全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全71ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

びっくり〜!

ヤフーブログ、なくなっちゃうんだ!?
全然使っていけれど、やっぱりさみしい…

ここでお友だちになった皆さんは、どちらにお引越しされるのでしょうか。

開く コメント(5)

ずっと放置していたブログ・・・
そして、記事も書いてないから、大事な報告を忘れてました。

実は我が家、去年の6月に家族が増えました。
動物愛護団体に、我が家ではもう使わないシーツなんかを寄付しに行ったとき、
運命の出会いをしてしまったのです!!!


その子は・・・(遠い目)
たくさんの仲間と一緒に、ベランダでぎゅうぎゅうの状態で真夏も真冬も飼育され、
ろくに餌も与えてもらってなかった、小柄で可憐な成猫。
いくつかの団体が一緒になって保護をしたそうで、そこの団体は2匹を受け持ってました。
二人とも、痩せてて気の毒な状態・・・
参考まで・・・
動物をたくさん集めすぎちゃう病気

最初は息子が「ママ・・・僕の誕生日にこの子、うちにもらわない?」と言い出し、
寄付だけ!動物はもらわない!と心に決めていたはずの私、即答で「そうだね、パパに聞こうか」(笑)
娘はもっと冷静だから、やっぱりやめたほうがいいかも・・・と言ってはいたけれど、
なんだかんだ言って猫大好きな我が家。
夫と話す前に誰かにもらわれたりしないよう、仮予約をすることに(口約束ですがね)

帰宅後、話すと案の定「何のためにもう一匹必要なわけ?その子の何が特別なの?」と夫。
くうぅぅっ、見てないから分からないんだよ!と、ここで食い下がり一緒に見に行く約束を取り付け、
その数日後にまたその子に会いに足を運んだ我が家。
すると、あんなに「もう2匹いるんだし、譲り受けるのは反対!」と言ってた夫が、
そのこと一緒に助け出された別の子と「両方引き取りたくなってきた」と。え・・・?(笑)


というわけで、お試しスタート。
我が家の気難しいマーヤはかなり怒ってたし、痩せ細りましたが(元々がりがりなのに)
ミーナはのほほーん。別にご飯にさえ手を出さなければ気にしない、的な(笑)
と言うのも、ミーナちゃんはいつもご飯を食べてる子で。
ところが、新入りはそんなミーナ以上にがっついていた!!!
彼女の辛い過去がよく分かるような食べっぷり。
ここでひるんでたら、食いっぱぐれたんだろうね・・・と同情する私たち(涙)

でもまあ、その後我が家は、その団体の方たちに餌とトイレの世話をお願いして、
夏休みの旅行にも出かけたりしましてね。
(1回の訪問につき6ユーロ、そのお金はその団体の活動資金となる)
帰宅後に「さて、そろそろどうするか決めてね」と言われ、
当然のことながら新入りを我が家に迎え入れることに!

保護されたところでつけてもらった「サルビア」(スペイン語ではセージのこと)という名前のまま、
今ではすっかり太って、しかも長さも大きくなって
「え?もう成長しないんじゃなかったの、あなた・・・」と驚く私たちをあざ笑うかのように、
今ではなんと、3匹の中で一番重たくなっております(笑)
来た時は2,1キロだった体重が、今では4キロですよ!


我が家の先住猫たちは、サルビアと比べたらぬいぐるみ!
本当に、ルールも礼儀も何もなってないサルビアに翻弄される日々・・・
そんなサルビアなので、口うるさいマーヤには未だに「シャーッ!」って言われたりしてますが、
何とかみんな、サルビアとの共同生活を受け入れた感じです。

マーヤもよくおしゃべりをする猫だったけど、サルビアはその倍以上。
いろんなところからおもちゃを取ってきたり(器用に手と口で持ち出しちゃう)
テーブルにあるありとあらゆるものを床に落としたり、
カーテンをよじ登ったり、トイレットペーパーをぼろぼろにしたり・・・
それらを注意しようものなら、私たちが彼女に言ったのの倍くらい文句が返ってきます。
本当に、こちらの顔をじっとにらみながら「ニャオニャオ、ミャオミャオ!」てな感じで(笑)


ミーナは娘、マーヤは私がお気に入りの人間でしたが、
サルビアは割りと誰でもいいのか?ご飯をもらえれば・・・という感じ(笑)
とはいえ、家にいる時間が長いので、私についてくるときが多いですが。
掃除などで家の中をうろうろしていると、
「サルビアの分身がいるのか!」っていうくらい、先回りしてあちこちに出没。

そんな彼女を見て、トイレの砂の減りが早くなったことや、
餌の消費量が増えた事を差し引いても「うちに来てくれてありがとう」という気持ちでいっぱいです。
たぶん、自分猫がいなかった男性陣はもっと喜んでるんじゃないかな(笑)

開く コメント(4)

前回の記事から少ししか経ってないけれど・・・
実は、やっぱり息子は何かあるのでは?と思っています。

うちは上の子が手のかからない、いわゆる「いい子」でした。
過去形なのは、今年中学に上がってから追試とか受けてるから(笑)
これはこれで、人生はいつも順調には行かないのを知るための勉強。
私はいいことだと思っているのですが。


そのせいもあって、自分たちも回りも、息子のことで悩むと
「娘と比較するのがいけない」でおしまい。
もしくは
「その年齢ならそんなもの」と、大げさだと言われたり。
それから、私個人も
「脳の損傷と全て結び付けて考えたくない」というのもあって。

でも・・・心のどこかで「何かがおかしい」と思い続ける自分がいて。
8歳で「叩かれるまで、言うことを聞かない」と言うのはおかしいんじゃないの?
この1年以上、私は自分が息子のことを好きじゃないんじゃないか?
母親として以前に、人間としてどこかに欠陥があるのではないか?と悩みました。
夫も我慢の限界、先日はあまりにもひどいことを息子に言い放ちましたし、
何度も叩いては怒鳴る、の繰り返し。

先日、算数のテストの前日でしたが、
何ヶ月も前から宿題をほとんどやってないことがわかって、びっくり。
翌日担任の先生と話をすることになりました。


そこで、先生から聞かされたのは・・・
「最近、ノートの字が汚くなったのに気づいたと思います。
あれは、クラスのみんなのペースについていきたいからです」
それまではグループのみんなを待たせて、早くしろと言われていたそう。
ノートの字が汚いって、昨日怒ったばかりだよ・・・と涙が出そうに。

「今日の算数のテストは、まだ採点していませんが・・・(と、取り出す)
ここの部分(裏表のテストの裏側)まできて、もうできないと言って放棄しました」
そして・・・
「彼は、生まれる前から脳に損傷があるんでしょう?
体の右側だけじゃなく、いろんなところに支障が出て当たり前です。
私は、前回の掛け算のテストも4,7でしたが、
彼を総合的に判断して、その点数で落第にはしません。
今回のテストも、ここまでやるので精一杯だったのでしょう。
これ以上は集中力が持たない、そういうことだと思います。
月曜日にやり直せばいいだけのことです」


「宿題も、私はそんなに重視していません。
みんなが20問の宿題をやるなら、彼は10問でいい。
集中できる分だけをやって、同じ内容が身につけばいいんです。
障害がある子に、周りとまったく同じカリキュラムをこなせとは思わない。
はっきり言って、各教科の成績よりも、
私は毎日学校に、楽しく幸せに登校してくれることのほうが大事だと思っています」


先生の前で、自分は親としてだめなんじゃないかとずっと思っていること。
自分の子供なのに、嫌いなんじゃないかと悩んでいることを話し、泣きました。
今の担任の先生は、日本で言う療育の先生(だと思う)でもあります。
「あなたのように泣いた親御さんを何人も見てきました。
そういう子を育てるのって本当に簡単じゃない、難しいです。
アドバイスをしてる人が憎らしく思えるのも当然な辛さですよ。
親だって人間だから、限度があります。そんなに家族が辛い思いをしてるっていうのは、
やっぱりお子さんに何かがあるんだと思いますよ」
といわれ、さらに私が息子が小さいころにできなかったことを話したり、
今でも毎日の習慣が身につかないことを話すと
「あのね、さっきから話されてることは全てFunición Ejecutivaのせいです」
(英語ではExecutive funcions、日本語では実行機能と訳されているようです)

目からうろことはこのこと。
今まで、私たちは彼が右手をうまく使えないことで怒ったことは一度もないはず。
でも、生活面でできなかったことも、本人の意思ではどうにもならないことだったとは・・・


十人十色とは言いますが、息子のそれは明らかに「普通」のレベルじゃない。
それを専門家たちに説明し切れなかった自分にも腹が立つし、
夫は自己嫌悪でものすごく落ち込んでしまうし。(ま、落ち込んで当然のことをしたけど)



でもでも、ここまでずっと心に引っかかっていたものの正体が、
ようやく見えてきたような気分です。
本人にもその可能性を話して聞かせ、娘にも話しました。
夫は今日「元気になった。これから頑張ろう!」と言えるようになりました。


うちの子には障害なんてない!と、なかなか認められない親がいるのも知っています。
でも、我が家はその逆というか・・・
なんでも障がいのせいにしてると思われたくないと、無理矢理自分をだましていたような感じです。


私は元々、割と楽観的というか、いつも馬鹿なことを言ってるのが好きなのですが、
それでごまかし続けるのも限界というか・・・
これまでの専門家たちが手助けできなかったのなら、
別のところで別の人たちを探すまで。
敵が見えてきつつある今、頑張ろうと思います。

開く コメント(14)

注意欠陥障がい?

我が息子は小さいころから衝動的で、昨年の11月の脳神経科でついに
「もしかして、注意欠陥障害かも」と言われてしまいました。
ま、脳の一部に損傷があるんだしさ・・・てか、あるなら少しホッとするかも?くらいだった私。
もちろん、そうじゃないに越したことはないんだけど、それにしたってすごいんですよ(汗)

一方では、「でもさ、子供なんだよ?まだ8歳だよ?こんなもんじゃないの?
いや、娘は違ったけど・・・(笑)みんながみんな同じなんて、ありえないよね」と思う自分も。
最近は少しでも「こうあるべき」(いわゆる平均値?)からはみ出ると、
何かしら名前をつけたがる傾向がある気がします。
ただの子供だろう、子供なんてそんなもんだろう?と思える余裕がなくなってきてるのか?


まあ、とにかくそのために14日にまた脳神経科に行ってきました。
私たち家族、学校の担任、そして障がい児を扱うセンターの報告書(3年近く前のもの)を読み、
「なるほど・・・とても衝動的な子供みたいですね」から会話が始まりました。
いやもう、あなたの想像以上ですよ・・・と思いつつ話を進めます(笑)


で、結局出た結果は(これ、スペイン語で聞かないと面白さ半減以下で残念ですが)
「ただのやる気がない悪ガキ」(笑)
想像してなかったわけじゃないけど、医師に言われるとは!(笑)



実は、あまりに人の注意を引くので先学期中に対策として
宿題は一人でやること。1時間たっても終わらない分は、やらずに提出」と担任と取り決め。
「今日も宿題をしてこなかった子にネガティブをつけたら涙を流してたの。
大丈夫、それは嫌だって思って絶対にちゃんとやるから!」と担任。
一抹の不安が残る中、それを伝えた直後に息子がとった行動は
わざと時間を稼いで1時間経過するのを待ち、やらない

翌日にテストがある教科の教科書は、勉強しないためにわざと持ち帰らない。、
ネガティブがついたってへいちゃら、留年の話をしても右から左。
ぜんぜん何のためにもなってない・・・というか、さらにサボってるんですけど?
で、私が取り決めたのは「宿題が終わらなかったら空手を休ませる
これのおかげで少しは緊張感が生まれて今に至りますが、
担任は「それはあまり公平な取引じゃないと思う」
いやいや、敵は手ごわいんだから、一番痛いところをついていかないとだめですって・・・

って話を脳神経医に話したら「あ〜、なるほど。それは薬は効かないわね」
「薬ができるのは、勉強したいけど集中できない子をおとなしくさせて、
座っているのが苦痛じゃないように手助けをするだけです。
よく、投薬中の子の親御さんが「薬をあげてるのに成績は変わらない」と言ってくるけれど、
薬はやる気を出させるものでもないし、ましてや頭をよくするわけじゃないんです」

「そりゃ、そうですよねぇ!頭よくなるなら、私が飲みたいです!」と言うと、
「もしそうなら私がとっくの昔に飲んでます」と返され、大笑い。
「なので、本人のやる気がない、うっかりではなくわざと本を忘れてくる、
というのは注意欠陥とは違う問題だと思います」
いや〜、まったくもってごもっとも!
  
空手の話も「いやいや、不公平なんかじゃないです。お母さん、私はあなたの見方よ」と。
「甘いこと言ってないで、痛いところをつかないと!そのとおりです!」


あとは、親のほうがうまく導けない=こちらが頑張らないとと思い、
カウンセラーに相談に行ったりしてる話をすると
「素晴らしいです。たぶんそれが今一番必要なことだから」と言ってくれました。
「ご両親がしっかり手を取り合って、頑張ってください。
不可能に思えるくらい難しいだろうけど、あきらめないで!」と励ましてくれました。


その間、息子はすぐ横でずっとおもちゃで遊んでいましたが、
それまでたまに声を出さずにジェスチャーとか読唇術(笑)でやり取りしていた部分もあったのに、
そこで旧に彼女が声を大きくして話し出しました。

「では、今回は彼に少しの猶予を与えましょう。
お母さんが見て、どうしてもこの子は助けが必要だと思うのならば、
私ができるのは1日1回打てばいい注射を処方することくらいです。
(ここで息子、遊ぶ手を休める。不安そうな顔)
念のために、かかりつけ医のほうに処方箋を出しておきますので、
いつでも必要なときに処方箋をもらって、薬局で買ってくださいね」

「注射の打ち方は、ネットで見ればすぐに分かりますよね?」と聞くと
「もちろん、そんなの3回も打てばすぐにベテランになります。心配しないで」

そして、ここで一息ついて、もうとっくに遊ぶのをやめてこちらの話を聞いてた息子のほうに向き直り
「それとも、やっぱり今日処方箋を持って返って、明日から注射したほうがいいかな?
血の気が失せた顔で、小声で「ううん、僕頑張る」と答える息子。
息子に背を向けて、笑いをこらえるのに必死の私・・・

もちろん、注射なんて真っ赤な嘘ですが、
このくらいの脅しが彼には必要だと判断したようです。
なんて素晴らしい!これぞプロ!!!と、内心拍手喝采(笑)


家に帰ってから、救急箱にあった注射器をわざとテーブルに出しておき、
パソコンにも注射の打ち方を調べた風の画面を用意。
息子がその二つを見たのを確認して、ほくそ笑む私たち夫婦。

友だちに全てを話し「今日は一日中あいつを脅かして楽しむ」と言ったら、
みんな大笑いしたあと「うわ〜、怖いんですけど」と。
当たり前じゃ、誰に喧嘩を売ってると思ってるんだ!!!
このくらいしたって罰は当たらないっての!!!(笑)


というわけで、当日はとてもおとなしくしていた息子。
今日はすでに少し恐怖感が薄れたみたいですが、
さてさて、どうなることか・・・

ちなみに、
「注意欠陥障害ではないけれど、そういう子への対処法は全て試してみてください。
親の会とかあるはずだから、情報収集してみてくださいね」とのこと。
新しい課題が増えましたが、ここらで深呼吸して心機一転。
また頑張らねば、と思います。


それにしても、あのガキンチョ・・・誰の子だ(笑)

開く コメント(2)

中学進学と小学校転校

さてさて、来週の火曜日で今年度もおしまいのこちら。
今年は暑さが遅くやってきたのですが、昨日からまた寒い(汗)
さすがにコートは必要ないけれど、結構寒いです。

今年度は息子にかなり悩まされた年になりました。
娘も「そろそろ思春期なんだなぁ」というようなことがたびたびで、
こちらもまた戦々恐々といった感じ。
小さいころに手がかからなかった分、大変なのかもしれないなぁ・・・


さて、タイトルどおりの報告になりますが、
早いもので娘はこれで小学校卒業、中学に進学します。
そして息子は来年度から身体障がい児のケアに慣れた学校に転校します。
今までそこに行かせてなかったのは、娘の学年に空きがなかったから。
でももう中学生、その心配がないので転校を決めました。

中学は、今住んでいる町には公立校が3校あって、
そのうちの一つは家からかなり遠いので眼中になく、
残りの2校は家からの距離は大体一緒だったので娘にお任せ。
もちろん、距離以外にもそれぞれの特徴はあるのですが(笑)
「どこの学校に行っても、勉強しないといけないのは同じ。
自分で希望のところを選べばいい」というのが我が家。

いろんな条件でポイントが加算されて、高得点の人から順に入学許可が下ります。
うちは障害認定されてる息子のおかげで、一番の高得点グループでした。
(もちろん高得点をもらえなくても息子に障害がないほうがいいわけですが・・・)
さらに引き分けのときはアルファベット順に並べて、
くじで出た文字から始まる人が優先、という制度があるのですが、
それで選ばれた文字の関係もあり、なんと娘は入学許可が下りた子のリストのトップ。
めでたく希望校に進学できることになりました。

小学校6年間を通じて娘と大の仲良しだったお友だちは空きが出るのを待っている状態。
娘は「本人の希望だから入れたらいいけど、別に自分はその子がいてもいなくてもいい」とドライ(笑)
まあ、自分の中学・高校生活の良し悪しが他人に左右されないのは素晴らしいと思います。
それに、最近は娘が他の友達と話してるのを見ると嫉妬して怒ったりしちゃうようなので、
娘自身も疲れているのかもしれませんが。


そして、息子は理学療法士さんがいる学校へ転校。
今仲良しの友だちと別れるのは寂しいけれど、僕は理学療法が必要だから。
転校手続きをしてくれてありがとう!と喜んでくれてますが・・・
9月に通学が始まって、実際学校生活が始まったらどう思うかドキドキです。
週に数回、クラスから抜き出されて理学療法を受けられますが、
その教科が遅れるのは目に見えているし、不安もあります。

でも、放課後に理学療法に通わなくてよくなる可能性もあり、
そうすれば人生で初めて「好きな習い事」を選ぶこともできるかも!?
本人はハンドボール(左利きはいい、と聞いたため)、卓球(以前の療育担当の先生がいる)、
空手(日本人だから)と、やりたいことをあげたらきりがない状態。

中でも卓球はその先生がいることもありますが、
車椅子の男性が在籍しているし、その先生の息子さんも知的障がいがあるため、
クラブの人たちの受け入れ態勢がしっかりしていていいかな、と思うのですが・・・
その反面、うまく使える左側だけがさらに強化されるのでは?という心配も。
そのへんは夏休み中に担当の理学療法士さんと相談しようと思います。

運動の種類的には空手もいいなと思うのですが、こちらは空きがあるかどうか。
でも、あった場合の利点は、なんと言ってもこれから通う学校の中で練習、
そして学校は家の目の前だということです。
(卓球は家から2キロほど離れていて、夫が仕事のときは車がない)
あとはもちろん、なんと言っても私が日本人ですしね(笑)
日本人であることでからかうようなことはおきないと思うのですが、甘いかしら?


そんなこんなの我が家。
今日は娘が3泊4日のお別れ遠足から帰ってきます。
そして来週から、初めて日本に一人で滞在!
往復はお友だちが一緒に連れて行ってくれますが、
実家では両親(つまり母)にすべてお任せ。
楽しく有意義な夏にしてもらいたいです。

私はプール通いの夏休みに(笑)
屋内プールが休みに入る間にいつも筋力ダウンしてしまいますが、
今年は筋トレとジョギングで何とか保てる方向に・・・走りたくないけど(汗)
子供たちも頑張ってるんだから、私もチャレンジしないといけませんね。

開く コメント(4)

全71ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事