輸入・廃番文房具の発掘メモ

発見した文房具を紹介して行きます。連絡先:tai_michi@yahoo.co.jp

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全109ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

4色ボールペンを買った。

イメージ 1

今では特に珍しくないが、クリップには「KANOE PEACE」とあるのが気になった。

イメージ 2

「KANOE PEACE」はシャープーペンシルを大正時代から作っていた森田製作所の商標だ。
軸の側面には「MSK」の文字もあるが、
これはおそらく「森田製作所株式会社」の略だろう。
(もう一つ刻まれている「MOM」も森田から始まる何かかを表しているのだと思うが、具体的にはわからない)

イメージ 3


ちなみに、骨董市でも「KANOE」と刻まれている金属軸の繰り出し式シャープペンシルは比較的よく見る。
そのシャープペンシルを作っていたメーカーが、多色ボールペンを出していたことに
興味を持った。

調べてみると、シャープペンシルに詳しいYellowdaliさんのブログに
KANOEの4色のシャープペンシルが紹介されていた。


この4色シャープペンシルと、この4色ボールペンは
色別の芯を押し出すクリップが、金属とプラスチックという違いはあるが、
形もとても良く似ている。
金型や芯を出す技術的な部分はこの4色シャープペンシルから転用したのだろう。

なぜシャープペンシルメーカーがボールペンを作ったのか。

勝手な想像だが、シャープペンシルで有名だった森田製作所も、
戦後入ってきたボールペンにじわじわと押しやられたのではないだろうか。


昭和36年の業界誌の森田製作所の広告を見つけた。

イメージ 4

このひし形のシャープペンシルは森田製作所のヒット作だったようだし、
海外へ輸出しているなど勢いが感じられる。

だが、この業界誌で他の筆記具の広告は、
ほとんどボールペンになっている。
日本のボールペンはまだ単色だが、海外のボールペンは多色式で8色、10色といったボールペンの
「どうだ!すごいだろう」といわんばかりの広告が掲載されている。

少し、森田製作所のシャープペンシル推しの広告が
時代に乗り遅れているように見えるのは勝手な先入観だろうか。

この後、昭和40年前後くらいだろうか、この4色ボールペンが作られたのは。
シャープペンシルが売れていて、多角化を図ったのか
シャープペンシルの代わりを見つけなければいけないと思ったのかは
正直何とも言えない。
だが、私は後者だったのではないかと思うのだ。

シャープペンシルを作っていた会社が
別のものを作り出したところに
時代の流れが透けて見えると思った。

なお、森田製作所で検索すると2006年の業界名簿にはまだ名前があったようだ。
とすると、割と最近までは頑張っていらしたのだなぁとちょっと安心した。

このボールペンは売れただろうか。
4色のシャープペンシルはいつまで作っていたのだろうか。
今はもう廃業されているようだが、
それまで時代に合わせていろいろ奮闘したことだろう。

話を聞くことができたら
さぞかり興味深い話が聞けることだろう。

イメージ 5


話の大筋はここまでだがちょっとおまけ。
話の流れで入れる場所が見つからなかったので
最後に載せるが、天冠部分のねじを外すと、こうなっていた。

4色の芯の端にくびれた金具がついており、それを丸いミツマタのような形の金具で止めている。
下手に外すと復活できなくなりそうなので、ここまでにしたが、
ちょっと珍しい気がしたので一緒に紹介しておこう。

なかなか格好いい。

開く コメント(0)

ヤマト糊の「ビニファンテープ」というものを見つけた。

イメージ 1





ヤマト糊だし、初めて見たので一応持っておこうかな、くらいの感じで入手。
ところでビニファンってなに?
中に説明書が入っていたので、それを見ると。。

イメージ 2

ビニールテープ+セロファンテープだそうだ。
ニチバンからセロファンテープが出て、ライオン事務器がビニールテープを発売していたので
それに対抗しての製品だろう。

そして蓋を開けて中身を確認した時に、期待以上のものを見つけ「おお!」となった。
ちなみにもちろんテープは使えない。

イメージ 3

中に入っているカッターがかわいい!
ちゃんとヤマトマークが入っていて、武骨な金具がついているのもいい!

イメージ 4

ほらほら、かわいいでしょう。

つけるとこんな感じ。

イメージ 5

この形イイなぁ。ちょっと復活してほしい。

で、今回はこれだけ。
令和初ブログにしては短い?

いやいや、短くても間が空いても
気負わずとにかく続けるのだ、という意思表示だということで。

令和も引き続きよろしくお願いいたします。






開く コメント(0)

平成が終わる。

加えてYahoo!ブログも終わってしまうのと、ブログを始めたのが5月の頭なので
ちょうど9年になるこのタイミングで、
ブログの乗り換えもしたかったのだが、
仕事が忙しくてブログ乗り換えはもう少し先になる予定。

さて、平成最後の更新は何にしようか。
ちょうどサザエさんの人形鉛筆が手に入った。

イメージ 1



昭和に生まれて平成も生き抜いたサザエさん。
令和になってもそのままでいてくれるかな。

イメージ 2

頭はセルロイド製。
全体の写真を見ると、長ーい鉛筆に見えるが、普通のサイズだ。
頭が小さめなので、長く見える。

男の子はカツオかな?
正面から見ると、「え、サザエさん?ちょっと違わない?」と思うが、、、

イメージ 3

ほら。髪型がサザエさんだ。

成型に苦労した感じがほほえましい。

どこの鉛筆かというと、サンスター文具さんの鉛筆だ。

イメージ 4


この2本の鉛筆の軸、よく見ると興味深い。
白い方(サザエさん)の軸のロゴは、三英社(サンスター文具さんの旧社名)時代のロゴとマーク。
だが「S.A.P」「SUN−STAR」の前に「Angelic Pencil」とか書いてある。
直訳すると「天使的な鉛筆」、「Sun-Star Angelic Pencil」でS.A.Pだ。

だが青い軸(カツオ)と比べると微妙に違う。

「S.A.P」は同じだが、「SUN-STAR ACADEMY PENCIL」となっている。
それにサンスターマークも微妙に違う。

イメージ 5

左のロゴは、昭和27年ころに三英社として使われていたことを確認済み。
そして青い軸の「ACADEMY」という言葉と字体は、大正頃に日本に輸入されていたA.W.FABERの鉛筆の名前と字体によく似ている。
大正から昭和にかけて複数の日本の鉛筆メーカーがA.W.FABERの鉛筆をお手本に
「ACADEMY」という名の鉛筆を作り、同じような字体で鉛筆に刻んでいた。

その流れを汲んでいるとしたら、「カツオ」の方が「サザエさん」より古そうだ。

サザエさんの連載は昭和21年からだが、キャラクターにするくらい知名度が上がったのは
きっと朝日新聞掲載頃だろう。だとすると、昭和26年ころか。

微妙なタイミングだが、青い方の軸のロゴが左より前のものだとすると
三英社の初期のものか、もしかしたら三英社より前かもしれない。

S.A.Pの略称も「ACADEMY」という言葉を使っていて「S.A.P」だったが、
ACADEMYを外すことにした。だが、「S.A.P」は変えたくなくて「Angelic」を当てたのではないか。

そういえば、同じころのサンスターさんの人形鉛筆に
意味不明な「エンゼル」の文字が入っているのが気になっていたが
なんとなく理由がわかった気がする。

イメージ 6

ほら、右のセルロイドの頭がついている2本の鉛筆の軸に「エンゼル」と刻まれている。

毎度のことだが、小さなことがいろいろつながってくるのがおもしろい。

そういえば平成が始まる頃、文房具は好きだったけど
古文房具を集めることになるなんて
思いもしなかった。

ずいぶん集めたけど、まだまだ面白いものも
素敵なものもたくさんありそうなので、
令和になってもまだまだ続けるよ。


開く コメント(0)

2枚刃鉛筆削り

鉛筆削りを買った。
海外のものだが、どこの国のものかは不明だ。
鉛筆を刺してグリグリ回すタイプのものだ。

イメージ 1

ところで、二枚刃の鉛筆削りを知っている?
クツワさんの製品で、手で回すタイプながら、超速で削れるすごいヤツだ。

イメージ 2

イメージ 3

このクツワさんの鉛筆削りは最近発売されたもの。



だが、実はこの2枚刃タイプ、以前にもあったのだ。
それが最初の写真の鉛筆削りで、
中身はこれ。

イメージ 4


クツワさんのと同じように、
左右に逆方向を向いた刃がついている。

イメージ 5

時代はわからないが、1940年から50年代位ではないだろうか。
よく見ると「PARKER」の文字が見えるのだが、
あのPARKERなのかな。

うーん、関係ないような気がする。。

関係ないと言えば、この鉛筆削りは今回始めて見たので、
かなり珍しいものだと思う。

ということはだ、クツワさんこの海外の2枚刃の鉛筆削りの存在を知らなかっただろうし、
偶然というか、全く関係ないと思われる。

つまり異なる国と時代で
同じこと考えつく人がいたのだ。

似ている文房具もいろいろあるが、
似ている理由もそれぞれなのが面白い。


イメージ 6





■お知らせ■
文房具情報のWebマガジン「文具のとびら」の連載
「文房具百年」アップされました。
今月は「筆箱」

よろしくお願いします〜。

それから先月のムカデ針のプレゼントは、先日抽選してきました。
当選者の方には近々発送される予定です。

今回、外れた方にもご応募のお礼にポストカードを送ってもらうことにしたので、
ご応募いただいた方には何かが届きます。
しばしお待ちを!



開く コメント(0)

アメリカのホッチキス Swingline77。

イメージ 1

私がホッチキスに興味を持つきっかけとなったのホッチキスだ。
都内の事務用品店でこれを見つけ、世の中にマックスと違うデザインのホッチキスがあることに
初めて気づいた。
大げさに聞こえるかもしれないが、本当にそんな感じだ。

イメージ 2

いかにもアメリカっぽいデザインがとても気に入っている。

イメージ 3


実は最近このホッチキスの広告を見つけた。
それがこれ。

イメージ 4


アメリカっぽい広告でなかなか素敵だが、
ん?なんか違和感が。。。

イメージ 5

「HOUSEHOLD STAPLER」とは、家庭用ってこと?
まぁ確かにホッチキスは家庭にもあるけど、
というか、これ壁につけて使う前提なんだ!

イメージ 6

ほらほら、壁につけてる。

イメージ 7

ほらー。

イメージ 8

土台の横に出っ張りがあるのだが、それを引っかける感じでつけるのかな。
そしてもともとは壁につける用のパーツもセットになっていたようだ。


イメージ 9

同じホッチキスだ。一応確認。

いえ、家庭用でも壁に引っかけるのでも、特に問題はないのだが、
せっかくこれの素性(?使い方?)がわかったので、
書いておこうかと。

「Swingline77は壁につけて家庭で使う。」だそうだ。


おまけ。
最近ホッチキスホッチキスと言っているが、
「文具のとびら」の連載「文房具百年」の今月の記事も
ホッチキス。
大正時代のホッチキスの使い方の説明と
おまけ企画のムカデ針プレゼント。
こちらもよろしく〜。








開く コメント(0)

全109ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事