ここから本文です
浜甲子園 野鳥日誌
皆さん、今年一年お疲れ様でした。年の瀬を無事乗り切って良いお年をお迎えください。

書庫全体表示

白川20120114(野鳥編)

イメージ 1
昨日の白川ではアオシギを見ることが目的の一つでした。
双眼鏡で伊川の物陰や茂みを探しつつ歩いて行くと、巨大な望遠レンズを三脚にマウントした一群のカメラマンが目に入りました。アオシギは完璧なカモフラージュですので見つけにくい鳥ですが、小生も人々の隙間から撮影させてもらいました。デジスコシステムが故障したままで一眼レフのたかだか300mmの豆鉄砲に頼るしかなく、画像を盛大にトリミングしています。
ただ、私も含めてその周辺に居る人々の立てる足音や話し声でアオシギの警戒心が解かれないまま時間が経過し、本種独特の身体を上下に揺する仕草は見ることが出来ませんでした。帰り道もこの場所を通るので夕方ならアオシギの自然な姿を見られるのではという期待を込めて、この場所から早々に立ち去ることにしました。

いつもどおりしあわせの村に到着、ここで昼食時にカラ類の混群と遭遇、それまでアオシギ以外鳥らしい鳥を見ていませんでしたので、ちょっぴり溜飲を下げました。

イメージ 2
オオカワラヒワ(次列風切の白色部が明瞭)

イメージ 3
シジュウカラ

イメージ 4
ヤマガラ

イメージ 5
エナガ

このほかにアオジ、コゲラ、メジロ、などを観察しました。しかしツグミやシロハラ、ベニマシコ、ヒガラ、キクイタダキなどここの常連たちが全く見られません。貯水池には年によってはヨシガモやオシドリが渡来するのですが、それも見当たりません。ヒヨドリたちの声だけが響き渡ります。


しあわせの村の北端から西方に伸びる林道を散策中に、谷の下方のブッシュの奥でカサッ、コソッと落ち葉を踏む軽い音がします。音からすると2足歩行のようですのでキジ、ヤマドリ、コジュケイなど地上性の鳥と思います。息を殺して覗き込むのですが、姿を捉えることはできませんでした。まだ見たことが無いヤマドリだったら最高なのですが、神戸の里山という環境からしておそらくコジュケイかなと思います。

夕方5時頃帰る際に、アオシギのいた場所を再度確認したところ、最初と同じ場所でまだうずくまっていました。お昼前から夕方まで飲まず食わずでかわいそうに。

昨日の記事「白川20120114(植物編)」http://blogs.yahoo.co.jp/taimyrensis/61349528.html

この記事に

  • 顔アイコン

    アオシギ、初めてみましたが・・・
    籠城してるような姿がかわいそうでしたね。
    今日は、自由に飛べたでしょうか?
    フウ?の実(アメリカフウ?)がたくさんのオーナーメントのような可愛い枝に、これまた可愛いエナガ。
    とっても素敵ですね〜〜〜。
    すっごく楽しめちゃいました。画像欲しいです。うふふ^m^
    オオカワラヒワ、見たことがないです。
    この日は、こちらは午後から曇天になったんですが、そちらもそうだったのでしょうか?
    見上げた空は、真っ白で、映し出される木々はシルエットになり、当然のように、小鳥の姿もシルエットに・・・
    視力の悪い私には、まったくわからない状態でした。
    ジジュウカラも、ヤマガラも、この冬に姿をみていません。(寂)
    尾根で、ガサガサ・・・
    姿をみられなくても、心は舞い上がりますよね。(^_-)-☆
    ぽち☆

    たんぽぽ♪

    2012/1/15(日) 午後 8:46

    返信する
  • 顔アイコン

    たんぽぽ♪さん、☆ありがとうございます。
    こちらもこの日は午後から薄曇でしたので、こういう眠い画にならざるを得ませんでした。色がつぶれないように露出補正を掛けたり、順光になる位置に回り込んだりと可能な範囲で工夫はしたつもりです。オオカワラヒワは冬に全国に渡来していて、たぶん今の時期見られるカワラヒワは本亜種のことが多いです。次列風切の一部に白色部がはっきりと見えたら可能性大ですよ。

    鳥を見に行くとアオシギのような人間からストレスを受ける子に会うことが多いのが悲しいです。

    taimyrensis

    2012/1/16(月) 午後 0:52

    返信する
  • 顔アイコン

    大変ご無沙汰してしまいました。
    コメントを入れていただいたきり、今頃になってしまい申訳ありません。
    これに懲りず、今年もよろしくお願いします。

    今季の冬鳥は変ですね〜
    私も、まだツグミを見ていません。
    いつもならとっくに我が庭に来るのですが‥?

    KOKO

    2012/1/17(火) 午後 4:23

    返信する
  • 顔アイコン

    KOKOさん
    こちらこそ、よろしくお願いいたします。(^^)

    冬鳥はやはり異変を感じますね。こんなに静まり返った山は初めてでした。移動が遅れているだけならいいのですが。

    taimyrensis

    2012/1/17(火) 午後 9:13

    返信する
  • 顔アイコン

    年末年始に行ってみましたが、青シギは見られませんでした。2〜3年前までは青シギダンスを見ることができましたが、本当に最近はどこへ行っても鳥が少ないです。 ただし、オシドリの来る池の近辺には、毎回ハイタカを見ることができました。

    鳥見神戸

    2012/1/20(金) 午後 11:11

    返信する
  • 顔アイコン

    鳥見神戸さん、コメントありがとうございます。
    この日は本当に野鳥が見られず、寂しい一日でした。そちらも同様ですか。暖冬だからでしょうかね。最近こういう心配をすることが多いような気がします。
    またアオシギの周囲で静かに観察できないマナーの悪い輩がいましたので不愉快でした。この白髪で長髪のオッサンはよく見る顔です。

    taimyrensis

    2012/1/21(土) 午後 0:56

    返信する
  • 顔アイコン

    アオシギって見た事がないです。ややくらい中で良く見つかりますね。ジシギ類ってほんとに見つけにくいです敏感だしこちらが気が付く前に相手の方に気がつかれてバサバサっと逃げられて驚くのパターンです。
    小鳥系も今年はあまり撮れないですね。シロハラは先日やっと撮りました。☆☆☆

    やすこ

    2012/1/21(土) 午後 10:14

    返信する
  • 顔アイコン

    yasukoさん、☆ありがとうございます。
    シロハラはまだこの冬じっくりと見たことがありません。例年は里山の主役ですけど、今年はどうしたんでしょうね。

    taimyrensis

    2012/1/22(日) 午後 8:33

    返信する
  • 顔アイコン

    taimyrensisさんまあ!まあ!!どこにでもそのような輩がいます。関東にはもっとたくさんいますよ 鳥より多いかも??鳥1羽に何百人と集まることも・・・・ 鳥がかわいそうになります。

    鳥見神戸

    2012/1/22(日) 午後 10:31

    返信する
  • 顔アイコン

    鳥見神戸さん
    同感です。私も寄って写真を撮りましたので、あまり偉そうなことは言えません。

    taimyrensis

    2012/1/23(月) 午後 9:23

    返信する
  • 顔アイコン

    ちょっと可哀相なアオシギ。
    そのうちだんだん慣れてくるのでしょうかね。
    いつか見てみたい鳥さんですが、現地では他のジシギと見分けがつかなそうです(汗)。

    [ まめわらびー ]

    2012/1/25(水) 午前 0:26

    返信する
  • 顔アイコン

    まめわらびーさん
    人間のほうこそ、そばに寄らせてもらっているという気持ちを持たなければならないと思います。
    人だかりを利用して鳥を見つけるのではなく、自力でこのような見つけにくい鳥を発見したら、感激も格別なものがあるでしょうね。

    taimyrensis

    2012/1/25(水) 午後 10:03

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事