台湾風物詩

知っている人が少なくなった戦前の台湾を紹介しています。

最新記事

すべて表示

五分車(トロッコ)

かってはサトウキビを満載にした五分車(トロッコ)がこの路地を走っていたそうです。 (場所:台中市北屯路220巷) ここに住む町内会の長老が道路際の壁に絵に描いて昔の様子を伝えています。この路地裏を 走るクルマは壁絵に気づかず通り ...すべて表示すべて表示

殉職山岡先生之碑

2014/5/21(水) 午後 11:05

去る10日台中市新社区で山岡先生の慰霊祭が行われました。今回の慰霊祭が始まる前に集合場所となった新社高中で山岡先生に関する冊子本が参加者全員に渡され、その中に長年の疑問だった碑文の内容が掲載されておりやっと解明しました。では、その碑文を記し ...すべて表示すべて表示

(台中 21日 中央社)台中市・豊原区にある日本統治時代からの歴史的建造物「頂街派出所」が、 台湾初となる“旅行・文化派出所”として生まれ変わった。 豊原駅の隣にある同派出所は日本時代の1930(昭和5)年に建てられたもので、 ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事