ここから本文です
河内のくろどん
阿波国、行って参りました^^ノ

書庫全体表示

少々難儀なことがありまして只今帰宅しました・・・。
いや、少々とは言えないかもしれませんが・・・まさか出先で豪雨の中、バイクのエンジントラブルに苛まれ、立ち往生を食らう羽目になるとは夢にも思いませんでした


これが、昨晩23時頃です。

セルスターターがないCRMのキックレバーを何回蹴り降ろしたことでしょうか、幾ら試みようにも一行にエンジンが始動しないのです。
横殴りの雷雨の中で、雨天対策も疎かにした(カッパを忘れた)状態で、もはやこれ以上濡れないだろういうぐらいにびしょ濡れになったまま、ひたすらキックを繰り返しましたが、それも空しくやはり始動しません。

おそらく雨ざらしの状態でずっとバイクを放置していたのが原因でしょうか

それは兎も角として、バイクが走りそうにないので埒が明きませんので、仕方なく久しぶりにJAFさんお世話になろうとするにも、今日に限ってJAF会員証が手元に無いものですから、なんと言う不運でしょうか。

数年前に会員登録以来、今日という日だけに限って持っていないのですから、ついてないです。

更にどういうわけかめったに起こらない腹痛にまで襲われて、もう踏んだり蹴ったりです・・・( TДT)

流石にこの土砂降りの中を思いバイクを押して帰るのも億劫ですので、やむを得ず、友人に連絡がついたので、取り合えず車で身だけでも自宅まで送迎してもらって、JAF会員証を一旦取りに帰ることにしました。

その時点で携帯電話の電池残量は残り僅かでしたが、なんとか持ちこたえてくれました

30分程度待って12時過ぎ頃に友人が車で迎えに来てくれました(。≧Д≦。)

感謝感激雨あられです。
そして相変わらずの豪雨です。

そしてバイクを留地させたまま自宅戻り、会員証を取るとすぐに現地へと引き返しました。
そしてその道中にJAFに連絡して、事情を説明し、現地へ作業員を手配していただきました。

この時点でだいぶ気持ちが楽になりました。
もうこの頃には深夜を回っていました。

イメージ 2

現地に作業員の方が到着して、軽くバイクの状態を説明しました。
やはり水に濡れて一時的にエンジンがつかないという説が濃厚で、無理にエンジンを点火させたり、或いはバラして点検するよりかは、無難にレッカー車で自他まで搬送したほうが良いとのことでしたので、少々考えた結果、その意見に素直に従う事にしました。

そして作業員の人に改めてバイクを積める別のトラックを手配していただきました。
現地に到着するのは1時間少しかかるとのことでした。
どうやら今晩は非常に忙しいようで、常に車が出払っているらしいのです。

そして更に待つ事1時間、ようやくトラックが到着しました。
深夜2時を過ぎていました。
イメージ 1
すぐにバイクを荷台に載せて処置してもらって、ようやく自宅に搬送していただきました。

そしてJAFの作業員の方と、送迎など長時間付き合ってもらった友人等にお礼と感謝の挨拶をして、別れて帰宅したときには深夜3時を軽く超えていました。


時間は長くかかりましが、無事バイクを自宅まで持ってこれたので何よりでした(o´ω`o):.*°:..

徹夜明けの晩の出来事だけあって、何かと疲れましたので、今からゆっくり休みますw
おやすみなさい

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事