全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

 バトンがポール・トゥ・ウィン! OPラップで多重クラッシュ発生

9月2日(日)
晴れ/ドライコンディション 気温20℃ 路面温度33℃
順位 ドライバー         チーム          タイム(ギャップ)  周回 予選
 1   ジェンソン・バトン     マクラーレン           1:29'08.530        44     1
 2   セバスチャン・ベッテル   レッドブル             + 13.624        44    10
 3   キミ・ライコネン      ロータス・ルノー           + 25.334        44     3
 4   ニコ・ヒュルケンベルグ   フォース・インディア         + 27.843        44    11
 5   フェリペ・マッサ      フェラーリ              + 29.845        44    14
 6   マーク・ウェバー      レッドブル              + 31.224        44    12
 7   ミハエル・シューマッハ   メルセデスAMG            + 53.374        44    13
 8   ジャン-エリック・ベルヌ   トロ・ロッソ             + 58.865        44    15
 9   ダニエル・リチャード    トロ・ロッソ           + 1'02.982        44    16
 10   ポール・ディ・レスタ    フォース・インディア        + 1'03.783        44     9
 11   ニコ・ロズベルグ      メルセデスAMG           + 1'05.111        44    23
 12   ブルーノ・セナ       ウィリアムズ           + 1'11.529        44    17
 13   小林 可夢偉        ザウバー                 + 1 LAP        43     2
 14   ヴィタリー・ペトロフ    ケータハム               + 1 LAP        43    19
 15   ティモ・グロック      マルシャ                 + 1 LAP        43    20
 16   シャルル・ピック      マルシャ              + 1 LAP        43    22
 17   ヘイキ・コバライネン    ケータハム               + 1 LAP        43    18
 18   ペドロ・デ・ラ・ロサ    ヒスパニア               + 1 LAP        43    21

      ナレイン・カーティケヤン  ヒスパニア             アクシデント    29   24
      パストール・マルドナド   ウィリアムズ           アクシデント    4    6
      セルジオ・ペレス      ザウバー               アクシデント    0    4
      フェルナンド・アロンソ   フェラーリ           アクシデント      0     5
      ルイス・ハミルトン     マクラーレン            アクシデント    0    7
      ロマン・グロージャン    ロータス・ルノー        アクシデント    0    8
イメージ 2

 可夢偉 スタートミス&多重クラッシュの影響によりポイント圏外へ

小林 可夢偉

予選があんなに良かったのに、ひどいレースリザルトです。スタート後は背後からクルマが飛んできてどうすることもできませんでした。修理のために1度ピットインしましたが、その7周後にスローパンクチャーのためにまた入らなければなりませんでした。レース中はクルマにどこまでダメージがあるか分かりませんでしたが、コックピットにタイヤプリントがついているのは見えました。パルクフェルメでようやく遅かった理由を理解しました。サイドポッドやボディワークの一部がなくなっていたんです。スタート前はスモークのためにずいぶん注目を浴びてしまいました。ブレーキが加熱していたんですが、それでも何とかレースをフィニッシュできました。思った以上にホイールスピンを起こした理由は分かっていないので、それも調べてみます。
イメージ 3

イメージ 4

 グロージャン 1戦の出走停止処分

 ベルギーGP決勝レースのスタート直後に発生した多重クラッシュを受けて、スチュワードはグロージャンに1レースの出走停止処分と共に、5万ユーロ(約493万円)の罰金を科している。 

 ロータスは上訴する権利を有しているが、上訴しない場合、代役ドライバーを指名することが可能となる。今のところサードドライバーを務めるジェローム・ダンブロジオが起用される可能性が高そうだ。
 スチュワードによる声明は以下の通り。
スチュワード団は本件が他者を傷つける可能性があった重大なレギュレーション違反であると考える。本件ではチャンピオンシップをリードする主要なドライバーがレースからの離脱を余儀なくされた。スチュワードはチームがドライバーの行動について非常に重大な誤りであり、判断ミスだったと認めた点を明記しておく。チームおよびドライバーともに今回の処分に対して軽減を求めなかった。 
イメージ 5

 マルドナド 次戦10グリッド降格処分

 ウィリアムズのパストール・マルドナドはジャンプスタートとティモ・グロックとの接触によって2つの5グリッド降格ペナルティが科された結果、来週のイタリアGPの予選結果から10グリッド降格される。 

 ジャンプスタートは見た目に明らかで、レースディレクターのチャーリー・ホワイティングはマシンたちがグリッドを離れるのを見た際にすでに首を振っている。さらにレースリスタート時にグロックのマシンと接触。この接触でフロントウイングにダメージを負ったことから、マルドナドはレース半ばにしてリタイアしている。 

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事