ここから本文です
支笏湖レイクトローリング

書庫全体表示

Surface Pro2をWin10(1709)にアップデート後、タッチキーボードが英字配列になってしまい、以前のフルキーボードスタイルに戻らなくて悩んでいましたが、やっと解決しました。

■追記 2018.1.9
2018年1月4日配信のWindowsアップデート KB4056892にて、タッチキーボードが109キーボードの標準レイアウトをサポートしない問題が修正されました。   https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4056892/windows-10-update-kb4056892

英字配列のタッチキーボード
イメージ 1



原因はMicrosoftの仕様変更 ヽ(゚Д゚)ノ(怒)
「ハードウェア キーボードに準拠したレイアウト」の選択項目が無くなりました。
私は30年来のかな入力使い、使いづらいったらありゃしない・・・


フルキーボードスタイルにするにはレジストリを弄るしかありません。


■お約束・・・自己責任で、レジストリーのバックアップをしてから


レジストリエディターを起動し、以下のアドレスに移動
\HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\TabletTip\1.7


新しいレジストリ値を作ります
イメージ 2
右クリック/新規/DWORD(32ビット)値


名前を「DisableNewKeyboardExperience」にします
イメージ 3


新しく作った「DisableNewKeyboardExperience」を右クリック/修正
イメージ 4


値のデータを「1」にします
イメージ 5
レジストリエディターを終了し、PCを再起動

これでタッチキーボードでフルキーボードスタイルを選択出来るようになります。
イメージ 6


■但し入力フォームをクリックしても自動でタッチキーボードが現れないので、
タスクバーにタッチキーボードボタンを表示させておいた方がいいと思います。

表示のさせ方はこちら
イメージ 8
タスクバーを右クリック


こちらはスクリーンキーボード
イメージ 7
こちらに仕様の変更はないようですが、まず使いません・・・

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事