全体表示

[ リスト ]

カチートの発見

昨日の夜、ご飯を食べていたときのこと。
カチートもみんなと同じように、子ども用お茶碗でご飯を食べていたのですが、
あれってあまり安定感がないですよね?
スプーンでとろうとするたびに、あっちに転がり、こっちに転がり(汗)

娘にはお茶碗を持つよういいますが、カチートにはまだ無理。
やっとヨーグルトの容器を持てるようになったばかりですし、
それでさえスルリと抜けそうになって左手で抑え、また右で持ち直すの繰り返しですから。
でもなるべく「右手で押さえてごらん?」と声をかけています。
これは押さえること自体よりも、右手をテーブルにおいておくためでもあるんですが。


それが昨日、自分でもイライラしたようで初めて
「YO、あ(と言って右手を示し、その後茶碗を指差す)、NO!」
僕のこの手、お茶碗を持つことができないよ!という感じでしょうか・・・
見ていてハッとして、ついにこの日がきたか・・・と思いました。
13ヶ月の頃から毎日頑張っているのは誰よりも知っているし、
なんだかとても切ない気分にもなりました。


実は私たち、何度も「いくつくらいから自分は違うと気付くのか?」と話し合ったり、
専門家たちにその質問をしたのも1度や2度ではありません。
でも・・・正直言って、あと数年後のことかな?と思っていました。


私は別のサイトでこの半身不全麻痺の人たちのグループに入っているのですが、
今年の「知能障害」の判定をもらった時にその中のメンバーで、
やはり生まれつき半身不全麻痺の若い女性からアドバイスを受けていたんです。
「私も子どもの頃、自分が人と違うと気付いてね。精神的におかしくなったこともあるの。
だから、その時が来たら皆でフォローしてあげてね」と言うものでした。
まさに今、その段階に突入しつつあるようです。


学校で彼に携わる人たち、リハビリでお世話になっている人たち、
そして家族にも、この話をして皆で支えてあげなくては!
もちろん娘にも協力してもらいます。
あ、彼女はすでに昨日の時点で
「私だって小さい頃は持てなかったんだよ!」と声をかけてくれてたな・・・

親の私が言うのもなんですが、娘はとても優しい心を持って生まれてきてくれた子で、
そのあと障害を持つ弟が生まれてもいいように見えない力に準備されてた?と思うことも。
まだ7歳だから頼ってはいけないんだけど、正直言ってありがたいことです。


で、カチート。
「お茶碗、持てないよ!」と訴えられた時、ドギマギしつつ言ったのが
「大丈夫、練習すればできるようになるよ!」でした。
できないことをやらせすぎるとプレッシャーになるし、落ち込む原因に。
それでも少しずつやっていかないと進歩は望めません。
この辺の加減が難しいんだなぁ・・・


カチートにも娘にも、本当にいろんなことを学ばせてもらっています。
昨日の出来事は私に「なせばなる」と「継続は力なり」という言葉を思い出させてくれました。
いつも頑張ってるのはよく知っている、それでももっと頑張ろう!と言うしかないんですね。
私たちももっと彼の力になれるよう、精進せねば!!!


閉じる コメント(20)

アバター

いつも普段からピントさんが大変なことはよく分かります。

でも、確かにカチート君が自分の病気に気付いた時には、
フォローが必要だと思います。
私でさえ、5年生存率70パーセントと聞いただけで、
苦しかったです。
永遠に治ることのない病気は、辛いです。

それでも、ピントさんはピントさんを一番大切になさってくださいね。
いざという時に、ピントさんがちゃんとしていないと、
守るべきものを守れないから。

リラックスして、これからのことを対処なさってくださいね。
ポチッ☆。

2011/10/14(金) 午後 6:48 まある

精神的なモノのフォローはホントに難しいですよね。
その人の心の持ちよう・・人それぞれの感じ方、考え方、変化の仕方、、が違うんですものね。
きっとそれでも、最後には愛情がモノを言うのだと思います。おねぇちゃんがその優しさを持って生まれたように、ピントさんにはピントさんのすごさ・・持って生まれたモノなのだと思う。
神様がくじけない力を与えてくれてるのだと思う。
失敗する事があったとしたって取り戻す事がきっとできる。ね。

2011/10/14(金) 午後 8:01 はるる

ご訪問有り難うございました。
本当に久しぶりですね、お子さん頑張ってお育てのようですね。年と共に色んな問題が起き親子共々悩んでおい出のようですが・・・・・。
これは障害児を持つ宿命でもありますが、有り難いことに方々から色んなアドバイズが頂けたり、普通なら付き合う筈のない人々との接触が出来多くの学びも頂けます。
もう私共のようになりますとお互いに覚悟が出来る私自身昨年暮れから全身 しびれの病に冒され、何となく障害の息子の気持ちが判るような気になった
お汁の茶碗が運べないと職場に行って嘆いて居たが
しかし息子は云います。
「母さんは未だ僕の本当の気持ちは判らないよ」と
息子自身にやれる範囲内にやらせる、後は全て便利な世の中です心配いりません。

2011/10/15(土) 午前 5:48 [ - ]

顔アイコン

精神的な打撃はあげたくないよね。。
でも、周囲がお姉ちゃんみたいに、肯定的に受け止めてくれると状況はだいぶ変わっていくかもしれないし。。
すでに頑張っている子供に”頑張って”と言うのは可哀想だから、一緒に克服して行こう!、一人じゃないよ、と分からせてあげるだけでも違うかもしれません。偉そうな事言っちゃったけど、大きな愛情で包んであげたら大丈夫よ!

2011/10/15(土) 午前 9:11 つなみ

アバター

まあるさん
いつもご自分のことで大変なのに、温かい言葉をかけてくださってありがとう。カチートはどこまで進歩するか分かりませんが、少しずつ障害と一緒に生きることを覚えていってもらわないといけませんね。
私は大丈夫ですよ〜!ありがとうございます!!!

2011/10/15(土) 午後 4:29 ピント

アバター

はるるさん
おっしゃるとおりだと思います。みんな一緒じゃないですもんね。
しかも3歳の頃ってどんなだったかな?って記憶がないじゃないですか(笑)カチート、何を考えてるのかなぁ・・・どこまで分かってるんだろう?と考えてます。
私の凄さ・・・すごくいい加減で能天気だってことかな(汗)確かに他のお母さん達と話しても、私はお気楽に考えてる気が・・・(苦笑)いや、悩みがないわけじゃないんだけど。
とにかく頑張ってみます。実は昨日、プールですでに右手を使いたがらなかったみたいで(汗)

2011/10/15(土) 午後 4:33 ピント

アバター

みなよさん
そうなんです。彼がいなかったら出会うことがなかったであろう素敵な人たち、たくさんいます。それに娘を通しての子育てとは違うものを学ばせてもらってますしね。
年齢とともに問題発生・・・これまた、さすが先輩!ですね(笑)今年はいろんなリハビリに通わせて、今のうちに他の子たちとの差を縮めたい!と頑張っているのも、子ども達がいろんな事に気付く前に・・・という思いがありました。でももう本人、気付いちゃいましたが(笑)
みなよさんご自身も大変なんですね。また遊びに行きます。貴重なお話、ありがとうございました。

2011/10/15(土) 午後 4:39 ピント

アバター

つなみさん
世の中にはいろんな人がいるでしょう?今はまだ小さいから、周りの子達も普通にしてると思うんですよ。子どもってあるものをそのまま受け入れる能力が高いから!でもこの先大きくなって環境が変わると、そうもいかないでしょうね・・・って、考えても仕方ないけど(笑)
彼にかかわる人たちを教育することは不可能、でも心無い人に出会ってしまったときの対処法を自分の子ども達に教え込むことは可能!この辺もこの先の過大です。言葉で言うといまいちピンと来ないけど、カチートが「自分は自分」と思える人になりますように!

2011/10/15(土) 午後 4:45 ピント

顔アイコン

今朝から何度もコメト書いてるのに、ううう、また消えちゃった・・・
めげずにまた書きます。
父のことです。春にひどい熱傷を負い、右手の指を切断しなければなりませんでした。意識が戻って、本人がどう思うか、少し心配でしたが、私たちは簡単に説明しただけでした。声がだせなかったので、本人がどう思っていたのかわかりません。かろうじて残った第一関節に鉛筆をはさんで字を書かせました。
ミミズとみまごうばかりの字でしたが、なんとか解読しました。あるとき「思う様に書けん」と書いてきました。私は「練習すれば書けるようになるよ」と伝えました。その後もなかなか練習する時間がとれず、まだまだ「思うように」はかけていません。
カチート君にはまだまだ時間がある。一つずつ一つずつ、できることが増えたらいいね。
いつも思い出すのは、乙武洋匡さん。「障害は不便だけど不幸ではない」その通りだなぁと思います。彼が育ってきた環境、どのような大人たちが彼を支えたのかを考えると、人は環境に寄って育てられるということが、ほんとうによくわかります。

2011/10/15(土) 午後 4:59 [ - ]

アバター

Hola Pintoさん、
Creo que te hace bien escribir en el blog y desfogarte del estrés.

2011/10/15(土) 午後 8:41 町田スペイン語juana

アバター

あるとっちさん
めげずにコメントを書いてくれてありがとうございます(笑)
お父様のこと、指を切断したとは知りませんでした。そうか・・・火傷だけじゃなかったんですね。そのエピソード、よく覚えています。
おっしゃるとおり、カチートにはまだまだ時間があるし、脳も回復する余地がまだあると思っています。一つ一つ、ゆっくりできることが増えたら・・・そしてどうしてもできないことはそれを受け止めて、人に助けを求めるなり何なりできるようになってもらいたいです。所詮誰も一人では生きていけないものなんですから。
乙武さんに関するコメントも、本当にそのとおりですよね。障害があるないにかかわらず、おっしゃるとおり。私もスペインに来て、まだまだ育てられているようなものです(笑)

2011/10/17(月) 午前 5:58 ピント

アバター

鍵コメ様
ありがとうございます。まったくもってその通り、一緒に歩むしかないですね〜!こっちもその都度起こる事に対応できるよう、精進していかないと!と思っています。
後ほどそちらに改めてうかがいます♪

2011/10/17(月) 午前 6:00 ピント

アバター

Hoka Juana!
Yo creo lo mismo aunque cuando empecé el blog no sabía lo me nos esperaba... por hablar de los sentimientos, a veces me relajo y otras veces me doy cuenta de otra forma de pensar de lo mismo, total, escribir aquí me ayuda de una manera u otra!

2011/10/17(月) 午前 6:03 ピント

こんにちは☆
カチート君の反応を見て、小学生の頃に膝のリハビリをしていたことを思い出しました。
医者の診断ミスだったのですが、脱臼を骨をくっつければ治ると思ったのか太ももから足首までギブスをした時期があったんです。
ギブスを外してからのリハビリが痛くて辛くて…
イライラし過ぎて泣きながらリハビリをしていました。
カチート君はまだ小さいので何か違うと気付いてしまっているかもしれませんが、家族の励ましと皆と同じようになりたいと言う気持ちがあればどんどん改善されると思います(*゚▽゚)*。_。)*゚▽゚)*。_。)
私もリハビリを挫折しかけましたが、弟や妹、友達と思いっきりは無理でも一緒に走ったりして遊びたいって思う気持ちが勝ってリハビリを続けることができましたから☆
(とは言え、診断ミスなので根本的な脱臼は完治してないんですけどねo(-_-;*))
どんなことも周りの方の支えがあれば乗り越えられるはず☆
私も及ばずながら応援してます☆

2011/10/19(水) 午後 0:04 Cupiretto

顔アイコン

カチートくんの気持ち、娘さんの優しさ、母の気持ち、すべてがせつないですね。

ワタシもよく娘に、「どうして他の子と同じように丈夫に産んでくれなかったの?」といわれました。
いつ頃からか(忘れましたが 笑)自分が他の人よりも体が弱く無理がきかないことに気づいたんですよね。
そのことで、他人に負い目を感じていた時もありましたが、今では上手に自分の体と付き合っています。
障害がなくても、多かれ少なかれ、自分の体の弱いところとは付き合っていかないといけないですもんね。
でも、ピントさんを始め、娘さんも、温かく受け入れてくれる家族がいるから大丈夫!
精神的に強くなる柱になってくれますからね〜

2011/10/21(金) 午前 8:43 [ のりたま ]

アバター

cupirettoさん
診断ミスって・・・
リハビリってやっぱり大変でしょうね。私は運良く今まで何もしたことがないんですが、手伝っている側と本人とはまた違うんだろうなといつも思います。
学校の先生の一人が「なるべくみんなと同じように、同じ物を使って」と。彼の目標は「人とは違うという気持ちを、いかに小さくするか」なんだそうです。なるほど・・・
いつも応援ありがとうございます!

2011/10/21(金) 午後 8:14 ピント

アバター

のりたまさん
私もいつか息子に言われるんだろうな・・・とちょっとドキドキ(苦笑)その時には胸を張って「でもできるだけのことはした!」と思えるようにと、いつも考えています。
お嬢さんもそうだったんですね〜。人間良いところも悪いところも、持って生まれたものと付き合って行くのは障害の有無に関係ないですね。とりあえずカチート、精神的に強くなってもらいたいものです。

2011/10/21(金) 午後 8:18 ピント

顔アイコン

日本食を食べているんですか?
ナイフとフォークだと思っていました、

2011/10/23(日) 午前 0:15 KAN

アバター

KANさん
一番調理をする人間が日本人ですので(笑)もちろんスペインのご飯も食べますけど、私は基本的に和食のほうが好きなんです。特に夜は・・・和食のほうがカロリー低め、消化も良いと思います(笑)

2011/10/23(日) 午前 0:23 ピント

アバター

鍵コメ様
そちらにうかがいます!

2011/10/24(月) 午後 8:07 ピント


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事