ここから本文です
ほよよんタイワン 〜きまま台湾・街散策〜
今年のマンゴー出来がいいデスー、香りも豊か♪もうすぐ端午節、いよいよ本格的な真夏へ突入。

いよいよ今回の旅の最終&最大の観光目的地〜〜〜!!!
蝙蝠洞」へ。

の、前に。

コチラの今までのすべての行程は、実はホテルのタクシーチャーターを利用しましたー。

というのも、このあとまた別のホテルへ移動したことや(つまりは宿泊の荷物を持ったまま移動)、ホテルからこの蝙蝠洞すぽっとまでの公共交通機関がなかったこと。
そして、大渓老茶廠→小鳥來の絶叫橋→蝙蝠洞→また別のホテルへの長行程でも、ご相談したところ1時間で600元/4時間半で2700元でOKとのことでしたので、気軽に利用してみました^^。
(ウェスティンにまた戻る場合はおそらく4時間で行けると思いますー。)
上記観光すぽっと以外にも、ホテルのすぐ近くには「大渓老街」もありますーそちらも織り交ぜてゼヒゼヒ行かれてみてくださいー。



                   で。



イメージ 1









  遊歩道入り口でタクシーを降り。












イメージ 2








   そこから歩くこと20分。













               見えてきたのは・・・



イメージ 3




















イメージ 4

















                  この滝!!!


イメージ 5


イメージ 6









    このほら穴!












イメージ 7





















イメージ 8







  以前、大量のコウモリが住み
  着いていたコチラのほら穴。

  今ではその数は激減してしまい
  ましたが、この神秘的な空間が
  なんともステキで  








イメージ 9







  以前に大変な思いをしていった  
  「杉林渓」を思い出しますー、
  それに比べたらこちらはかなりの  
  好アクセス  










イメージ 10






















         実は10年ほど前から存じ上げていたのですが、
        そのころは他に特にめぼしい観光すぽっともなく。


イメージ 11


今回偶然にもウェスティンを発見したことや、大渓老茶廠などもうまく回ることが出来そうな立地であることも探し当て。
イッキにまとめてうかがうことが出来ました〜   


こういったフシギヒーリングすぽっと、大好きです〜  、とっても癒されマス   


イメージ 12






 タイワン、野良さんも。
 とっても癒し系(笑)

 ノラとは思えませんー
    

 イヌものんびり  
 








     そしてのんびりと言えば、タクシーチャーターのだいご味、


イメージ 13


            運ちゃん!!!そこで停めて!!


イメージ 14



         道端のお店でテキトーにお買い物   



イメージ 17









  初めて見ましたー、
  「人参果」










イメージ 18







  ナスの仲間?と思ってみて
  いたら、フルーツだそうで。

  「ボクはナスではありませんー」
  と、注意書きがしてありました
    











             そして運ちゃんからも。
「このあたりで有名な、美しい橋を紹介してあげるから!降りて写真撮ってきて!」                       
                   と。
    
         ザッツ タイワンサービス(笑)  




イメージ 15





















イメージ 16







 ピンクの橋が以前使っていた橋で、  
 赤い橋は現在の橋?とか
 なんとか?
 熱弁していらっしゃいましたが、
 さほど重要なインフォメーション
 でもなさそうだったので
 忘れてしまいました・・・
   











人も景色もイヌものんびり。

台北からMRTで行けるステキな小旅行。

おでかけください〜   




桃園三民蝙蝠洞
桃園市復興区桃園市復興区三民村東側五寮溪溪谷内
バスでは大渓より桃園客運バス「蝙蝠洞」行き、終点下車。


この他にご紹介してきた観光すぽっと&ホテル
・大渓老茶廠
・小鳥來絶叫橋
・ウェスティン ダーシー リゾートホテル 桃園





ほよよん&のんびり
ひとりでもたくさんの方に、タイワンのステキな情報を
↓コチラのアドレスにぽち。お願いします^^
 

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事