Pensez-vous

時だけが通り過ぎていきます。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全98ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

勉強でも、運動でもやってみて気づくとことがある。卓球でサービスの練習を行っているが、台際にボールが落ちると相手コートの深いところに行くのは理解できる。1つ動作が気になった。それは、一度サービス前にボールを前で合わせるのはなぜだろうか。
足を台に接近させ台の近くで打つのは、ボールの入射角が鋭角になるとネットミスをする。鈍角すぎるとオーバーミスする。また、離れると角あたりする。
実際やってみると、ゴルフの打球前に一度合わせてから打つことに匹敵して距離があっておりミスしにくい。
また、ラケットの下に当てることを意識すると台の近くに落とすことも気づいた。

 勉強したら、実際にやってみて疑問に気づくことこれも理解を深める一つの手段である。

今が大切

ブログが終了する。後半1年に数回になったが、何か思った時に記録を残すのは自分にとっては大切なメモであった。年末で、消滅するが。
 人にわかってもらえなくても、たとえ200パーセントの努力をして認められなければそれは自分の実力だ。
現在自分は100倍努力しても、成果は現れてないが、このまま、最後まで行くのだろう。
 人それぞれ、努力してもうまくいくとは限らない。でも、生き方としては、成果を求めるからそのように感じるのだろう。意識してその努力の過程が、20分の1でも思った通りになれば、それは成功したといえるのだろう。 何十年たっても、最初は相手が大きく見えるた。いまだにそうだ。
どんなに名誉を残しても、最後は何もない状態になる。単なる文字は残る。 数学者 岡潔 先生の 菫は見てもらおうと思っていない。 「路傍の石」となる。 今が大切だ。

時代の変化

 平成の時代が終わりになる。ブログもtwitter、そして、LINEと不特定多数から個人の仲間に変化している。
忖度の時代は、変わらず「 安倍晋三」の4もじのどれかを入れた時代になるのではないかという話もあるが。
話題は事欠かない。

マスコミと教育

昨日、友人と飲んだ。話の中で、最近、教員不祥事の記事が多い感じがするということを言っていた。あらかじめ集めておいて、一斉に配信しているのではないか。
ちょうど、10年ほど前に 教員の免許更新制を法律にする前のマスコミのバッシングと似ていると話していた。
これにより、仕事の内容も種類も、クレーマーもさらに増え教員不足になっているとのこと。
 今度は、私立学校に対しての締め付けを行う意図があるのではないかと予想していた。バッシングも、私立関係が増える・・?
 一度、逃げた教員は戻ってこないし、実施された不効率なシステムもなくすことはできないので先が心配だと話していた。

弱い立場を責めるな

最近、また若者のSNS問題が生じているが、マスコミの責任が大きいのだろう。
例えば、教員をほめたり落としたりその事例ごとに、騒ぐ。
 この国がどの方向にすすむべきであるか 大局を考えればぶれることはないはずである。
教育は子供を甘えさせるのか、甘やかすのか、その親をどうするのか、
教員を上げたり下げたり、世間のルールを教えるよりも、生徒の人権は優先するのだろうか。
本当に劣悪な環境にある子供は必要だろうが、馬鹿な奴らまで守ることになることで、SNSで馬鹿をやる
ルールをわからない子供を育てているのは社会だろう。
それでは。どうすればよいのだろうかと考えれば、私立の教育が最後の砦だろうか。

全98ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事