息子の病気

[ リスト | 詳細 ]

生後8ヶ月頃に気付いた息子の『異常』・・・
原因は「子宮内で脳梗塞になった」、その後遺症だそう。
彼の症状は日本語では「右半身不全麻痺」というみたいです。

スペインで、そして日本での診断や検査、リハビリ状況、私たちの心情や彼の状況などを書いています。
記事検索
検索

抗生物質ってすごい!

火曜の夜から抗生物質を飲みだしたカチート。
翌日水曜の夜もまだ熱かったのですが、
木曜の朝に抱っこしたら普通の子どもに戻っていました!(笑)
火曜に喉のことが判明して以来、解熱剤は使っていないのに!です。


やっぱり喉が治らないと、熱は下がらなかったんですねー!


火曜の新体操のときに「医者に連れて行けば?」と声をかけてくれた人も、
木曜のカチートの様子を見て「良くなったみたいね」と喜んでくれました。
「おかげでまた後を追う生活だけど・・・」と苦笑する私に、
「それが嬉しいんでしょう」と。
まったくもって、その通り(笑)

「もう大分元気そうな顔してるものね。よかったね」と言われた後に、
「あなたの顔つきも、火曜とは比べ物にならない」って。
そうか・・・私の顔も違ってたのか、と妙に感心。


カチートの私に対するベッタリ度も大分治まってきたし、
ご飯も大分食べるようになったし。


っていうか、このご飯なんですが・・・
水曜の時点で、いきなりヒヨコマメ?の煮込みを食べました(汗)
「下痢してるんだし、豆なんて食べていいのかよ・・・」と思ったけど、
食べたがるんだから「出て元々」ってことで与えました。


昨日、今日は大分おなかが空くようになったようで、
食べ物をねだることも増えてきました。
まだ体力は元に戻らないようですが、それも時間の問題でしょう。
だいたい顔つきが変わったと言われるほど痩せたんだから、
体力が落ちるのも当然です(汗)


今日は自転車で12キロ走ってきましたが、
カチートはもちろんお荷物としてパパの後ろに。
それでも疲れたみたいで、昼ご飯の後床で寝てしまった私の横で、
彼も同じクッションを枕にして眠っていました(笑)
起きたら7時半で焦りましたが・・・


その後少し外で遊ばせたのもあるかもしれませんが、
夜もまたきちんと眠りにつきました。
今週は学校も保育園もセマナサンタ(イースター休暇)でお休み。
その間に体力が回復するのを祈ります。


そして!11日に受けられなかったボトックスですが、
なんと先日電話があり、休暇明けの25日に来られるか?とのこと。
もちろん二つ返事で「行きます!」と伝えました。
これで3学期の間、ボトックスの効果有りで過ごせます♪



また医者に

午後、娘が新体操のクラスの間に、急患でいつものクリニック?に。
カチートの担当医は午前なのですが、高熱だという事で診てもらいました。

しばらく待ちましたが、その間カチート、ずっと椅子に座っていました。
相当具合が悪いんですね・・・
いつも「おとなしくして、ジッとして!」と言っている相手とは思えん(苦笑)


診断結果は、喉に膿があるとのこと・・・
これが治るまで熱は下がらないわよ!と言い切られてしまいました(汗)


でも原因が分かったし、抗生物質も出してもらって一安心。


今日はベビーカーも拒否、家の中でも外でもずっと抱っこ。
熱でアツアツなのに、さらに私の体温と高い気温とで暑さ倍増だったと思います(汗)
でも余計なことに体力を使わせたくないから、ここは黙って抱っこってことに。

おかげで疲れてしまい、帰宅後気付くとソファで上を向き、口をあけて寝ていました(汗)
その膝の上にはカチートが大量なるよだれをたらしつつ、
足元のマッサージ用マットには娘が毛布をかけて、それぞれ寝てました。
慌てて起こして、抗生物質を飲ませるのに数分間の戦い。
でも自分できちんと飲んでくれました。ありがとう!!!


ちなみに新体操の終わりの時間に間に合うか分からず、
ちょうどきた知り合いのママに娘の事をお願いしたのですが、
医者が終わって彼女達と会った時にされた話が・・・


「最初は私のことが分からなくて、一緒に来るのを嫌がってね。
それ、とってもいいと思ったのよ!」とお褒めの言葉。
確かに、知らない人について行かれては困りますからね・・・
「私がPABLOのママって分かるように、息子のところに行ったのよ」って。
お世話になりました・・・


でもこの話、本当に嬉しかった!
だって、これがカチートだったら即行彼女と一緒に行ってますよ。
ここぞとばかりに褒めておきました。


その他にも、朝の救急が終わったあとに家に戻ったときも、
いつもはまだ寝ている時間なのに着替えを済まし、朝食をとっていた彼女。
旦那が声をかけていってくれたそうですが、それにしてもえらかった!
責任感の強いタイプのこの子のおかげで、
我が家は必要以上のパニックに陥らずに済んでいます。
ありがとう!!!

昨日カチートを寝かす時38度で、夜もずっと。
薬は吐くからあげず、シート貼ったり水つけたりしてたんだけど、
頻繁に起きては水を飲んで、おしっこをするの繰り返し。
こっちも疲れてソファで寝てしまいましたが、途中でくたびれて添い寝。
水も横に用意してね(笑)

ところが5時過ぎに、「う〜!」と奇妙な叫び声を発して、
驚いて飛び起きたらものすごい熱い!!!
声をかけても反応なく、見たら硬直して目はうつろ。
実はカチート、こうなったのは今回で2度目なんです(汗)


驚いて水を飲ませようとしたけど、ベッドにこぼしちゃって。

想像してた通りのことが起きましたよ、トホホ(涙)


そこが冷たいから(苦笑)とりあえずそこに寝かせて、
自分も外に出てから旦那を起こして風呂を入れてもらって。
泣くから私も一緒に入ったんだけど、もっと早くに救急に行けば良かったと大後悔。
旦那はその後「寝るから」とベッドへ。理解できない・・・(怒)



7時前に熱を測ったけど、吐かれつつも薬をあげたのに39度近い。
うなった時は何度あったんだろう・・・かわいそうに。
旦那の出勤時間が迫っていたけど、救急センター行くことに。

早朝の気温はまだ低く、薄着で出たら寒い!!!
それが返って息子には良かったらしく、到着後検温したら37度台に。


いい先生で、きちんと診てくれました。
小児科医ではないのですが・・・
「下痢は治るまでとにかく水分補給と、消化のいいものを。
乳製品はここ数日あげないで、様子を見てください。
そして今一番大事なのは、今後高熱が出たらすぐ下げることです」
というわけで、座薬の解熱剤をもらってきました。
今度小児科医に出してもらって、常備薬にしておこう・・・



とても見たがっていたのでトトロをつけたら、私に張り付いて寝ました。
娘の学校の時間になり、不安だけど彼を置いたまま送って行くことに。
途中友だちに会い、早口で事情を伝えて連れて行ってもらいました。
毎回娘はこういう目にあっていて、これはこれで気の毒ですが・・・


私もこれから寝ようと思います。
午後の新体操も、息子しだいで行くか決めようと思います。
今日は去年の10月以来のボトックス!のはずでしたが、
何とカチート、昨日の夜中の0時45分ごろ、泣き出しました。
見に行くと、なんか熱いし様子が変。
トイレに行くか聞くとうなずくのでベッドから出すと、汗ビッショリ。
さらにおなかがヒクヒクして、オエオエ吐く体勢・・・

最近人にやらたとベタベタしてくるし、なんか嫌な予感はしていたんですよ、ハイ(汗)

でもよだれが出るくらいで、なにも吐けず。
とにかく苦しそうだし、これは困ったと救急の番号に電話。
症状を説明すると「しばらく様子見て、だめなら診せにきてください」とのこと。
これでもしもの時は住んでる町の救急センターに行けると分かり、
ちょっと気が楽になりました。(小児科がないんですけどね)


しばらくすると、私に抱かれたまま眠りそうに。
ベッドに行くか聞くと、「NO、ママ!」
はいはい、そうですか・・・というわけで、しばらく抱っこ。
でも眠そうなので、ソファで寝るか聞くとうなずく。
なので、少しの間ソファで様子を見ることに。


結局3時半ごろ、ようやくベッドに戻して私も就寝。


去年の夏は脳波の検査の前夜、熱を出したカチート。
こちらは最初から「熱があるときはできません」と言われていましたが、
ボトックスは特に注意もされていないし・・・
でも電車とバスを乗り継いで行ってだめだったらショックだし、
と思って今朝電話で確認。
何度か人が代わり、やっと担当医と話すことができました。

「そうね、カチートに打つ量は本当にわずかだけれど、
念のために熱があるときはやめたほうがいいでしょうね。
良く電話してくれましたね」と褒められました・・・が!

「次の予約は、大分込み合っているので、遅くなります」って(涙)


このところ効き目が薄れてきていて、右手を握っている時間が増えてきたカチート。
せっかくのボトックスだったのにぃぃぃぃ!!!


仕方がないのですが、ガッカリです。
もともとボトックスを受けられるのは、月に2回だけ。
4月は今日が2回目だと思うので、早くても来月の頭。
でも担当医の話しからすると、6月くらいになるかなぁ。


遅れるぶん受ける頃には効果がすっかりなくなっているだろうから、
前回の検診時には「腕だけでもいいかな?」と言われていたけれど、
これでほぼ確実に腕と親指の二箇所に接種になるでしょう。
ま、これはこれでよかったのかな?


これで9月に予定されていたリハビリ医の診察も、
大幅にずらさないといけないでしょうね・・・
9月から学校が始まるカチート。
なるべくお休みの回数を減らしたいものです。

心理の先生

実は・・・先月行かないといけなかったのですが、
今日やっと行って参りました。


病院に言ったのは10月のボトックス注射以来。
今日行った場所自体は・・・実に5ヶ月弱ぶり!

もう忘れちゃったかな?と思っていましたが、
着くなり前に訓練を受けていた人の部屋に一直線!(笑)
あいにく彼女、今日はお休みでしたが。


しばらくぶりだったので、そこの事務的なことをしている人たちは、
すでに私のこともカチートのことも忘れていました。
でも・・・お医者様は覚えてくれていましたよ!
(ま、もちろん直前にカルテも読んだだろうけど)


廊下で彼と会い、そのまま彼についていく形で診察室へ。
でも彼、背が高くて脚が長いのです。
カチートがモタモタしている間に、角を曲がってしまいました。
それでもカチート、覚えていたようでまっすぐ彼の部屋まで一人で行きました!


簡単に言うと・・・・

身体面では同じ歳のこと比べて一ヶ月、物によっては二ヶ月の遅れが。
これは個人差もあるので、全く問題なし!

言語面は、理解力は100%正常!
ただ、話す能力は今現在18ヶ月の子と同じくらいだそうです。
私は娘のことを思い出して
「だいたい一年くらい違う(遅れてる)な」と思っていたので、
だいたい想像通りでした。


学校も普通の学校で、言語補助のみでいいでしょう、とのこと。
これには私、ガッカリ(苦笑)
ここへ来て本当に、娘のためにも学校を変えたかったので・・・
ま、これは担当の人ときに頑張ります。


あと強く勧められたのが、プール。
「行かせたいのは山々だが、市営プールが1年近く前から壊れてる」
と言うとあきれ果てていました。
もしできれば水中リハビリに、それが無理でも私と一緒にプールに通うよう指示。
最近やっと修復工事が始まったので、気をつけて見ていることにします。


「そしたら、次回は学校が始まってちょっとしたら・・・
そうだな、10月ごろに予約を取ってきてください。
そのときがきっと最後の面接になると思います」って!!!


また一つ、診療科が減るみたいです!
うれし〜い♪♪♪


「家族も皆、よくやってますよ。このまま力をあわせて頑張って!」
と言っていただきました。


病院に行ったあとはすごく疲れますが、
こういうことを聞いて帰って来れた時は幸せです。
よーし、がんばるぞ〜!


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事