「Yahoo!映画」が育んだタイヨウ1号ブログ

映画ブログではじめましたが最近は暗中模索な歴史・旅コラムばっかりで。。

全体表示

[ リスト ]

暗号国家

日本語のコミュニケーションというのは難しいですな。
そのまま正直に答えても、決して正解ではなく、喜ばれない。

昔、大村益次郎という人がいて、
つまりこの人は明治期の日本陸軍の創設者ですが、
彼が夏に田舎の山口に帰って、田舎道を歩いていると、
百姓のおばちゃんとかに出くわす。。。

おばちゃん:「お暑うございます。」

大村:「夏は暑いのが当たり前です。」

(はぁあ?)

おばちゃん、ギョッとして大村を見ると、
大村は何か不都合でも?という
顔をしている。

官軍一の知将の論理脳は「お暑うございます。」を
「あいさつ」とは判断しなかったらしい。

無粋である。


時代は下って現代。
美容院などに行くと、まず言われる。
「どれくらい切りますか?」

この質問にまともに答えられたためしがない。

(なんだ、つまり何センチと言えばいいのか?)

(でも、場所によって切る長さなんぞ違うだろーが。)

(だいたい、何でこの髪型前提で話すのか。
 まず、どういう髪にしましょうか?じゃないのか!)

(いや。無粋はいかん。)

いや、無粋はいかんと思いつつ、一度ならず頭に思いついた
これらの返事を美容師にしたことがあります。

当然、「はぁあ?」みたいな顔をされ、その後トークにも華が咲かない
わけです。

でもね、
「どれくらい切りますか?」

に対して、

「あー、短めで。」

「あー、アフロで。」

「あー、ソリ入れて。」

なんていうのは会話ですかね。
暗号ですよ。
(やっぱり、これも「あいさつ」の部類ということか。)

じゃ、
「どれくらい切りますか?」
「おはようございます。」

子供か、オレは。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事