ここから本文です

書庫全体表示

神津島散策

島散策・・・

イメージ 6
高台にある小学校
校庭の芝がきれい
この後見た中学校の校庭も全部芝生だった

イメージ 7
その横にあるよたね広場から街を見下ろす

イメージ 8
街の商店街
道ですれ違う子供達はみな挨拶してくれた
人口2千人の小さな島


イメージ 9
街中は細い路地で入り組んでいて、まさに島って感じ


イメージ 10



イメージ 3
前浜海岸を見下ろす

さらに登っていくと
イメージ 11
だいじんこ?
(神津弁で大切なものや人のことって意味らしい)

イメージ 12
展望カフェみたい
ここでオーナーらしき女性が出てきて
今日の営業は終わったけど景色を見るだけならどうぞ
さらにバックパックの格好をしていた私に
お水はありますか?
と心優しいお言葉

ありがたく景色だけ見させてもらうことに

イメージ 31

なんと!

イメージ 1
絶景!!


イメージ 2
しかもコバルトブルーのきれいな海!

イメージ 4
天上山もバッチリ!
ん?山頂晴れてるじゃん!?

港からも見えたこの建物、ホントいい場所でした
この先のありま展望台まで行こうと思ってたけどここで十分満足。

しばらくこの景色に見惚れて一人ボーっとたたずんじゃいました

それでは街まで下りますか
イメージ 13
島の名産、明日葉

イメージ 14



イメージ 15
ここで明日の朝食のパンを調達

イメージ 16
釣具屋さんにて
ちょっと竿借りて晩飯のおかずに堤防で小アジでもと思ったけど
一人で料理するのも面倒だからやめた・・・(笑)

イメージ 17
街で一番のスーパー
ここでビールの調達
キャンプ場近くに店はないし自販機もない
もちろんこの島にコンビニなどはないから
この旅で一番苦労したのが冷えたビールの調達方法!(笑)

イメージ 18
白砂の前浜海岸に戻り


イメージ 19
よっちゃーれセンターでお土産用の保冷剤をゲット!
これで冷えたビールが飲める!

イメージ 20
また海岸線を歩いて

イメージ 21
キャンプ場に帰還


イメージ 22
キャンプ場前の砂浜に打ち上げられているのは天草
毎朝どこかのおばちゃんたちが袋いっぱいに集めてた

イメージ 23
まだ水は冷たい
でもビール冷やすほど冷たくない
(基準はそこかっ!)

イメージ 5


イメージ 24
磯遊びにも最適な岩場
ファミリーで来ても楽しめそう

イメージ 25
陽も傾いてきたので温泉にでも行きますか


イメージ 26
キャンプ場右手からすぐの120mのトンネルを抜けて
およそ10分で

イメージ 27
島唯一の温泉に到着
正確には温泉保養センター

イメージ 32
日本でも有数の規模を誇る大露天風呂だが
去年の台風26号の被害で、現在露天の営業はしていない

今は内湯のみの営業となっている為、通常の料金の半額。
さらにまっちゃーれセンターの観光協会で前売り券を買うとさらに100円引き。
しかしここの湯は良かった〜
よくある舐めるとしょっぱい塩分を含んだ温泉だが
色はほとんど無色で源泉かけ流し

休憩所のマッサージチェアーも無料で
疲れた体をゆっくりほぐすことが出来た

ここで食事もできるし
キャンプ場から近いし安いし

館内の自販機にビールがあればいうことないのにな・・・(笑)


イメージ 28
温泉を出ると辺りは暗くなってた

イメージ 29
サイトに戻り先ほど岩場で採ったクマノコガイを

イメージ 33
海水で茹でてビールのつまみに

イメージ 30
そしてさっき街で買ってきた焼くさやスティック
今まで口にしたことなかったくさや
実際に焼いてみようかとも思ったけど
とりあえずどんなものかすでに焼かれてあってそのまま食べられるという
これで試してみたが・・・


俺はダメだー


イメージ 34
満点の星空
デジイチだったらすっごく綺麗に撮れたんだろうな


風もそれほどなくおだやかな海岸で
波の音だけが聞こえる静かな夜



そんな時
油断してたら悲劇はおきた・・・





またまたつづく・・・










この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事