ここから本文です

書庫全体表示

沢尻湾キャンプ場

晴天の神津島に到着後・・・


イメージ 33


イメージ 34


イメージ 30

港には下船のお客さんを待つ島のバス
ここは東京都だから品川ナンバー!?ちょっと違和感?


イメージ 1
まず向かったのは港にあるまっちゃーれセンター
ここは島の集会場的な施設で
観光協会の窓口、東海汽船の窓口でもある。
ここでまずは島の情報収集をして、キャンプの申請。

右にある建物はよっちゃーれセンター
1階が海産物のお土産や、2階が食堂


イメージ 2
向かうは歩いて20分という沢尻湾キャンプ場
バスもあったけど散策がてら徒歩で移動


イメージ 26
小さな漁港

イメージ 3
静かな港の横を通り

イメージ 4
海岸線沿いに歩くと歩道脇には飾りの施された堤防

イメージ 5


イメージ 6
溶岩が急速に冷え固まったという、うず巻岩

イメージ 7


イメージ 8
散歩しながらゆっくり歩いて20分で沢尻湾に到着
そこにあった記念撮影場

イメージ 9
もちろん一人撮り(笑)


イメージ 10
入り江になったきれいな湾

イメージ 11
きれいな芝生の無料キャンプ場
ここに決定

イメージ 12
設営完了!

イメージ 13
後ろは道路
っていってもほとんど車は通らない

イメージ 14
気になるのはその後ろにそびえたつ廃墟ホテル


イメージ 15
バブルの遺産

イメージ 16
奥行10m幅100mくらいのキャンプ場
この時点ではまだ3組

イメージ 18
炊事場

イメージ 31

ゴミも分別して捨てられる
(毎朝、町の回収車が来てた)


イメージ 17
トイレも水洗洋式、トイレットペーパー完備でシャワーもある!
無料キャンプ場とは思えない設備
観光に力を入れている島の行政体制がよくわかる

イメージ 32




イメージ 19
それでは島散策へ出発

イメージ 20
来た道を戻り港まで
普通に歩いたら15分だった

イメージ 29
島で唯一の信号機


イメージ 21
港から反対側の前浜

イメージ 27
夏は海水浴でものすごく混むらしい

イメージ 22
そこから見上げた天上山
ちょっと雲がかかってたから、山登りは明日にしよう!
明日の天気も良さそうだし・・・

(しかしこの判断が後に後悔することに)



イメージ 23
これが島のシンボルといっても過言ではない
伝説、水配り神話のモニュメント

イメージ 24
水を分配するのは神津島の神様


イメージ 25
マンホールにも神津島らしさ

イメージ 28
何気ない道だけど
すごく絵になる通りデスよね

この後はのんびり島散策


またまたつづく・・・














この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事