映画『タイヨウのうた』公式ブログ 「タイヨウ兄弟がいく!」

「歌う宣伝」を目指す2人の宣伝マンがのた打ち回る完全リアル・ドキュメント・ブログ!!

タイヨウ兄弟 冒険篇

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7


タイヨウ2号です。

さっきのサンボマスターでもはや完全に放心状態。なので予定を変更してベンチみたいなトコでプチ休憩。

すると他のお客さんと一線を画するテンションの方々に出くわす。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/e5/26/taiyo_brother/folder/1285540/img_1285540_17726556_0?2006-08-19

「永ちゃん!(ホイッスルで)ピッピー! 永ちゃん!(ホイッスルで)ピッピー!」。

そう、この日の大トリである矢沢永吉(以下、永ちゃん)のファンの方々だ。その中に白いスーツ姿の“永ちゃんルック”なヒトがいて、行きかう人々が記念撮影してる。

うぉ、ボクらも、ボクらもお願いします!

で、「こういう時の決めポーズとかありますか?」とボク。すると、「う〜ん、そうね、じゃあ“サイコー”で」。

以下が“サイコー”(まだ出来てない)。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/e5/26/taiyo_brother/folder/1285540/img_1285540_17726556_1?2006-08-19

これがナゼだか非常に嬉しくてタイヨウ1号さん達とワイワイしたあと、改めてゴハンを食うべく歩き出すと、「あ、タイヨウ2号さんですか?」。

聞けば、このブログによくコメントをお寄せ頂いているナカさん。すかさず握手を交わして記念撮影。もちろんポーズは“サイコー”(さっきより上手くなってる)。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/e5/26/taiyo_brother/folder/1285540/img_1285540_17726556_2?2006-08-19

で、とんこつラーメン(激ウマ)とホットドック(鬼ウマ)を食べた後、ナカさん同様このブログにいつもコメントをお寄せ頂いているCROWさんや、YUIちゃんライブ後に遭遇したタイヨウ姉妹【妹】も合流して、テントでひと休み。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/e5/26/taiyo_brother/folder/1285540/img_1285540_17726556_3?2006-08-19

さらにバレーボール大会に突入。ボールはタイヨウ姉妹【姉】が持参してきてくれました。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/e5/26/taiyo_brother/folder/1285540/img_1285540_17726556_4?2006-08-19

じつはボクは中学時の3年間バレー部でしたからね(練習せずに1年にタバコ吸わせたりするダメな副キャプテン)、チョロいもんです。

と、思いきや、肉体と言うのは本人の自覚ナシで確実に衰えているモノでして、アスファルトの上で思いっきりコケる。

で、肘から出血! 音楽を聞きに来たのに、どうして血が出てるんだろ…。

一瞬心が折れそうになりながらも、とはいえ何だかこのバレーボールは恐ろしく楽しく、結果的には誰よりもハッスル(翌日、ここ数年味わっていなかった重度の筋肉痛に苦しむ事など知る由もなく)。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/e5/26/taiyo_brother/folder/1285540/img_1285540_17726556_5?2006-08-19

そんなこんなで数時間。気付けば日もすっかり落ちて、いよいよこのイベントの最後を飾る矢沢永吉のライブが始まるワケですが…、す、スイマセン、それは次回記事にて!

これでも出来事をザクザク端折ってるんですが、それでも長くなっちゃってですね、次回こそ「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2006」のレポート最終回です、たぶん!

でもですね、もはや永ちゃんはボクらの想像を遥かに絶するほど、もう完全にハンパじゃなかったですよ!!

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/e5/26/taiyo_brother/folder/1285540/img_1285540_17726556_6?2006-08-19


【続く】


■映画『タイヨウのうた』現在上映中の劇場一覧(もうすぐ公開終了です!)
http://blogs.yahoo.co.jp/taiyo_brother/17417496.html

■タイヨウ兄弟にギターを提供してくれた世界最強のギターブランド「Fender」さんの公式HP
http://www.fender.jp/

■タイヨウ兄弟にギターを教えてくれた世界最強の楽器講座「Q−sai@楽器挫折者救済」さんの公式HP
http://www.q-sai.net/index.html

■XP難病指定 署名活動
http://www.geocities.jp/xp_shomei/

開く トラックバック(2)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

その1/その2/その3/その4/その5からの続きです】

タイヨウ2号です。

YUIちゃんのライブが終わってタイヨウ姉妹【妹】に遭遇し、ちょっとみんなで小休止…、なんてワケにはいきません。

ナゼならこのあとすぐサンボマスターのライブでございます。

とはいえ例の「テントの目印ポスター忘れた事件」も気になるワケですが、そこはさすがタイヨウ1号さん。さっきまで食卓として使用していた発泡スチロールを再利用して、こんな看板を。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/e5/26/taiyo_brother/folder/1285540/img_1285540_17708892_0?2006-08-18

で、こんな風に。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/e5/26/taiyo_brother/folder/1285540/img_1285540_17708892_1?2006-08-18

もちろん皆様ご察しの通り、ほんの微風でも余裕ですっ飛んでいくほど脆弱なモノだったワケですが、ひとまずこれを消極的解決として、サンボマスターのステージへ。

ただこれYUIちゃんがやってた“サウンド・オブ・フォレスト”というステージと、サンボの“グラスステージ”の間がやたら遠いワケです。たぶん1.5キロぐらい(どんぶり勘定)。

しかもさっきの看板の設置に思いのほか時間を食ったせいで、サンボのステージが見えてきた頃にはサンボが出しているのであろう爆音と、ボーカル&ギターの山口隆の叫び声が聞こえてくる。

急ぐ。やっと着く。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/e5/26/taiyo_brother/folder/1285540/img_1285540_17708892_2?2006-08-18

で、驚く。

山口がライブのスタートを告げるイントロ代わりの「あの鐘を鳴らすのはあなた」をガナッてる横で、ベースの近藤洋一が顔面からステージに突っ伏してピクピクしてる。

いったい何があったのかは不明なものの、もはやサンボの3人はドえらいテンションで、完全にレッドゾーンに突入済み。

ふと気付けばこの日(08/06)って広島に原爆が落とされた日なんですよね。実際この日の1曲目は“歌声がおこって悲しみを終わらせてくれ”と歌う、『歌声よおこれ』でした。

セットリストは以下。

 Р寮爾茲これ
◆Ю捗婉諺曲
:愛しさと心の壁
ぁЮこΔ呂修譴魄Δ噺討屬鵑世
ァЯ瓦討量襪帆瓦討猟にタンバリンを鳴らすのだ
ΑЪ蟷罅鼠茲燭襪戮音楽として〜
АГ修里未もりに用がある
─Х遒忘蕕花のようになるの

この日のサンボは、少なくともボクが今まで観たサンボのライブ(ナマ/映像)の中で、一番スゴかったです。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/e5/26/taiyo_brother/folder/1285540/img_1285540_17708892_3?2006-08-18

「サンボのライブはイイ」というのは良く言われていますが、曲や音や演奏の素晴しさも然ることながら、それ以上に彼らがステージ上から放射するエネルギー自体が極めて雄弁で、こちら側に多くの事を語りかけてくるみたいなトコがあるんですよね。

で、この日はそのエネルギーが、もう何だか分からないぐらい圧倒的に爆発しまくってて、もう良いとか悪いとかのレベルじゃなく、あまりにもスゴすぎる。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/e5/26/taiyo_brother/folder/1285540/img_1285540_17708892_4?2006-08-18

ちなみにですね、サンボ大好きなんですが、彼らが「ロックで世界を変える」と言っているのに対して、じつは心の底からは信じ切れない部分があるんです。

「そんな事ってホントにできるのかなぁ」と。

例えばこの日のライブの終わり際、観客から自然発生的に「愛と平和」コールが起きたんですが、あれにしても(もちろん多少なりとも“サンボに心動かされた”というのがあるにせよ)、「この場が楽しけりゃいい」とか、「みんなと同じようにやっとけばOK」とか、「考えるのとか面倒くさいし」とか、「金払ってるんだしひとまずノリで楽しんでおかないと損」とか、そういう類の人達の方がむしろ多かったと思うんですね。

どんなイベントでも大体そうですが、あの「愛と平和」コールにしても、観客の貧乏根性から発生しているというか、もっと端的に言ってしまえばウソだと思うんです。

むしろ「愛と平和」云々からは程遠い対極の世界なんじゃないかと思うし、そんなとこにサンボが何を歌ってもムダなんじゃないかと。

でもサンボはそんなのとっくに消化してるというか、許容しているというか、だってその光景を目の前にして、最後に山口はこう言ったんですよ。

「アンタがた、生まれて(きてくれて)ありがとよ!」

な、ナゼそんなに人を徹底的に肯定しきる事ができるんだろうか?

もうですね、ボクなんてまったくサンボを理解しておらず、むしろナメてたのかもです。

このバンドは、ボクのようなしょーもない人間の理解など及ばない次元で、揺るぎない圧倒的な確信と覚悟を持って、世の中にロックンロールを鳴らし続けてるワケです。いつも「オレは諦めねぇぞ!」って叫びながら。

さっきの山口の「アンタがた〜」という言葉を聞いて、それがハッキリと分かった瞬間、不覚にも感極まって涙が込み上げてきましたよ。

しかもこのヒト達って、自分達を中心に巻き起こる感情や現象に対してまで、責任を持とうとしてますからね。それこそボクの涙にさえも責任取ろうとするような過剰な誠実さを、ブレない軸として持ちながら音楽やってるんですよ。

もうワケが分かりません。分かんないから観続けるしかないワケです。

“音楽だけじゃなく、世界を変えうるもので世界は包まれているのだ!!”

雑誌で「音楽で世界は変えられると思いますか?」と問われた時の山口の回答っす。つまりサンボは“世界を変えうるもので世界は包まれている”事を信じ、自分達の音楽がその媒介/触媒としての役割を果たすべく、とてつもない情熱と気迫と誠意を持って取り組んでるんですね。

“本当にできるかどうか”もそうですが、それより、そんな途方も無い作業(本人達はそう思ってないかもですが)を本気で、クソ真面目に、それこそ自分の全存在をかけてやっているサンボを、ボクは熱狂と観察をもって、どこまでも観続けるしかないワケでございます。

確かにカッコ悪くてモテなそうなバンドですが(実際この日のMCで「先日ある女性と下北沢でデートをしたんですが、当年取って30歳のワタクシ山口、手ェすら握ることが出来なかったワケですよォ!」と叫んでました)、とにかく皆様、一度でいいからこのバンドを観て頂きたいです。

あ、何だったら、ひとまず歌詞読んでください、歌詞!

Yahoo!ミュージックで上記 銑┐硫了譴すべてご覧頂けます(コチラ)。サンボが何を歌ってるのか、ひいてはこの日のセットリストにどういう意味があって、この8曲で何を伝えたかったのかお分かりになると思いますので。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/e5/26/taiyo_brother/folder/1285540/img_1285540_17708892_5?2006-08-18

てか、いま思い出しましたが、これ“映画『タイヨウのうた』公式ブログ”ですが、ダハハ。

なのでレポートに戻ります。

そんなこんなでサンボがスゴすぎて他の観る気がしなくなったので、予定を変更してここで小休止。

もうあとはゆっくり楽しんでいこうと思っていたワケですが、この日の最後の最後、あまりにもトンデモナイお方を目の当たりにしてしまうワケです。

そのお方の名は…、そう…、YAZAWA…!!


【続く】

※この「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2006」レポート長くなってスミマセン。次回で終わります。もう何のブログだか分かんなくなってきましたが。


■映画『タイヨウのうた』現在上映中の劇場一覧(もうすぐ公開終了です!)
http://blogs.yahoo.co.jp/taiyo_brother/17417496.html

■タイヨウ兄弟にギターを提供してくれた世界最強のギターブランド「Fender」さんの公式HP
http://www.fender.jp/

■タイヨウ兄弟にギターを教えてくれた世界最強の楽器講座「Q−sai@楽器挫折者救済」さんの公式HP
http://www.q-sai.net/index.html

■XP難病指定 署名活動
http://www.geocities.jp/xp_shomei/
1号です。いよいよです。
会場はもう人、人、人、あー、人だらけ。。

「ああ!I※さん!」2号がソニーさんのYUIちゃん担当の方を発見!
Iさんたら、麦わら帽子ですよ!リゾートですよ!コパカバーナです。
(※ロボット潜入〜後編を参照。http://blogs.yahoo.co.jp/taiyo_brother/5006117.html)
「ああ!Kさん!」またまた2号がソニーさんYUIちゃん担当の方を発見!
Kさんはサングラスでばっちりきめてましたね〜。
それに比べ、ウチらったらタオル巻いて稲刈りの農夫のようです。

「いろいろありがとうございます!」
「兄弟さん、前でみてくださいね!」
「はいー!」

ズンズン前へ。
おおお〜!すごい人だぁ〜!
(YUIちゃんはこんな人数の前でやったことないんじゃないか?)
そんなこと思ってるうちに「うぉー!」怒涛の歓声。
バンドのメンバーが出てきました。
続いてYUIちゃん!ピッ、ピンクのTシャツでした!
(どこに興奮してんねん)

イメージ 1

「あー、YUIって、あんな娘なんだぁ〜」
「かわいいんだねー。」
後ろのカップルが話してました。
(そうだろそうだろ、当たり前だろ!うちのYUIの曲きいてびびんなよー!)

今、ハッキリ認識しました。私はYUIちゃんのファンというより、YUIちゃんの近所に住んでるおじさんなのだということを。。。

むぉ!はなっから「It's happy line」じゃんか!!

イメージ 2

セットリストです。
1.It's happy line
2.Merry・Go・Round
3.feel my soul
4.ローリングスター(未発表新曲)
5.LIFE
6.Good-bye days
7.TOKYO

イメージ 3

いきなり、今回のイベントの最後に立った永ちゃんの話になりますが、
冒頭のMCで彼は「今日はこのあとYAZAWAを紹介します。ヨロシク・ネ」といってLIVEはじめたんですね。
つまり、あれですね。アーティストにとって、このテのロックフェスっていうのは結構、プレッシャーを伴うんじゃないですかね。観てるのはファンだけじゃないし、曲知らない人もいっぱいいる。
一応熱気に浮かされて盛り上がるは盛り上がるけど、いいLIVEができて、気に入ってもらえるかというと
微妙に違ったりするわけで、あのYAZAWAでさえ、そういう緊張感の中で、大勢のお客さんと対峙する。

だったらYUIちゃんがそうでないわけがない。
だから今回は彼女からすごいパワーを感じました。
雑多なファンの群れをひとつに世界に引き込むっていうのはもう力仕事ですね。
近所のおじさんとしても、これは協力しないわけにはいかない。勝手に力入りましたね。


ガンガンいく。
「Merry・Go・Round」、新曲の「ローリングスター」。派手な曲が目立ってました
ROCKなYUIですよ!ストラトを手にちょっと新しいギターアクションも入って、
んんー!いいぞ!

で、MC。
独特の間(ま)に会場から声が飛ぶ。
「YUIぃー!(がんばれー!)」
「YUIぃー!(俺がついてるぞ!)」
「YUIぃー!(博多弁でいけー!)」
多分こういうカッコ内のメッセージがこもった「YUIぃ-!」なんだと思います。
そういうのにいちいち応えてるYUIちゃんもかわいく、会場全体私同様おやじ気分です。

私も思わず叫んじゃいました。
「YUIぃー!(タイヨウ兄弟です!きましたよ!)」。

何故か無視されましたが。。。


とどめの「Good-bye days」「TOKYO」はよかったなー。
ストラト・キャスターからアコギに持ち替え(あのギター俺ひかせてもらったんだよね〜、うー(涙))
あの、何百回も、いやそれ以上練習した前奏が流れると、暑さを忘れた。

♪だから〜、今〜逢いに行く、そう決めたんだー♪

振り向けば会場全体「納得、納得」の顔。
(どうだ見たか!これがYUIちゃんだぞ!)
と完全に勘違いの保護者づらの私。

ともあれ、サウンドフォレストはその時、演る者と観る者の創り出した一つの世界になってた。
これは勘違いじゃないでしょう。

YUIちゃん、タイヨウの下でも、ドスン!と心に残るステージでしたよ。


【続く】


■映画『タイヨウのうた』現在上映中の劇場一覧(もうすぐ公開終了です!)
http://blogs.yahoo.co.jp/taiyo_brother/17417496.html

■タイヨウ兄弟にギターを提供してくれた世界最強のギターブランド「Fender」さんの公式HP
http://www.fender.jp/

■タイヨウ兄弟にギターを教えてくれた世界最強の楽器講座「Q−sai@楽器挫折者救済」さんの公式HP
http://www.q-sai.net/index.html

■XP難病指定 署名活動
http://www.geocities.jp/xp_shomei/

開く トラックバック(1)

イメージ 1
もうタイヨウは真頂上、暑い。YUIちゃんの待つ会場へ、ぐだぐたで歩いてます。

タイヨウ1号です。
あ〜、ひっぱったな〜。。。
ゆうめし、グループ魂。
すげえうまかった、おもしろかったってことですが、なんかもう書き出すと
「スラムダンク」的に長引く傾向にありますね。
なかなかYUIちゃんまでいきつかない。

YUIちゃん。3日目12時20分。
ひっぱったグループ魂をやっと抜け、別会場(サウンドフォレスト)まで、競歩。
遠い、暑い。
なかなかYUIちゃんまでいきつかない。

いよいよ会場近いぞ。。
「あの〜アタシ」
(なんじゃい!マネ2号)
「アタシぃ〜、後ろの木陰で見ることにしますぅ。」
(なんだ紫外線か?そんな顔まっちろに塗っといて、それでも気になるか?
それともダレたか?ふんっ、千葉生まれはだらしないのう。)
「あ、はい。」
と暑さゆえか、開演時間が近づいてるせいか、肉の食い過ぎなのか短気な返答をする私。
なかなかYUIちゃんまでいきつかない。

しばらくするとポカリの出店が。。。
「ああ〜ポカリのみてぇ〜!」
お店のおねえさんを見てたら、ふとその横にあったMATCHに目が行き、そっちを買う。
甘い。甘すぎ。失敗。
なかなか、、
と思って後ろを振り返ると森の中のステージ、サウンドフォレスト。
実に既に超満員。どどーん。
「おお!YUIちゃん!」
ってか、まだ始まってないんですが、
今までの遠い道のりも、うだるような暑さも、MATCHの甘さも忘れ、一気にヒートアップです!
いくぞ!タイヨウ2号、タイヨウ49号、タカハシさん、ta98さん!

イメージ 2

すいません。またひっぱりました。。。すぐ続きます。


【続く】


■映画『タイヨウのうた』現在上映中の劇場一覧(もうすぐ公開終了です!)
http://blogs.yahoo.co.jp/taiyo_brother/17417496.html

■タイヨウ兄弟にギターを提供してくれた世界最強のギターブランド「Fender」さんの公式HP
http://www.fender.jp/

■タイヨウ兄弟にギターを教えてくれた世界最強の楽器講座「Q−sai@楽器挫折者救済」さんの公式HP
http://www.q-sai.net/index.html

■XP難病指定 署名活動
http://www.geocities.jp/xp_shomei/

開く トラックバック(2)

イメージ 1

タイヨウ2号です。

本日08/15(火)付のスポーツ報知ご覧になりました?

“『タイヨウのうた』興入10億円突破 海外公開5か国に拡大”という記事が、写真付きで大きく掲載されてます(同記事のダイジェストはコチラ)。

そーなんです。

映画『タイヨウのうた』は皆様方のご支持/ご声援のおかげにより極めて素晴しい成績となりました! 本当にありがとうございます!!(涙)。

で、さらにありがたい事に上記の記事が出てから、配給元の松竹さんへ「どこの劇場でやってるの?」というお問合せを何件も頂戴しているらしいんですね。

そこで本日は急遽、現在まだ上映中の全国の劇場(及び今後の上映劇場)を、ここですべてご紹介させていただこうと思いまっす。

いよいよ公開終了が迫っており、スクリーンで本作をご覧頂ける最後のチャンスかと思いますので、ゼヒゼヒ!

ウガーッ!

――――――――――――――――――
■映画『タイヨウのうた』全国上映中劇場一覧

□北海道 札幌マリオン 8/18(金)迄 011-232-7100
□青森 青森コロナワールド 8/18(金)迄 017-783-5080
□青森 八戸フォーラム 8/18(金)迄 0178-71-1555
□秋田 AKITAシアター 8/18(金)迄 018-884-7450
□宮城 仙台コロナワールド 8/25(金)迄 022-387-5675
□東京 池袋シネマサンシャイン 8/25(金)迄 03-3982-6101
□東京 渋谷アミューズCQN 8/18(金)迄 03-5468-5551
□東京 渋谷シネアミューズ 8/19(土)〜09/01(金)迄 03-3496-2888
□東京 新宿トーア 9/01(金)迄 03-3209-3030
□東京 立川シネマシティ 8/18(金)迄 042-525-1251
□東京 船堀シネパル  8/25(金)迄 03-5658-3230
□神奈川 小田原コロナワールド 8/25(金)迄 0465-45-5675
□千葉 エクスワイジー・シネマズ蘇我 8/25(金)迄 043-209-3377
□千葉 ららぽーとドライブインシアター 8/18(金)迄 047-431-2166
□埼玉 MOVIXさいたま 8/18(金)迄 048-600-6300
□茨城 シネプレックス水戸 8/25(金)迄 029-300-7070
□群馬 太田コロナワールド 8/18(金)迄 0276-25-0567
□新潟 T・ジョイ新潟万代 8/18(金)迄 025-242-1840
□長野 茅野新星 8/18(金)迄 0266-72-2310
□長野 上田でんき館  8/19(金)〜 0268-23-3357
□愛知 中川コロナワールド 8/25(金)迄 052-303-8511
□愛知 小牧コロナワールド 8/25(金)迄 0568-72-8145
□愛知 安城コロナワールド 8/25(金)迄 0566-74-9311
□愛知 半田コロナワールド 8/25(金)迄 0569-22-2662
□愛知 春日井コロナワールド 8/18(金)迄 0568-33-1340
□愛知 豊川コロナワールド 8/18(金)迄 0533-85-5510
□愛知 江南コロナワールド 8/18(金)迄 0587-54-7702
□岐阜 大垣コロナワールド 8/25(金)迄 0584-73-0567
□福井 福井コロナワールド 8/25(金)迄 0776-52-8822
□大阪 梅田ブルク7 8/18(金)迄 06-4795-7602
□京都 MOVIX京都 9/01(金)迄 075-254-3215
□広島 福山ミラノ座  8/18(金)迄 084-922-3381
□山口 山口スカラ座  8/18(金)迄 083-922-2113
□福岡 ユナイテッド・シネマキャナルシティ13 8/18(金)迄 092-272-2222

※上映に関する各種お問い合わせは直接劇場へお願いいたします。
――――――――――――――――――

これYUIちゃんに“『タイヨウのうた』興収10億円突破記念&新曲「I remember you」発売記念”インタビューとかしたいなー(きっと誰もさせてくれない)。

ま、その前にYUIちゃんが出演し、ボクらも応援しに行った「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2006」のレポート(その1/その2/その3)の続きをアップしなきゃですね。

あ、それと先日このブログ上で募集いたしました小泉徳宏監督オンライン・ティーチインへのご質問についても、「I remember you」のPV撮影でお忙しい最中、すでに監督ご自身から大変ご丁寧なご回答を頂いておりますので、それも近日アップいたしますね。

そんなこんなで引き続き映画『タイヨウのうた』、及びタイヨウ兄弟ブログを何卒宜しくお願いいたします!

押忍!!


■映画『タイヨウのうた』公式HP
http://www.taiyonouta.jp/

■タイヨウ兄弟にギターを提供してくれた世界最強のギターブランド「Fender」さんの公式HP
http://www.fender.jp/

■タイヨウ兄弟にギターを教えてくれた世界最強の楽器講座「Q−sai@楽器挫折者救済」さんの公式HP
http://www.q-sai.net/index.html

■XP難病指定 署名活動
http://www.geocities.jp/xp_shomei/

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事