全体表示

[ リスト ]

注意欠陥障がい?

我が息子は小さいころから衝動的で、昨年の11月の脳神経科でついに
「もしかして、注意欠陥障害かも」と言われてしまいました。
ま、脳の一部に損傷があるんだしさ・・・てか、あるなら少しホッとするかも?くらいだった私。
もちろん、そうじゃないに越したことはないんだけど、それにしたってすごいんですよ(汗)

一方では、「でもさ、子供なんだよ?まだ8歳だよ?こんなもんじゃないの?
いや、娘は違ったけど・・・(笑)みんながみんな同じなんて、ありえないよね」と思う自分も。
最近は少しでも「こうあるべき」(いわゆる平均値?)からはみ出ると、
何かしら名前をつけたがる傾向がある気がします。
ただの子供だろう、子供なんてそんなもんだろう?と思える余裕がなくなってきてるのか?


まあ、とにかくそのために14日にまた脳神経科に行ってきました。
私たち家族、学校の担任、そして障がい児を扱うセンターの報告書(3年近く前のもの)を読み、
「なるほど・・・とても衝動的な子供みたいですね」から会話が始まりました。
いやもう、あなたの想像以上ですよ・・・と思いつつ話を進めます(笑)


で、結局出た結果は(これ、スペイン語で聞かないと面白さ半減以下で残念ですが)
「ただのやる気がない悪ガキ」(笑)
想像してなかったわけじゃないけど、医師に言われるとは!(笑)



実は、あまりに人の注意を引くので先学期中に対策として
宿題は一人でやること。1時間たっても終わらない分は、やらずに提出」と担任と取り決め。
「今日も宿題をしてこなかった子にネガティブをつけたら涙を流してたの。
大丈夫、それは嫌だって思って絶対にちゃんとやるから!」と担任。
一抹の不安が残る中、それを伝えた直後に息子がとった行動は
わざと時間を稼いで1時間経過するのを待ち、やらない

翌日にテストがある教科の教科書は、勉強しないためにわざと持ち帰らない。、
ネガティブがついたってへいちゃら、留年の話をしても右から左。
ぜんぜん何のためにもなってない・・・というか、さらにサボってるんですけど?
で、私が取り決めたのは「宿題が終わらなかったら空手を休ませる
これのおかげで少しは緊張感が生まれて今に至りますが、
担任は「それはあまり公平な取引じゃないと思う」
いやいや、敵は手ごわいんだから、一番痛いところをついていかないとだめですって・・・

って話を脳神経医に話したら「あ〜、なるほど。それは薬は効かないわね」
「薬ができるのは、勉強したいけど集中できない子をおとなしくさせて、
座っているのが苦痛じゃないように手助けをするだけです。
よく、投薬中の子の親御さんが「薬をあげてるのに成績は変わらない」と言ってくるけれど、
薬はやる気を出させるものでもないし、ましてや頭をよくするわけじゃないんです」

「そりゃ、そうですよねぇ!頭よくなるなら、私が飲みたいです!」と言うと、
「もしそうなら私がとっくの昔に飲んでます」と返され、大笑い。
「なので、本人のやる気がない、うっかりではなくわざと本を忘れてくる、
というのは注意欠陥とは違う問題だと思います」
いや〜、まったくもってごもっとも!
  
空手の話も「いやいや、不公平なんかじゃないです。お母さん、私はあなたの見方よ」と。
「甘いこと言ってないで、痛いところをつかないと!そのとおりです!」


あとは、親のほうがうまく導けない=こちらが頑張らないとと思い、
カウンセラーに相談に行ったりしてる話をすると
「素晴らしいです。たぶんそれが今一番必要なことだから」と言ってくれました。
「ご両親がしっかり手を取り合って、頑張ってください。
不可能に思えるくらい難しいだろうけど、あきらめないで!」と励ましてくれました。


その間、息子はすぐ横でずっとおもちゃで遊んでいましたが、
それまでたまに声を出さずにジェスチャーとか読唇術(笑)でやり取りしていた部分もあったのに、
そこで旧に彼女が声を大きくして話し出しました。

「では、今回は彼に少しの猶予を与えましょう。
お母さんが見て、どうしてもこの子は助けが必要だと思うのならば、
私ができるのは1日1回打てばいい注射を処方することくらいです。
(ここで息子、遊ぶ手を休める。不安そうな顔)
念のために、かかりつけ医のほうに処方箋を出しておきますので、
いつでも必要なときに処方箋をもらって、薬局で買ってくださいね」

「注射の打ち方は、ネットで見ればすぐに分かりますよね?」と聞くと
「もちろん、そんなの3回も打てばすぐにベテランになります。心配しないで」

そして、ここで一息ついて、もうとっくに遊ぶのをやめてこちらの話を聞いてた息子のほうに向き直り
「それとも、やっぱり今日処方箋を持って返って、明日から注射したほうがいいかな?
血の気が失せた顔で、小声で「ううん、僕頑張る」と答える息子。
息子に背を向けて、笑いをこらえるのに必死の私・・・

もちろん、注射なんて真っ赤な嘘ですが、
このくらいの脅しが彼には必要だと判断したようです。
なんて素晴らしい!これぞプロ!!!と、内心拍手喝采(笑)


家に帰ってから、救急箱にあった注射器をわざとテーブルに出しておき、
パソコンにも注射の打ち方を調べた風の画面を用意。
息子がその二つを見たのを確認して、ほくそ笑む私たち夫婦。

友だちに全てを話し「今日は一日中あいつを脅かして楽しむ」と言ったら、
みんな大笑いしたあと「うわ〜、怖いんですけど」と。
当たり前じゃ、誰に喧嘩を売ってると思ってるんだ!!!
このくらいしたって罰は当たらないっての!!!(笑)


というわけで、当日はとてもおとなしくしていた息子。
今日はすでに少し恐怖感が薄れたみたいですが、
さてさて、どうなることか・・・

ちなみに、
「注意欠陥障害ではないけれど、そういう子への対処法は全て試してみてください。
親の会とかあるはずだから、情報収集してみてくださいね」とのこと。
新しい課題が増えましたが、ここらで深呼吸して心機一転。
また頑張らねば、と思います。


それにしても、あのガキンチョ・・・誰の子だ(笑)

閉じる コメント(2)

アバター

なんか、凄い(°▽°)
文章が凄いスピードでアタマの中を駆け抜けていくわ。

一気に、ひと息 で 書いたの???


すごく久しぶりだね〜〜
元気にしていたのかな?
スゴく気合い入ってる気がするんだけど〜〜(⌒▽⌒)

2017/2/16(木) 午後 4:56 [ るんるん はるる ] 返信する

アバター

> るんるん はるるさん
あれ、返信してなかった…ごめんなさい!
この話、私の中では爆笑もので。みんなに聞いてもらいたかったのが伝わったのかも(笑)

元気にしてますよ。色々ありますが頑張ってます(笑)

2017/3/21(火) 午後 7:15 ピント 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事