映画『タイヨウのうた』公式ブログ 「タイヨウ兄弟がいく!」

「歌う宣伝」を目指す2人の宣伝マンがのた打ち回る完全リアル・ドキュメント・ブログ!!

タイヨウ兄弟 再会篇

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 前のページ | 次のページ ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

タイヨウ2号です。

「歌う宣伝」を掲げたはいいものの、そもそもギターすら持っていなかったタイヨウ兄弟。

そんなボクらに二つ返事でギターを提供していただいた世界最強のギター・メーカー、フェンダー社の山本さん、真家さんに再会してきました。

場所は都内某所にあるフェンダー社のアーティストショール−ム。

ここはフェンダーの楽器を使用するあらゆるプロミュージシャンをサポートするトコで、国内の有名アーティスト達が楽器のメンテナンスをしたり、新たな楽器を購入したりする、完全プロユースな場所(なのでセキュリティー上の問題で所在地とかは非公開になってます)。

つまりはホンモノのアーティストしか立ち入れない秘密基地でして、ここにタイヨウ兄弟がいるという事は、つまり…、いやいや皆まで申しません、タイヨウ兄弟がアーティストだなんておこがましくて自分の口からは言えません。でもココにいるという事は、つまり…、(しつこい)。

本日の目的は以下3つ。

(1):ギターのチューンナップをお願いしに来た
(2):ギターの弦の張り替え方を教わりに来た
(3):それより何よりアーティストショールームは楽しいので久々に来たくてしょうがなかった

てか、(1)はまだしも、(2)や(3)を理由に来ているタイヨウ兄弟など、本来足を踏み入れてはならないトコです、断じて。

とはいえホントにここは楽しくてですねぇ…。

こんなカンジのトコです。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/e5/26/taiyo_brother/folder/663915/img_663915_5683326_0?20060524004430.jpg

もう1枚。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/e5/26/taiyo_brother/folder/663915/img_663915_5683326_1?20060524004430.jpg

こんな風にあらゆる種類のギターやアンプが置かれてて、いろんなアーティスト(やその関係者)が、ここに出入りしているんだそうです。

前回ここに来たときには、何と東京ドーム公演を控えたローリング・ストーンズのサインが入る予定のギターがありました。 ♪ア〜イ、キャント、ゲット、ノ〜ウ、サ〜ティスファ〜ックショ〜ン(つまり「サティスファクション」なのですが)♪

あとは元THEE MICHELLE GUN ELEPHANT、現ROSSOのチバ・ユウスケのリペア中ギターとかもありました。 ♪せかいぃ〜のぉ〜おわ〜りぃ〜は〜、そこでぇ〜ま〜ってるとぉ〜(つまり「世界の終わり」なのですが)♪

なんだかもう、たまらないのでございます。

で、もちろん我らがYUIちゃんのギターも、サイン入りで展示してあったりするワケです(YUIちゃんの使用楽器については真家さんによる「YUI 機材紹介」をどうぞ)。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/e5/26/taiyo_brother/folder/663915/img_663915_5683326_2?20060524004430.jpg

たまらずボクも「エレキギター買おうと思ってるんですよぉ」と、いろいろ物色(その前に「Good-bye days」を上達させるべきなのは火を見るより明らか。ちなみに下画像の右側の方が、エルビス・プレスリー好きなご両親の肝入りで、何と小学生の時からギターを弾いているという真家さん)。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/e5/26/taiyo_brother/folder/663915/img_663915_5683326_3?20060524004430.jpg

とはいえ、さすがに呆けてばかりもいられないので、さっそくタイヨウ兄弟のギター改造作戦開始っす!

【続く】

■映画『タイヨウのうた』関連情報 「インフォメ!」
http://blogs.yahoo.co.jp/taiyo_brother/folder/576695.html

■フェンダー official HP
http://www.fender.jp/

■Q−sai@楽器挫折者救済 official HP
http://www.q-sai.net/index.html

ステッカー

タイヨウ1号です。
しかしまあ、トラックバックというのは不思議に貼り付いてくるもんですね。
スーパードクターがどうしたとか旅行の裏技とか、ユンソナの美肌とか(しかし、音波歯ブラシって何だ?)
「タイヨウのうた」TV化(そうテレビになるんですよ!)とか、映画の感想ブログとか、「タイヨウ」系なブログの案内が多いといいのに。。。
なんで皆さん、遠慮せずにTBいれちゃってください。音波歯ブラシも興味はありますが、それより皆さんのブログで「タイヨウのうた」がどう書かれてるか、応援されてるかのほうが興味ありますので。。。



今日はですね。タイヨウ兄弟のステッカー考えてました。
ザ・ビートルズにはリンゴ、ローリングストーンズはあのクチビルマーク、世の人気バンドは音楽以外のイメージ戦略にも長けていて、そういうのもってるのがきまりです。(多分)
だったら、タイヨウ兄弟のアイコンはなんじゃい、、と、そんな感じで。。。
イメージ 1
このマークだなやっぱり。うん。
作ろう。

そんでタイヨウ族のみんなにあげよう。おー。
もちろんYUIちゃんにもあげよう。おおー!


■映画『タイヨウのうた』関連情報 「インフォメ!」
http://blogs.yahoo.co.jp/taiyo_brother/folder/576695.html

■フェンダー official HP
http://www.fender.jp/

■Q−sai@楽器挫折者救済 official HP
http://www.q-sai.net/index.html

開く トラックバック(1)

イメージ 1
前回から続く)  
夜中、友達と学校に侵入して、プールで裸で泳いだりね。。
おじゃが池に幽霊が出ると聞けば、肝試しに行ったり。。。
つまり、夜中突如思い立ってなんかやるっていうのは独特の魅力があって不思議なパワーがみなぎるもんです。

1号です。
鎌倉に行こう!」と思い立ったのも、つまりそういうシリーズの一環ではあるわけですが、今回のはそういうことでもない(ハ?)。完全に帰りたそうな顔してたマネ1号を拉致ってまで行く理由があったわけで、。。

映画を御覧になられた方ならご存知と思いますが、鎌倉の駅前といえば、我々タイヨウ兄弟にとっては“聖地”。
「タイヨウのうた」の中で太陽にあたれない主人公、雨音薫(YUIちゃん)がギターを片手に夜な夜な出没し、自分を表現する場所であり、自分がこの世に存在していると体感する場所なのであります。

「ここを知らずして、タイヨウを語るなかれ」

ということで我々タイヨウ兄弟も遅ればせながら自分らの存在証明をしに鎌倉までやってまいりました。
(途中、2号は井の頭公園のベンチに長時間座ってた関係で腹でも壊したのか数回トイレに駆け込み、
私も何度も来てるくせに道を間違え、なんだかんだで現地についたのは夜中の1時くらい。トホホでございます。)

ありました。
あの時計台、そして思いのほか狭い時計前の広場。
「おおー!」「うーん!」「へぇー」
しばし感慨。。。

タイヨウ兄弟のイメージの中には常にここで歌っている自分らがありました。
そう、だからここは1号2号にとっての嘆きの壁であり、ゴルゴダの丘であり、峨眉山なわけです。
イメージ 2
 ★時計前で写真撮影。マネ1号はこのために連れてきました。
  ココ地元の方なら見覚えありますよね?

雨降ってましたからちょっと地面は濡れてたんですが、かまわずお約束のあぐら。(2号大丈夫か!腹は)
なぜかバニラの匂いを放ってしまう、吉祥寺ロンロン産のキャンドルに火をともします。

お客さんなんかいませんよ。この時間に。。
でもいいんです。この「Good-bye days」はYUIちゃんに、そしてあの素晴らしい映画に捧げるわけですから。。。

イメージ 3
★ほら本当に鎌倉の駅前でしょう?満月がきれいな夜でした。月に吠えましたね。

イメージ 4
★お疑いの方にはこれ。駅にある鎌倉友情の像(本当はなんて名前か教えてください!)。
 まさに我々のための像だな。よし、これを「タイヨウ兄弟の像」と名付けよう!名案。


ということなので、わずかの時間ながら、YUIfor雨音薫、マギーに続き、鎌倉駅前LIVEをやったアーティストとして、タイヨウ兄弟僭越ながら(ホントに)、名乗りを上げさせていただいたわけでございます。
しかし、鎌倉っていうのはいい街ですね。帰りは若宮大路から鶴岡八幡宮を見ながら、帰りました。
源頼朝に「タイヨウのうた」必勝祈願しておけばよかったな。。。

うん!また来よう!
(次はロケ地めぐりでもしましょうか。)


(注)夜中のライブは基本ご近所の迷惑になるのでやめましょう。

■映画『タイヨウのうた』関連情報 「インフォメ!」
http://blogs.yahoo.co.jp/taiyo_brother/folder/576695.html

■フェンダー official HP
http://www.fender.jp/

■Q−sai@楽器挫折者救済 official HP
http://www.q-sai.net/index.html

イメージ 1

イメージ 2

タイヨウ2号です。

打ち明けますが、じつは『YUI for 雨音薫 ライブ付き全国試写会ツアー』初日前日の05/14(日)、タイヨウ兄弟は初めてのゲリラライブを敢行しましたっ!!

キ、キ、キ、キタ━━━━━━━━━━━━ヽ(゜∀゜ )ノ━━━━━━━━━━━━ッ!!

そうです、ついにタイヨウ兄弟が掲げる「歌う宣伝」のスタートですよォォォォ!! 

…と言いたいところですが、1号さんは37歳、ボクは31歳、浮世の垢にすっかりまみれ、余計な知恵ばかりが肥大する今日この頃。必然的に物事に臆病になっていく年頃でございます。

よって「やらねば」半分、「恥ずかしい」半分、そのギリギリの折衝点が“人知れずゲリラライブ”だったワケでして、いわば予行演習的な位置付けとしてヒッソリと敢行した次第でございます。

とはいえ、ちゃんとやりましたよォ! あ、いやウソです、そんなことないです。

場所は吉祥寺、井の頭公園!

ちょうど20時に到着すると、2本の太い木に挟まれたベンチを発見。ボクらはその木に『タイヨウのうた』のポスターを1枚づつ貼付。その中央で吉祥寺LONLONで購入したキャンドルに着火。あ、これは劇中でYUIちゃん演じる雨音薫のスタイル(下画像)になぞらえてのモノでして、オッサン2人でやるにはいささか気持ち悪いのですが仕方がございません。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/e5/26/taiyo_brother/folder/663915/img_663915_5216461_0?20060519103737.jpg

辺りの暗がりでは若きカップルがあんな事やこんな事。ええ、関係ございません。ボクらはチューニングを済ませるとジャガジャガし始める。

それにしても暑からず、寒からず、ビミョーに涼しい絶妙な気温と湿度。空には雲の合間から満月が。屋外でギター弾くって気持ちEー!

そうこうしていると吉祥寺在住のタイヨウマネージャー1号(じつはタイヨウ兄弟には1号さん派のマネージャー1号、2号派のマネージャー2号がおります。とはいえ2号派のマネージャーは何もしてくれない)が、ビール数本と吉祥寺名物「いせやの焼き鳥」を持参して登場。さすがマネ1号(この時マネ2号は自宅にて絶賛睡眠中)。

するとボクらの目の前で1組のカップルが立ち止まる。すごくカンジの良いステキな男女。

お2人はポスターをまじまじと見たあと、明らかな期待感を漂わせながら「いつぐらいから(ライブは)始まるんですか〜?」。ビビッたボクは「あ、いや、いつになっても始まらないと思います」と意味不明な返答。

とはいえタジろいでばかりもいられないので、ひとしきり『タイヨウのうた』の説明とタイヨウ兄弟の主旨を説明したあと、「じゃ、じゃあ、1番だけ演ります…ね」。で、「Good-bye days」を。

そういえば人前で演るのは「修行篇」での発表会以来(でもあの時はTVカメラも前にしての演奏だったのでまだマシか)。

案の定、ボクらは蚊の泣くような念仏チックな歌声。それでも聞き終えたお2人からはテンション高めの拍手、さらには「絶対にこの映画観ますね〜」との嬉しいお言葉まで頂戴する(おそらく社交辞令じゃなくホントに言ってくれてました)。うっ、な、なんて良い人たちなんだ(涙)! 思わず1号さんが本作の特製ケータイストラップをご贈呈しつつ、記念撮影。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/e5/26/taiyo_brother/folder/663915/img_663915_5216461_1?20060519103737.jpg

それ以降もボクらの前を行き交う人々は、全員必ずポスターを見やりつつ通り過ぎていく。なんかこれだけでも意味あるかも。公演にいきなり映画のポスターが貼ってあって、オッサン2人がギター弾いてるのは異様で目を惹くワケで。

そんなこんなで3時間が経過。そろそろ帰ろうかモード。なのに1号さんがボソッと「鎌倉行こうよ、鎌倉、ロケ地。車で。(劇中で)YUIちゃんが弾いてた鎌倉駅前の公園。そんで演ろうよ。そういう意味では」。

ちなみにこの時点で時刻は23時。まともな社会生活を送る大人なら、明日から迎える新しい週に備えて早く寝るべきなのは自明の理。とはいえ社会へのスケールの小さい反逆精神も手伝って、ものの6秒で「いざ、鎌倉!」が決定。

という事で、ミッドナイトのハイウェイをドライビングでランデブーと相成ったワケでございます。

【つづく】

■映画『タイヨウのうた』関連情報 「インフォメ!」
http://blogs.yahoo.co.jp/taiyo_brother/folder/576695.html

■フェンダー official HP
http://www.fender.jp/

■Q−sai@楽器挫折者救済 official HP
http://www.q-sai.net/index.html

開く トラックバック(1)

イメージ 1

イメージ 2

タイヨウ2号です。

いよいよ始まりましたよォォ!

『タイヨウのうた』の試写会」と「YUIちゃんのライブ」をドッキングさせて全国をツアーする前代未聞のスペシャルイベント、『YUI for 雨音薫 ライブ付き全国試写会ツアー』!!

ちなみにこんなスケジュールになってます。

□05月15日(月) 東京:TOKYO FMホール 
□05月17日(水) 名古屋:名古屋芸術ホール
□05月18日(木) 大阪:IMPホール
□05月25日(木) 福岡:イムズホール
□05月30日(火) 横浜:シネプレックス平塚
□06月01日(木) 札幌:共済ホール

しかも初日FMホールではYUIちゃん、塚本高史さん、小泉徳宏監督、そして特別ゲストとしてドラマ「1リットルの涙」の主題歌で一躍ブレイクした韓国出身シンガー、K(ケイ)さんらが登壇しての舞台挨拶を実施。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/e5/26/taiyo_brother/folder/663915/img_663915_5106394_0?20060518051348.jpg

さらには急遽会場ロビーで監督の臨時サイン会まで行われ、舞台挨拶→YUIちゃんライブ→『タイヨウのうた』上映→小泉監督サイン会と、もはや盆と正月と誕生日と命日が一緒にやって来たかのような、盛りだくさんな催しとなったワケでございます。

もちろんタイヨウ兄弟的な注目はYUIちゃんのライブっす!

ちなみにこの日のセットリスト(演奏曲目)は下記でした。

1:feel my soul (視聴はコチラ
2:It's happy line (視聴はコチラ
3:Good-bye days (この曲は予告編からどうぞ)

ボクはそのプレイを少しでも近くで学ぼうと、リハーサルから客席前方に陣取って両手の動きを凝視。…するつもりが、指慣らしを終えたYUIちゃんがひとたび「feel my soul」を演り始めるや、もはや即刻心打たれてしまいウルウル。コードの押え方(左手)がどうとか、ストローク(右手)がどうとか、そんなのはもうどうでもよくなってしまい、早々に観察モードを放棄。あの否応なしに惹き込まれてしまう不思議な求心力って何なんだろ? 

YUIちゃんにとってはただのリハなのかもですが、それでも聞いてる方は感動してしまう(これボクだけでなく、1号さんや本作の宣伝プロデューサー氏も同様)。

逆にライブ本番ではさすがにYUIちゃんも緊張してたのか、「feel my soul」「Skyline」では少しカタイように感じられ、それが伝染(?)したのかお客さんもビミョーにカタい雰囲気(いや、こういう珍しい形態のイベントなのでお客さんがヘンに構えちゃってて、そこへ出てきたYUIちゃんも勝手が違ってテンションが難しかったという方が正しいかも)。

ところが思わぬ出来事でそれが好転。

「Good-bye days」の時にYUIちゃんがギターのボリュームを絞ったまま演奏してしまい、「スイマセン、音がちゃんと出てなかったですネ。もう一回やらせてくださいっ!」というご愛嬌によってイッキに和むと、再度の「Good-bye days」では特筆すべき素晴しすぎる熱唱で、もはや場内は大拍手!!!

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/e5/26/taiyo_brother/folder/663915/img_663915_5106394_1?20060518051348.jpg

そんなこんなでイベントは大成功!!

この模様は各媒体でも報道されていますので、いくつかご紹介しまっす。

【写真とテキスト】
□Yahoo!ニュース(コチラ
□ORICON STYLE(コチラ
□WEB・ザ・テレビジョン(コチラ
□スポーツ報知(コチラ
□ニッカンスポーツドットコム(コチラ
□デイリースポーツオンライン(コチラ

【動画】
□BIGLOBE(コチラ

昨日の名古屋はどうだったんでしょ? 今日は大阪ですか。

このツアーを観れる方々はホントに幸運だと思いますので、ゼヒゼヒ勇んでお出掛けくださいっ。


■映画『タイヨウのうた』関連情報 「インフォメ!」
http://blogs.yahoo.co.jp/taiyo_brother/folder/576695.html
※大阪速報もアップしましたヨ!

■フェンダー official HP
http://www.fender.jp/

■Q−sai@楽器挫折者救済 official HP
http://www.q-sai.net/index.html

開く トラックバック(1)

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事