たいりょうのちょっと一息

プライベートの春は順調、読書のペースは・・・

全体表示

[ リスト ]



「死神から見た人間模様」という設定は共通するが、あるときはミステリー、あるときは恋愛小説と、多彩なスタイルの巧妙な物語を楽しむことができる短編集。現在最も注目される作家の1人である著者がアイデアを惜しげもなく披露した小説好きには堪えられない1冊。

ダヴィンチより

まずなによりも、読んでいてすごく面白い。
テーマ云々を語る前にまずは読者に読ませるという事が小説の出発点、そういう意味では相変わらず抜群に上手い作家だと思う。

死神の視点を通し6人の死をまじかに控えた人間模様を描きつつ、生と死についてスタイリィッシュに描く。
こういった内容だと既存の小説の多くはテーマの重さに文章やストーリーが引っ張られ物凄く重たい小説になるか、あるいは感動前提のお涙ストーリーになることが多いがこの作品はその両者の間を絶妙のバランスで通り抜けいていると思う。

なにより、死神は音楽がお好き、しかも雨男というユニークな設定がキャラ立ちというだけにとどまらず、それぞれのストーリーや情景に上手くミックスされており、最終話のラストで死神に晴れを見せる場面はまさに秀逸。
また最初に収録されている表題作「死神の精度」でのラストをああいった形で締めつつも、以降の作品において同じ方式を採らない、表現の幅の広さも本当に見せ方が上手いなと感じた。

全体としては伊坂さんらしくライトな文体である為に、死あるいは生という部分に関する直接的な重さというのはあまり感じられません。
この作品が直木賞を逃した原因の一つにその部分に関する指摘があったそうですが、果たして本当にそうなのでしょうか?僕は必ずしもそうとは思いません。
そう思う理由に、主人公の死神が人間の思考について音楽という部分以外のものをまったく理解できないという設定の妙を感じるからです。
つまりこの死神は「なぜ死にたいのか?」「なぜ生きたいのか?」というのを理解できないということで、これは人間に関しても同じだと思うのです。
普通自殺だけにとどまらず事故や病死にしても、その瞬間その人物が何を考えていたのか、という事に関しての本質はなかなか第3者的立場の人には理解できません。
普通の作家なら死神という視点を通してそれらを語ってしまいがち(それが悪いとはいいません)なところを、あえてそうしない事により生と死の重さを逆にクローズアップしているような気がするんですよ。

それぞれの作品の完成度はともかく、連作短編集として読んだ場合若干物語の起伏という意味では弱点があると思いますし、そういった意味では「重力ピエロ」などに較べると少しは落ちるのかもしれませんが、それはあくまで伊坂作品の中でということ。
すくなくとも、渡辺淳一には絶対こんな小説書けないと思うぞ、ほんと。。。

閉じる コメント(16)

顔アイコン

いい評価してますね^^私はだんだん伊坂離れをして来たんですが、(うますぎて^^;)ご指摘の『人間の思考について音楽という部分〜』以降、なかなか素晴らしい考察、拍手を贈りたいです(えらそう^^;)。最後のたいりょうさんの一言もナイス。

2006/10/7(土) 午後 11:47 ゆきあや

顔アイコン

ども、後輩KazaMiです。 本題と全く関係ないんですが、たいりょうさんのレビュー上手いですね。 ブログに出てくる作品どれも見たくなりますもん。

2006/10/8(日) 午前 1:53 [ KazaMi ]

顔アイコン

ゆきあやさん>おっと、伊坂離れですか〜、しかも理由がすごい^^;;;拍手ありがとうございます♪

2006/10/8(日) 午前 1:59 たいりょう

私もこれ好きでした!音楽が好きな死神、いいじゃないですか〜実に伊坂さんらしいキャラクターですよね。私はラストの天気オチが好きなんです。これでぐっと読後感が良くなった気がしました。

2006/10/8(日) 午前 10:12 べる

すみません・・・。メチャ真面目に記事を読ませていただいたんですが、最後の1行に大爆笑してしまいました。元々あまり直木賞に対して重きを置いてませんが、伊坂氏が直木賞を受賞しないのは納得できないなぁ〜。

2006/10/8(日) 午後 3:05 [ ちぃ ]

顔アイコン

ヒマがあればCDショップに出かける死神…。いままでのフィクションのイメージとだいぶ違っていて面白い作品でしたね!名前もフツーすぎるし(笑)ぜひ渡辺淳一先生にも同設定で書いてもらいたいです^^

2006/10/8(日) 午後 3:26 ang*1jp

顔アイコン

kazamiくん>後輩よ、過分なる賞賛ありがとう^^;;

2006/10/8(日) 午後 4:02 たいりょう

顔アイコン

べるさん>読み始めたときは普通の出来かなと思ってたら、もう(笑)。この死神のキャラはさすがですし、ラストの天気オチはもう絶妙でしたね♪

2006/10/8(日) 午後 4:03 たいりょう

顔アイコン

ちぃさん>最後の一行には僕の溢れる想いをぶつけさせて頂きました(笑)。相手が悪いときもありましたが、今回は受賞すべきだと思ったんですけどね〜。

2006/10/8(日) 午後 4:11 たいりょう

顔アイコン

あんごさん>視点のユニークさは伊坂さんの真骨頂かもしれませんね〜。渡辺先生が書かれたら、無感情の性描写という新境地を拓かれるかもしれませんね(笑)。

2006/10/8(日) 午後 4:13 たいりょう

顔アイコン

死神ってテーマの時点で生死についてクローズアップしてるのはありありとわかるはずなんですから、たいりょうさんの意見と同様、本作の様にあえてその点を薄く表現しても構わないと僕は思いますよ〜☆

2006/10/8(日) 午後 4:14 気まぐれ

顔アイコン

気まぐれさん>そうですよね〜、表面的には薄くても中にはきちんと書き込んでありますよね〜♪

2006/10/9(月) 午前 11:29 たいりょう

最近ようやく、この本と『砂漠』を読みました^^ああ、どっちも面白かった!とりあえず、死神の方の記事を書きましたので、トラバさせていただきます。

2006/12/20(水) 午後 4:52 アニス

顔アイコン

アニスさん>TBありがとうございます。記事拝見させていただきま〜す♪

2006/12/21(木) 午前 10:06 たいりょう

本書、凄い完成度の高さでビックリです!個人的には「恋愛と死神」が好きでしたね!伊坂氏、なんかはまってしまいそうな勢いです^^トラバさせてください。

2008/1/29(火) 午前 9:21 たけたけ

顔アイコン

taketakeさん>いやあ、すごい勢いで読破されていますね。どちらかというと伊坂さんの場合、短編集より長編の方が好みなのですが、これは好きでしたね。映画版はいったいどんなことになるんでしょうね〜。

2008/1/30(水) 午前 11:06 たいりょう

開く トラックバック(2)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事