「Yahoo!映画」が育んだタイヨウ1号ブログ

映画ブログではじめましたが最近は暗中模索な歴史・旅コラムばっかりで。。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1

★トヨタ2000GT 誉れ高き日本のスーパーカー、唯一のボンドカー。
 長いボンネットに収まる直列6気筒エンジンはヤマハ製。


浜松という立地はヤマハにとって大きな意味を持つでしょうね。

戦後雨後の竹の子の如くあの辺りに小さなバイクメーカーが次々と興り
(ほとんどつぶれますが)、
その流れでヤマハもバイクに手を出すわけですが、近所には日本のエンツォ・
フェラーリ、本田宗一郎もいた。
一方、ちょっと西に行くと天下の商売上手、トヨタもある。
時代の流れで紆余曲折しますが、ヤマハはこの2つの強烈な個性に挟まれつつ、
独自の柔軟さで存在価値を保ち続けています。

トヨタとは市場が微妙にわかれてまして、というか自動車一徹のトヨタに対して
何でも屋のヤマハですから、当たり前なんですが、友好的な協力関係を築いてます。

知る人ぞ知る事実としては、トヨタの高性能エンジンはその昔のトヨタ2000GTから、
ごく最近のスープラまでヤマハ製ですからね。そのへんはあんまり言わない奥ゆかしい
ところがヤマハらしいと思うのですが、しかしなんでまた何でも屋のくせにそんなに
技術力が高いかというと、2輪があったからに他ならない。

で、その2輪。
東となりのホンダとは常に事を構えてまして、何十年も本気でやり合ってる。
この2社は比較すると実におもしろく、
「高回転エンジンのホンダ」であれば「ハンドリングのヤマハ」といい、
「4ストのホンダ」とくれば「2ストのヤマハ」であり、
走る実験室・ワークス主義のホンダに対しては、技術解放・市販レーサーのヤマハという感じ。

つまり右といえば左みたいな関係性があるのです。

基本はね、常にホンダがリードしてるんです。
でも、毎度毎度、あまのじゃく的に微妙に違うアプローチをしてるのが実を結んで、
たまにヤマハはホンダに一泡吹かせてます。

SRとかTWみたいな、お店やお客、いわゆるセカンドマーケットが盛り上がるような
バイク作りを、何でヤマハはできて、ホンダは苦手としてるか、という事実は何がしか
語ってると思いますね。

イメージ 1

世にも不思議な企業がヤマハでして。。。

バイクからピアノ、バドミントンのラケットから巨大クルーザーまで。
なんでも作ってる。
ドメインなし。
器用貧乏というには余りに大企業、貧乏なわけはない。

あれは山葉 寅楠(やまは とらくす)って人が創業者、
紀州和歌山の出だそうです。
何という名前でしょうか。

紀州というのはその昔、漁師で有名な地帯で、現在使われてる
ほとんどの漁法と釣具はあそこが発祥の地だそうで、
なんとなく創意工夫のメッカな匂いがします。

ヤマハは、三本音叉のマークに見られるように楽器が最初で、
きっかけは浜松の尋常小学校で壊れたオルガンの修理に成功したので、
そのままオルガンを作り出したという、なんとも“ちょうどよい”始まりなわけです。

その後、楽器をいろいろ作るんですが、ピアノ製造に代表される木工技術が
あるってことで、戦闘機の需要拡大に合わせてプロペラなんかを作り始めます。
あの微妙な曲線はそこらの大工には出せません。

さらにプロペラが鉄製になると、それまでのノウハウを生かして鉄製プロペラ、
つまり軍需産業にはまります。
その鉄加工技術が結局は戦後、オートバイの生産につながり、内燃機関を用いる
あらゆる産業、はては半導体まで増幅するわけですが、どうですか
この、「いきあたりばったり感」、「わらしべ長者感」。
さらにそれを難なく乗り越える小器用さ。紀州の血としか思えません。

紀州といえば、吉宗で有名な紀州徳川家。
さらに会社の本拠地の遠州・浜松は家康の元領地。あの三本音叉のマークは
徳川家の家紋「三つ葉葵」と無関係ではないように思えます。
三つ葉葵も水戸、尾張、徳川宗家と家家によって微妙な差があることで
知られていますが、三本音叉も楽器のヤマハとバイクのヤマハでは微妙に違っていて
YAMAHAのMの真ん中の部分の長さが違うようです。

(続く)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事