ここから本文です

書庫筑波高原キャンプ場

記事検索
検索

全1ページ

[1]

6月5.6日
今年で3度目、この時期恒例となった筑波高原キャンプ場に行きました

イメージ 1
舗装された林道からここを左にしばらく砂利道を行くとキャンプ場

イメージ 2
今日は平日ともあって荷物の搬入に管理棟前の広場まで車をあげさせてもらった
キャンプサイトはこの先を登ったところ

イメージ 3
土日は結構賑わったみたいだけど平日のこの日はまだ誰もいないサイト
やっぱり今回も2段目のスノコサイトに
GWに続き2度目、マウンテンダックスのヌプカ2を設営完了

一息ついたら
ここしばらく山登りをしていなかったので
なまった身体に活を入れに筑波山登山へ

イメージ 4
とはいってもたかだか1.5kmほどの距離(笑)
標高差にしてもキャンプ場の登山口から女体山山頂までわずか350mくらい
でも歩き出して10分ほどするとなまっていた身体から汗が吹き出し
使っていなかった足の筋肉が張り、ふくらはぎが伸びてイタイイタイ

イメージ 5
それでもこの日はいがいとカラッとした気候だった為に
難なく30分弱で女体山に登頂

イメージ 6
少しかすんでいたけど霞ヶ浦までは見渡せた
左側に見えるのがつつじヶ丘駐車場

そよ風の吹く山頂でのんびりしてから
まだちょっと物足りなかったのでそのつつじヶ丘まで少し下ってみることに・・・
いくつかの奇石があるコース

イメージ 7
北斗岩

イメージ 8
母の胎内くぐり

イメージ 9
そして山頂から15分 標高差約150mほど下ったころに
弁慶の七戻り

これが見たかったんだよね
たしか二十歳の頃にサンダルでつつじヶ丘駐車場から登ってきた以来


イメージ 10
あらためて見るとこの迫力は確かに七戻りするかも!?
大きな地震でも落ちないくらいだから自然のパワーってすごいね
なんでもこの一帯の奇石はパワースポットとしても有名らしい!?
そんなパワーをもらったら
降りてきた道を登り返して再び山頂へ

イメージ 11
そして女体山山頂から今回も女の川ルートでキャンプ場方面へ下山

イメージ 12
足場は決してよくないけれど静かでいいコース

イメージ 13
約2時間の筑波散歩を楽しんでテントサイトに帰還
わずかな山登りだけど平地を歩くのと違って体力つかうからか
スッキリした気分になるのはなぜだろう

イメージ 14
では!プシュ!!

イメージ 15
久しぶりの山登りの爽快感を味わいながら
のんびりとサイトから見下ろす景色は最高


イメージ 16
そうしていると陽も傾き
雲間からエンジェルラダー

イメージ 17
沈む夕日がきれいだった

イメージ 18
陽が沈むと途端に冷えてきたので焚火で暖をとる

イメージ 19
きれいな夜景
これがここの醍醐味

イメージ 22
気温は11℃
少し冷えた夜

イメージ 20
残念ながら今回も月さえ見えない曇り空だったけど

イメージ 21
テント内からでも見える夜景を満喫し
日頃のストレスを発散できた・・・
かな?(笑)




イメージ 23
翌朝
人工的な音もなく
カラスの鳴き声でもなく
小鳥のさえずりで目が覚めた朝の5時
普段じゃ絶対に起きない時間

イメージ 24
テントのジッパーを開けると
ひんやりとした空気が頬を撫でて
ホトトギスや小鳥たちの鳴き声がいいBGMに
とても清々しく起床できた山の朝
とりあえずエスプレッソを飲んでのんびりと

イメージ 25
あえて他の利用者のいない平日にしか来ないから
静かで景色も良くてすっごくお気に入りの場所

でも
この6月の翌週からは夏休みを除き平日の使用ができなくなったみたい
平日の利用者が少ないから仕方ないのか
すごく残念だけどこれも公営の定めか・・・


イメージ 26
ちょっとはっきりしない天気だったけど
午前9時過ぎに撤収

今回も静かなソロキャンプがしたくて
あえて平日のこの時期に行ったけど
もう平日の利用ができないとなるとすごく残念

確かに施設の老朽化や管理の人件費を考えると致し方ない市営の判断なのだろうけど
静かな山キャンプがしたい人にとってはもう少し使用料金を上げても構わないから是非とも平日の利用許可を頂きたい次第です




この記事に

開くトラックバック(0)

筑波高原キャンプ場

5月26.27日で筑波高原キャンプ場に行きました


イメージ 10
今回も中段のサイト
管理棟からここまで100mくらいの距離
高低差はおよそ40mくらいかな?
オートキャンプ仕様の装備で来たので駐車場から2往復
やっぱりちょっとキツイ荷物運び(笑)

イメージ 1
今回は雨予報もあったので前室の使えるステイシーを設営
スノコのサイズはおそらく3m×4m
縦長3mのステイシーがジャストサイズ

イメージ 2
サイトまでの荷物の搬入に一苦労だけど
その分見晴らしのいいとっても静かな山の中

ウグイスやホトトギスの鳴き声がこだましてすごくお気に入りの場所

その後はなまった足腰の慣らしに



イメージ 3
約2時間の山登りを楽しんでサイトに戻る

イメージ 4
乾いたのどにはやっぱりコレ!

イメージ 5
日も暮れてきて少しずつ街に明かりがともりだす

イメージ 12
8時過ぎにはきれいな夜景

イメージ 6
この日は曇り空で残念ながら星空は見えなかった

まさにここで使うために昨年買ったようなもの(笑)
軽くてコンパクトそれでいてしっかりした作り
ソロキャンプにはちょうどいいサイズ

イメージ 8
夜の冷え込みはそれほどでもなく気温18℃
ちょっと風が強かったけど静かな夜



翌朝
イメージ 9
未明から予報通りの雨
景色も見えず・・・
前室のあるステイシーにしてよかった

イメージ 11
その後は空が明るくなってきたものの
一向にやまない雨の中
仕方ないので雨撤収


今回は天気がイマイチだったけど
それでもこの見晴らしと夜景には満足!

静かな山の中

そんな言葉がピッタリの大好きな場所です




この記事に

開くトラックバック(0)

翌朝・・・

イメージ 1
アジサイの咲く自然豊かなサイト

はっきりしない天気だけど
これはこれでタープもないサイトには暑くもなくちょうどいい感じの朝

イメージ 2
時おりのぞく青空はもう夏を感じさせる日差しを降り注いでくる

イメージ 3
朝食はいつもの黒糖パンとエスプレッソ

イメージ 4
キャンプで一番ゆっくりとした
けれどもなんとなく終わりを控えたさびしい時間

イメージ 5
のんびりと場内散策

イメージ 6

イメージ 9
2段目サイトには石作りの炉と水場(要加熱らしい)があるので便利

イメージ 8
子供の頃は貧乏草って呼んでたっけ

イメージ 7

イメージ 10
午前9時半
ほぼ撤収完了
そして10時のチェックアウト

今回は以前から気になっていた筑波高原キャンプ場におじゃましました

公営なのできちんとした予約が必要なのと
営業が5月〜9月までというのがさびしいところですが


思っていたよりも見晴らしもよく
自宅からも手ごろな場所なので
今後も利用したいキャンプ場です
















この記事に

開くトラックバック(0)

筑波高原キャンプ場

梅雨時期の6月22、23日で
茨城県は桜川市の運営する筑波高原キャンプ場に行きました。

久しぶりの連休が取れそうになった1週間前に電話予約。
桜川市のHPから利用申込書をダウンロードしてFAX送信。
簡単な手続きを経て予約完了。
初めてソロでの公営キャンプ場。

自宅からは下道で約2時間。
イメージ 1
林道をしばらく登り

イメージ 2
一番上の第三駐車場に駐車

イメージ 3
階段を数段登って管理棟前広場
右手が管理棟
ここで受付をして持ち込みテント一人¥400
一応薪も購入一束¥500(でも廃材だった)
感じのいい管理人さん

イメージ 4
キャンプサイトはこの広場からさらに登り
(左手に炊事場)

イメージ 5
さらにこの階段を登り

イメージ 6
一段目は奥にトイレのあるサイト
(ぼっとんだけどきれいに掃除されているし臭いもなかった、けど駐車場下のトイレは和式水洗のきれいなトイレ)

イメージ 7
しかし、一段目からの展望は期待できず

イメージ 8
さらに登って2段目はこんな感じ

イメージ 9
3段目は手前に見晴らし台(休憩舎)のある最高段

イメージ 10
見晴らしは最高!
でもここまで駐車場から荷物を運ぶのがおっくうな為・・・

イメージ 11
2段目のスノコの上に設営完了
今回は軽いアライテントにしようかとも思ったけど
ザックも含めて荷物も収容するためにちょっと広めなmarmotに!


イメージ 14
でもスノコの上って初めてかも!?

イメージ 12
2段目と最上段の高低差はこのくらい

イメージ 13
最上段から見るとこんな感じ
ん〜〜いい見晴らしだー

この後、筑波山登山に出発!


イメージ 15
そしてサイトに戻ったのは午後4時頃
この後駐車場から荷物をもう1往復(150mくらいかな)担ぎ上げて合計3往復!!
これだけでも結構な山登り!


イメージ 17
一番重かったのがコイツ!!!
ソロ用の焚火台が欲しくなった・・・

イメージ 16
夜の準備が出来たところで
とりあえずプシュッ!(笑)

イメージ 18
曇り空だけどまだまだ明るいと思ったら今日は夏至
夜の7時でもまだこの明るさ

イメージ 19
月が出てきた

イメージ 22
気温17℃
まずは火をおこして暖をとる

イメージ 20
今日の夕食は今流行り?のガパオライス
でもKARDIで買ったインスタント!(笑)

イメージ 21
それでもちゃんと米焚いて目玉焼き焼いて
ビールもタイ料理に合わせてSINGHA!!

イメージ 24
飲んだくれていたら期待以上の夜景!

イメージ 23
最上段から

イメージ 25
ここまできれいな夜景だとは思わなかったので
慌てて車まで三脚取りに行って撮影タイム

でもコンデジじゃあこれが限界かな?
ひとしきり夜景と焚火を楽しんだ後
就寝・・・







この記事に

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事