全体表示

[ リスト ]

昨日書いたとおり、病院でのリハビリは卒業となったカチート。
おかげで金曜も保育園に行くことができるようになりました!
が、保育園が始まったと思ったら、即行風邪ひいてきました。
恐るべし、保育園・・・

今週の月・火・木は9時半から11時でしたが、明日はいよいよ13時まで。
ご飯も食べて帰ってきますよー!!!
ちなみにメニューは、

一皿目→カリフラワーのソース和え(?)そして何のソースか分からず ←これはいつもだけど(笑)

二皿目→REDONDO DE TERNERA と呼ばれる、牛を使った料理にポテトがついてくる
これはネーミング(REDONDO→丸い、つまり直訳すると牛の丸い肉?))が好きで、
以前いつも日替わり定食(?)を食べていた旦那に
「今日は何を食べたか?」とクイズを出されるたび、この名前を言っていたほど!
それがカチートの初めての給食になるなんて、ちょっと感激(笑)


それにパンがついてきて、フルーツとヨーグルトもつくらしい。
カチート、お行儀よく食べてくれるか心配・・・
いつも口が動かせないほど、口に物を詰め込むんですよね(汗)


あ、こんなことはよくって、本題に。


前回医師から「これからは住んでる町で頑張ってねー!」と言われたわけですが、
ここまで来るのに私たち夫婦はいろいろと話し合いました。

ホラ、例えば「いつも行ってるとこも悪くないけど、あそこもおいしいよ!」というレストラン情報だったら、
試しに新しいところで食べてみて後悔したらまたいつものところに戻ればいい。
でもこれは、そんな単純なことではありません。
いったんやめてしまったら、もう入れてもらうのは不可能に近いと思います。

とりあえずこの町の様子を見て、それから別のところにも行ってることを病院に伝えることにしました。
本来なら、公の機関の重複利用は禁止だそう。
でも「ばれなければ・・・」という手が残っていたわけです(笑)


それでも話すことにしたのには、わけがあります。
カチートがリハビリを受けられるのはいつかと、不安な気持ちのまま過ごしていた去年の今頃。
ちょうど一年前のこの頃、理学療法士から直接携帯に電話がかかってきました。
「今度の金曜、11時半に来てください」
そして、9月の最終金曜からリハビリスタート。

スペインだということもあり、受けられるようになるにはまだ時間がかかるだろうと思っていた私はビックリ。
そして・・・電話を切ったあと、嬉しくて涙が出ました。
あれからちょうど一年、驚くべき回復力を見せ付けたカチート。
あの時の私の喜びを、他の障害児を持つ家族に味わってもらうべきなのでは???


そんなことを思っていた先週の金曜日。
見かけたことのない女性二人がリハビリかに入ってきました。
まだ新米だなー、と余裕を持って見守っていると・・・
二人ともベビーカーを押していて、別々にきたのかと思っていましたが、
会話を聞いて彼女たちが実の母娘だと判明。
そして、ベビーカーから出てきたのは、ソックリな双子の女の子たち。
まだ一歳になっていないと思います。


まだ何も分からない彼女たち、担当の理学療法士が治療を終えて出てくるなり、質問攻め。
その二人の前にまだ別の子どもがいたのですが、とりあえず答えてあげる理学療法士さん。
その会話から、その姉妹は一人分の枠を分け合って治療開始だということが分かりました。
つまり、毎週リハビリを受けていたカチートと違って、各自2週に一回のペース・・・


その時に「やっぱり病院のほうはもうやめよう」と思った私。
もちろん、カチートにより多くのリハビリを受けさせたいという気持ちが無くなったわけではありません。
でも上記の携帯での会話を鮮明に思い出したあとだった私に、
事情を理解した双子のお母さんの表情の変化は最終的決断をさせました。



どんな親でも、自分の子がよくなって欲しいのは同じはず。
この一年で私たちが味わった喜びを、他の人にも分けてあげたい!
ま、もちろん苦労もするわけですがね(笑)



そんなわけで、カチートと私の二人三脚(?)は第2章に入ったという感じです。
この先、いつ会話ができるようになるのかな?とか、スプーンを口に運べるのはいつかな?とか、
いろいろと楽しみなことがまだまだたくさんあります!

障害のせいで、娘がこの時期できていたこともまだまだなカチート。
例えば、彼女は靴下を自分ではいていたし(その代わり散歩に出るのが遅くなったり(笑))
洋服の着替えも2歳半前にはできるようになっていたと思います。
しかしカチートには、まだまだ絶対に不可能だと思われることばかり・・・
このまま行ったら、来年の学校入学後も私が着替えさせるのかしら?
なんてまだ大分先のことを考えている自分に苦笑。


こういう子の母でよかったと思うときは、なんというか・・・他の子よりも成長がゆっくりなところ?
もちろんさすがに赤ちゃんではなくなってしまったわけだけど、それでもまだ「小さい!」ってイメージです。


ところが、実際には娘のお下がりを着せてビックリ!
彼女が3歳4ヶ月の時に着れていた服が、カチートにピッタリ!
おそらく彼には小さいものもあると思われます。
男と女の違いもあるけれど、カチートのほうが大分でかいです・・・
(2歳健診で、88センチ・12キロでした)

さて、今日も小学校→保育園→隣町に新体操のシューズを買いに行き→朝市に買い物→
保育園→リハビリセンター→小学校→スポーツセンターに申し込み、と朝だけでもあちこち移動。
しかも今日は雨降りだったんですよねー

その後、夕方には新体操の教室。昼寝を拒んだカチートは、到着前にベビーカーでぐっすり。
一時間強寝ましたが、口を半開きにしてイビキをかいている姿は魚のようでした(笑)



子どもを放置して、床に敷いてあるマッサージ用マットで昼寝をした私ではありますが(苦笑)
やはり最近のハイペースな生活についていけず、毎日疲れています。
いい加減、台所だけでも片付けて寝ようと思います・・・


そんなわけで、新たなリハビリ生活に入った(?)私たちの応援、よろしくお願いいたします!

閉じる コメント(6)

顔アイコン

お〜!新たなステージに突入ですね。
あまり飛ばしすぎぬよう。
あなたが倒れたら、どうしようもないですからね。
今更言う必要もない気がしますが、いつも応援してるよ〜!

2010/9/17(金) 午後 9:56 [ ゆうこ ]

アバター

ゆうこちゃん
応援、ありがとう!
リハビリの時間がまた変わるかも・・・とまだ落ち着かない生活。
でも私はもう、このまま変えないで欲しいんだけどね。ヨガに申し込んじゃったし。火・木は新体操もあるし、週二でもお昼をみんな一緒に食べられるのは良いかなぁって思って。

2010/9/18(土) 午後 5:43 ピント

おはようございます☆
ご訪問が遅くなりました(;´Д`A ```
私がご訪問しそびれていた間に、カチート君の環境は大きく変わっていたんですね☆
でも、良い方向に変っていますよね(*゚▽゚)*。_。)*゚▽゚)*。_。)
ピントさんが双子の女の子のお母さんの為に病院を断念されたこと、すごく良いお話だなぁと思いました☆
こう言うときって自分の事を優先してしまいそうですもんね。
すごく前向きにカチート君の成長を見守っていらっしゃるピントさんに感銘を受けました゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚
及ばずながら応援させて下さいね☆
ステキなママにポチしていきます☆

2010/9/20(月) 午前 7:01 Cupiretto

アバター

cupirettoさん
いや、実際黙ってそのまま両方通うつもりもあったんですけどね(笑)
カチートは他の子と比べてもとても状態がいいんです。それでももっとよくなって欲しいけれど、他の家族もそれは同じはず。
今度行った時、担当者やお友だちママたちにもお別れを言ってきます。
ポチ、ありがとう♪

2010/9/20(月) 午後 7:27 ピント

アバター

うちの子は二歳半の時に、自分だけで着替えなんて出来ませんでしたよ。五歳くらいである程度着替えがちゃんと出来ればいいんじゃないかな〜。
それでもボタンをかけ間違えたりすることもあると思う(笑)。
とても順調な成長ぶりで安心しました。良かったですね!

2010/9/21(火) 午前 2:04 ARAPRO

アバター

ARAPROさん
言葉以外はかなり順調です。この年齢の子ができることができなかったり、できないことができたり(笑)
言葉はないけれど、かなり表現力があるといいましょうか・・・リハビリで言語の発育(?)も担当する人が旦那に「何が言いたいか、全部分かるよね」と笑って言ったそうです。確かに・・・でもだからまた、言葉が遅れる(汗)
着替えに関しては、娘が早かったんですよね、確かに。公園のママたちに驚かれましたもん。あれは性格ですね、彼女の。すごくなんでも自分でやりたいタイプで、毎日できないから泣いて、手伝われたから泣いて、でした・・・(笑)

2010/9/22(水) 午前 0:11 ピント


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事