過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

前回の記事から少ししか経ってないけれど・・・
実は、やっぱり息子は何かあるのでは?と思っています。

うちは上の子が手のかからない、いわゆる「いい子」でした。
過去形なのは、今年中学に上がってから追試とか受けてるから(笑)
これはこれで、人生はいつも順調には行かないのを知るための勉強。
私はいいことだと思っているのですが。


そのせいもあって、自分たちも回りも、息子のことで悩むと
「娘と比較するのがいけない」でおしまい。
もしくは
「その年齢ならそんなもの」と、大げさだと言われたり。
それから、私個人も
「脳の損傷と全て結び付けて考えたくない」というのもあって。

でも・・・心のどこかで「何かがおかしい」と思い続ける自分がいて。
8歳で「叩かれるまで、言うことを聞かない」と言うのはおかしいんじゃないの?
この1年以上、私は自分が息子のことを好きじゃないんじゃないか?
母親として以前に、人間としてどこかに欠陥があるのではないか?と悩みました。
夫も我慢の限界、先日はあまりにもひどいことを息子に言い放ちましたし、
何度も叩いては怒鳴る、の繰り返し。

先日、算数のテストの前日でしたが、
何ヶ月も前から宿題をほとんどやってないことがわかって、びっくり。
翌日担任の先生と話をすることになりました。


そこで、先生から聞かされたのは・・・
「最近、ノートの字が汚くなったのに気づいたと思います。
あれは、クラスのみんなのペースについていきたいからです」
それまではグループのみんなを待たせて、早くしろと言われていたそう。
ノートの字が汚いって、昨日怒ったばかりだよ・・・と涙が出そうに。

「今日の算数のテストは、まだ採点していませんが・・・(と、取り出す)
ここの部分(裏表のテストの裏側)まできて、もうできないと言って放棄しました」
そして・・・
「彼は、生まれる前から脳に損傷があるんでしょう?
体の右側だけじゃなく、いろんなところに支障が出て当たり前です。
私は、前回の掛け算のテストも4,7でしたが、
彼を総合的に判断して、その点数で落第にはしません。
今回のテストも、ここまでやるので精一杯だったのでしょう。
これ以上は集中力が持たない、そういうことだと思います。
月曜日にやり直せばいいだけのことです」


「宿題も、私はそんなに重視していません。
みんなが20問の宿題をやるなら、彼は10問でいい。
集中できる分だけをやって、同じ内容が身につけばいいんです。
障害がある子に、周りとまったく同じカリキュラムをこなせとは思わない。
はっきり言って、各教科の成績よりも、
私は毎日学校に、楽しく幸せに登校してくれることのほうが大事だと思っています」


先生の前で、自分は親としてだめなんじゃないかとずっと思っていること。
自分の子供なのに、嫌いなんじゃないかと悩んでいることを話し、泣きました。
今の担任の先生は、日本で言う療育の先生(だと思う)でもあります。
「あなたのように泣いた親御さんを何人も見てきました。
そういう子を育てるのって本当に簡単じゃない、難しいです。
アドバイスをしてる人が憎らしく思えるのも当然な辛さですよ。
親だって人間だから、限度があります。そんなに家族が辛い思いをしてるっていうのは、
やっぱりお子さんに何かがあるんだと思いますよ」
といわれ、さらに私が息子が小さいころにできなかったことを話したり、
今でも毎日の習慣が身につかないことを話すと
「あのね、さっきから話されてることは全てFunición Ejecutivaのせいです」
(英語ではExecutive funcions、日本語では実行機能と訳されているようです)

目からうろことはこのこと。
今まで、私たちは彼が右手をうまく使えないことで怒ったことは一度もないはず。
でも、生活面でできなかったことも、本人の意思ではどうにもならないことだったとは・・・


十人十色とは言いますが、息子のそれは明らかに「普通」のレベルじゃない。
それを専門家たちに説明し切れなかった自分にも腹が立つし、
夫は自己嫌悪でものすごく落ち込んでしまうし。(ま、落ち込んで当然のことをしたけど)



でもでも、ここまでずっと心に引っかかっていたものの正体が、
ようやく見えてきたような気分です。
本人にもその可能性を話して聞かせ、娘にも話しました。
夫は今日「元気になった。これから頑張ろう!」と言えるようになりました。


うちの子には障害なんてない!と、なかなか認められない親がいるのも知っています。
でも、我が家はその逆というか・・・
なんでも障がいのせいにしてると思われたくないと、無理矢理自分をだましていたような感じです。


私は元々、割と楽観的というか、いつも馬鹿なことを言ってるのが好きなのですが、
それでごまかし続けるのも限界というか・・・
これまでの専門家たちが手助けできなかったのなら、
別のところで別の人たちを探すまで。
敵が見えてきつつある今、頑張ろうと思います。

開く コメント(14)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事