して行きます。連絡先:tai_michi@yahoo.co.jp

全体表示

[ リスト ]

4/26 追記
ご興味を持って下さった方が結構いらっしゃる感じがしたので、
取ってきた写真をWebアルバムにUPしました。

ガラス越しですし、撮影技術もないので「何があったかわかる」くらいのものですが、
ご参考まで。



4月15日に昭和文具・ラボに行ってきました。

最初この展示を知ったとき、北名古屋市と遠方の為、どうしようかと思っていたのですが
強くおすすめいただいたこともあり、
お休みも取れたので、温泉+地方の文房具店巡り+昭和文具・ラボ 3点セットの旅でした。

犬山線の西春という駅で降り、100円の巡回バスに乗って市役所東庁舎前で下車。
バス停からすぐのところにありました。

入場無料なのに、昭和の懐かしいものがたくさんの「昭和日常博物館」
その企画展として「昭和文具・ラボ」が開催されていました。
(現在も開催中 〜5/30迄 → http://www.city.kitanagoya.lg.jp/rekimin/special.html


受付で写真撮影とブログ掲載の許可をいただいてスタート。
受付の横には、先生が使う大きな三角定規や分度器があり、さっそくワクワクしてきました。

イメージ 1

速攻企画展に行きたい気持ちを抑えて、
折角なので常設展から。

常設展は、昭和の生活にあった雑貨や家電、道具等、幅広く展示されています。

そして、常設展の中にもすでに文房具が展示されていました。

イメージ 2


おお!クレヨン!!タマイロクレヨンに、ダイコククレヨン。
イイですね。

イメージ 3

陸の王者パステルなども是非わが家にお迎えしたいものです。

イメージ 4

この鉛筆削りも錆びているところが生活感があって、いいですね。
協力して周囲を見張っているような展示角度も好みです(笑)

イメージ 5


このドーンとケースに鎮座するテープカッターは重量感×スマートなデザインがかっこいいです。

このほかにもノートや広告など、幅広く展示されていました。


そして、企画展へ。

片っ端から写真を撮ってきたのですが、
キリがないので、ポイントだけ。

イラストが楽しい学習ノートや、ファンシー手帳、アイドル下敷きなど、
懐かしいものがたくさん。

イメージ 6

テープや接着剤も展示されており、
前回のブングテンの自分の展示を思い出しました。

各種類、数多く展示されているわけではないのですが、
自分の知らなかったものもいろいろあり、
参考になります。

イメージ 7

昭和30年代の机。

こちらの蒐集の主旨として、昭和30年から50年の間に、
生活用品が大きく変わっているので、その変化を残しておきたい、
といったお話を館長さんから伺いました。

確かにその期間の遷移は大きいですね。
展示されているものを見て改めて感じます。

イメージ 8

ニシキ糊はお揃いがうちにあります。
SAKAENORIや後ろの不易のビンののり、
うらやましい!
イメージ 9

MAXの最初のハンディタイプホッチキス「SYC10」
現物を始めて見ました。

一度現物を見ておくと、探しやすいのでとても参考になります。

イメージ 10

画鋲もしっかり展示されていました。
セルロイドや大きな星形の画鋲など、展示されているものにとても共感します。

イメージ 11

展示の工夫も参考になりました。
ホワイトボードにマグネットでの展示。

これだけで止まるんですね。

ブングテンの展示の参考にします。
あと、コンパスをこのように展示すると、
機械的な虫が並んでいるような不思議なかっこよさを感じます。

イメージ 12

ボールペン、万年筆、つけペンなど。
マーブルの柄の万年筆は、とてもレトロ美しく、
じーーーーーーーーーーーーーっと見ちゃいました。

イメージ 13

鉛筆も同じようにホワイトボードに展示されていましたが、
可愛らしいキャップもありました。

こちらは首で止められているところが若干苦しそうですね(笑)

イメージ 14


鉛筆の中で「ライオン ペンシル」がライオン事務機さんのライオンなのか気になりましたが、
確かライオン商標の鉛筆はなかったかと。

でも、たくさんあるなぁ、欲しいなぁ。。と思いながら写真を撮影。

イメージ 15

企画展コーナーに入ると最初にこのショーケースが目に入ります。
ギターペイントの什器は絵の具が載っていてとてもかわいらしい。

大型のインク瓶舘は貫禄たっぷりに鎮座ましましていました。

イメージ 16


こんな聞いたことのない万年筆の看板もありました。


文房具と言えるものについて、幅広くカバーされていたことに好感を持ちまいた

あと、未使用品ばかりでなく、使用され、減ったり汚れたりしているものを
そのまま展示しているところに、生活感というか、存在感があります。

かなり長い時間いたので、他のお客様も何名かいらしていたのですが、
懐かしいものを見つけて、「これ知ってる?」「あーこれあった!」と言いながら
懐かし話に花を咲かせているのが印象的でした。


「象が踏んでも壊れないってやつ!あったよねあったよね、そうこれこれ!」

「そう、あったあった」
こころのなかでへんじしてみましたよ、私も。


5月30日までやっているので、
お近くの方は是非。

たのしいですよ。



この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事