ちょっと独り言

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

秘密基地?

イメージ 1



先日行った公園にある、地上2メートルくらいにあるネット。
あちこちに張り巡らされたロープを伝って、スルスルと登っていく娘。
カチートも登りたがるので、私が下で抱えあげて、
先に上ったパパに引き上げてもらいました。


こういうところ、秘密基地みたいで楽しいですよね。
でも私は数年前に上ったら、怖くなってました・・・
あうぅ、歳をとったものだ(涙)

怒ってます!!!

昨日は言語・作業療法、理学療法の日でした。
カチートがリハビリ中、保育園が一緒だった女の子のママとお話。
初めて話したのですが、なんとその子は500グラムちょっとで生まれた超未熟児だそう!
どうりで小さいはずですよね(汗)

しかも彼女、午前中は同じく未熟児(こちらは1000グラム)だった息子さんを連れてきてるとのこと。
二人もか・・・お母さん、頑張って!です、本当に。


それでです。その「500グラム」というのを聞いて、その場にいた大人は皆声をあげたんですが、
そこから会話に入ってきたのがルーマニア人(だと思います)カップル。
彼らの息子はカチートと同じ学年のようですが、今までの経過を聞くと
「1歳になる前(何ヶ月か忘れた)にリハビリに回されたけど、
凄い泣いてかわいそうだからやめさせたんです。
来るのも大変だったし・・・」



ハッキリ言って、意味が分かりません。
自分の子どもが泣くのを見るのが好きな親はいないと思います。
でもそれで医者が決めたリハビリをやめさせた???
隣町からバスで一本なのに、大変だった?
(私は丸一年、電車とバスを乗り継いで週1時間のリハビリに通わせていました)


今はカチートと同じく学校に通いだして、そちらから行かないと駄目と言われたそう。
小さい頃から言われてたのに、放っておいたってことは今はどんな状態???

それなのに父親のほうは
「ここまで来るのも大変なのに、週に2時間のリハビリは少なすぎる。
これじゃ効果が出ないと思う」と文句を言ってるんですよ?


週に2時間でも子どもには長く感じるに違いないし、
第一今までの彼の人生の3年間を無駄にしちゃったなんて・・・
その3年間で、一体何時間のリハビリができたと思ってるんですかね?
リハビリに来ないことでその時は泣かせずに済んだかもしれないけれど、
この先一生その子は泣く事になるかもしれません。
その子が大きくなったら
「何で連れて行ってくれなかったんだ!」と言われるんじゃないでしょうか。


カチートも病院での理学療法では毎回泣き叫びましたし、
作業訓練?の人と一緒に行くのだって何ヶ月も泣いていました。
小さい子が理学療法で泣かないなんて、聞いたことがありません。



昨日から、この出来事を思い出しては腹を立てています。
奇しくも数日前、友だちが
「カチートは本当にお話も上手になったし、いろんなことができるようになったね!」と喜んでくれた後、
「この子はピントがいなかったら今とは違った子になっていただろうね」と。
意味が分からず聞き返すと
「小さい頃から遠くまでリハビリに行ったり、保育園だって遠いのに毎日行ったし、
リハビリだって休まず通ったし・・・その努力がなかったら、こんなに回復してないよ」って。

その時は私「親なら当然でしょう」と思ったものですが、違いました・・・
その子がどんな障害を持っているのか分かりませんが、
なんだかやりきれない気持ちです。
できればこの先、その子と遭遇したくありません。
って言ってますけど、卒園式は6月半ば過ぎに終わってるんですが(笑)

6月でやめたお友だちが大半だった中、
我が家のカチートは今月いっぱい登園しました。
最後の最後まで、先生方にはお世話になりました。
ここで言っても誰も分からないだろうけど、ありがとうございました。


思えば去年の6月。
仕事もしていないのに保育園に子どもを預けるのにとても抵抗があった私。
というか、実は一昨年も同じように悩んでいたっけ!
一昨年は旦那が失業中だったのもあり、それほどだったけれど、
今年度保育園に入れるかどうかではかなり葛藤しました。
これはここでもいろいろと聞いていただいたので、知ってる人も多いと重いますが(苦笑)

ところが、去年の暮れ辺りから目覚しい進歩を遂げたカチート。
これはもちろん保育園だけのおかげではないんですが、
やっぱり同じ歳の子達から受ける刺激って素晴らしい!と思いました。
これはどんなセラピストも医者も敵わないと思います。
それから毎日本当に楽しそうに登園してくれた息子の姿も、
保育園に入れてよかったと思わせる一因でした。


7月は希望者だけの登園と分かった時も、
「行かないほうが私は楽だけど・・・」と思ったりもしましたが、
やっぱりこれはリハビリ!ということで、すぐに行かせる事に。
どちらにしても火・木のリハビリも続けていたわけですしね。
だいたい家にいても暇だっただろうし・・・
週末なんて一日に5,6回は玄関に行って、
「ママ、アナ、VAMOS!」って言われてたし(笑)


今年度が始まる前は、保育園が凄く遠くに思えていました。
毎日娘を小学校に入れてから、保育園まで・・・
怠け者の私にできるのか?と思ったり(苦笑)

でも暑い日も寒い日も、雨の日も雪の日も、通い続けました。
実は数日前に園長先生(私より若い!)が、
「私はピントのこと、凄いと思ってるのよ。
火・木なんてたったの2時間のために連れて来てさ。
その日はもう休んじゃえばいいのに!と何度も思ったのに、
雨が降ろうが暑かろうが、ちゃんと通いとおして」と褒めてくれました。

でもそれは毎日楽しく通い、目に見えて進歩したカチートの姿と、
いつも優しく根気強く我が息子に接してくれた皆さんがあったからです。
たまたまそこにしか空きがなかったという理由で入った園だったけれど、
本当にここでよかった!と感謝の気持ちでいっぱいです。


今朝は起きた時から「今日で保育園、終わりだよ」と声をかけましたが、
肝心のカチートの返事は「えぇ?」何度言っても無駄だった・・・(苦笑)
やっぱりまだ小さくて、よく分かってないんでしょうね。


さて、クラス単位では担任の先生に贈り物をしましたが、
やはり最後の日に何かしたいと思った私。
園長先生、担任の先生、調理師さん二人、そしてカチートが大好きな先生に、
それぞれお花を一輪ずつあげようと決めていました。
旦那と財布と相談して、みんなにはいつも元気なカチートのイメージで、
黄色いカーネーションをあげることに。
そして初恋の先生には、赤いカーネーション!


ところが・・・想像していた通り、あげる段階になって問題発生。
と言うのも、担任の先生に渡すように言ったのですが、
持って行くんだけど手を離さない!!!(苦笑)
「カチートの分は家にあるから!」などと言っても無駄。
先生も笑って「これは私に?それともカチートの?」と聞くと、
「YO!」(僕)・・・・違いますけど・・・
でもまあ無事に渡せて、記念撮影もしていただきました。

イメージ 1




その後出てきた調理師さんに「いつも美味しいご飯をありがとう」とあげると、
とても驚いたみたいでした。
実は私、味見をしたことがあるんですけど・・・
凄く美味しいいですよ!!!
カチートは週に3回しか給食を食べる機会がなかったけれど、
数枚見た写真では綺麗に食べていた様子。
初めから先生に褒められてたしね・・・食べる事に関しては(笑)
名前も知らないまま終わってしまいましたが、
彼女達にもとても感謝しています。


その後、カチートの大好きな先生に。
彼女だけ色が違うと言うと、すぐに意味を分かってくれました(笑)
毎日保育園に着くと大喜び、担任の先生も大好き!
でしたが、彼女を見たときの様子は違ったんです!!!
なんかくねくねしちゃって、私の後ろに隠れてみたり・・・
そうかと思うと、遠くに彼女がいると走っていって抱きついたり。
「カチートは愛されるキャラだからね〜、いなくなると寂しいよ」と言ってくださいました。
実際にそうなんですよね・・・かなり大変なタイプだけど、
可愛がられるタイプでもあるんですよ。
世渡り上手とでもいいましょうか・・・(汗)


実は彼女、カチートは別の病気ですが、定期的に右手にボトックスを受けています。
その辺のことも「彼はまだ小さくて教えてくれないだろうから」と、
私たちに打ったあとの感覚とかを詳しく教えてくれたんです。
彼女の病気は進行性のもの。
しかもここ一年以内に発病したようで、
まだまだ左手での作業に慣れていないと笑っていました。
「カチートは頑張り屋さんです」とも言ってくれました。
彼女の病気の進行がゆっくりでありますように、
そしてリハビリを頑張って欲しいと祈っています。


イメージ 2




最後は園長先生。
ここでも彼女は旦那に向かって「ピントを褒めてあげてね」と(恥)
カチートの進歩を家族のように喜んでくれて、
ここでまた泣きそうになった私(苦笑)
彼女とはいろんな話をしたし、卒園後もたまに顔を見せようと思っています。
あ、もちろん私がじゃなくて、カチートのですよ(笑)
病院で学校を休む時とか、寄ってみようかな・・・と。
とは言え、家から離れてるんですけどね(汗)


イメージ 3






しかしまぁ、家から遠かったことさえが良かった!
と言うのも、登園だけで毎日8キロ近く歩いていた私。
おなか周りの肉がかなり取れたんですよね〜!!!(笑)
元が怠け者なので、こういう理由じゃなかったらそんなに歩かなかっただろうし、
これはこれで良かった!という事になっています。


長々と書きましたが、自分用のメモの意味も込めて。
11ヶ月だけ登園したカチートでしたが、
本当に貴重な体験をさせていただきました。
保育園に入れるかで悩んでいた時、コメントを下さった皆さんもありがとうございました!


じゃ、明日は暑い中動物園なので・・・支度にかかります(汗)

中国産山芋

今日は久々に、中華食材店に買出しに!
ここって私にとってとても危険な場所。
だって欲しいものがたくさんあるんですもの・・・(笑)


さて、今日はインスタントラーメンを大量購入!
味が分からない(食べたことがない)ものも結構買ってみました。
まずかったら麺だけ使って、スープは家でつくろうってことで。
今まで買ったことがないカップめん(刀削麺のもの!)とかもお試しで2つずつ。

それからお酒、醤油、白きくらげ、黒きくらげ、干ししいたけ、
春雨、乾麺、豆腐、薬膳茶。←これは生薬かと思ったら、顆粒だった(汗)


最後に空芯菜、中国ナス、そしてとっても欲しかった山芋発見!
冬の間とは違って、真空パックでしたが娘も欲しがるので購入!
娘「ベタベタ、ベタベタ〜♪」と言って大喜び。
ネバネバとか言ってよ・・・(汗)


で、夜はなすと豚肉の炒め物(甘い味噌味)、空芯菜の炒め物、
冷奴に山芋を拍子切りにしたもの!と思ったら・・・


山芋を開けた途端、なんとなくかび臭いと言うか・・・
それでも「端っこが変色してるせいかな?」と思い、
そこを切り落としてジャンジャン切っていきました。
ところが、どうしても気になって・・・

実は娘、病み上がりなんです。
だから「変なものはあげたくないし」と、味見をすると・・・

なんか薬品ぽい味と、舌がピリピリするんですけど?


中国なだけに、怖くなって全部捨てました(涙)

娘はとても食べたがっていたのでかわいそうでしたが、
あんなの食べたくないし、子どもにあげるなんて冗談じゃありません。


あのー、中国で生活している皆さん、大丈夫ですか????(汗)
加工品(冷凍食品とか)は絶対に買うまい!と心に誓いました・・・



新米ママ、頑張れ!

今朝用事があって出かけたついでに、買い物も少々。
久々に大好きなスーパー(笑)で、いろいろと物色。
ま、結局買いたかったもの以外買いませんでしたが。
偉い、私!(笑)

さて、家に近付くと変なところに女性が一人。
ベビーカーを横に置いて、なんであんなところに立ってるんだ?と思ってよく見ると、
なんと日陰に入って立ったまま、小さな赤ちゃんに授乳してたんです!
「私もいろんなところでおっぱい出したよなぁ」と思いつつ、
彼女の横を通る時に声をかけることにしました。


「建物の入り口でよかったら、入る?」と聞くと、
「ここから近い?」って、そりゃそんな格好で長距離歩かせないって(笑)
実際私の住む建物の入り口の真横だったのでそれを伝えると、
「手伝ってくれるなら、ぜひ!」という事になり、
彼女は赤ちゃんを吸い付かせたまま移動。
私はベビーカーを押して建物の中に入る事に。

とりあえずソファも何もないけど、階段に座ってもらうことに。
人目も気にならなくなって、大分楽かな?と自己満足(笑)
彼女は「こんなこと絶対できないと思ってたんだけど・・・」と、
実は外での授乳は初めてだったと話してくれました。
「あー、私も散々いろんなところで出したよ」と笑い話。

「今はここで胸を出すなんてできないけど、赤ちゃんがいるとね」と言うと、
「本当に。自分でも驚いた」と若いママ。
「そうそう、本当に自分の子どものためだと、いろんなことができるよ」と雑談しました。


授乳が終わり、落ち着いたときに赤ちゃんを見せてもらうことに。
生まれたときに2500しかなかったというその赤ちゃんは、
生後3週間の今でもとても小さかった!!!
「私の下の子は2850で生まれたけど、一ヶ月で2キロ太ったんだよ」と言い、
「だからこの大きさはほとんど覚えてない」と言うと、大笑い。


小さな女の子、とても綺麗な顔立ちの赤ちゃんでした。
娘が一緒だったら、本当に喜んだだろうな・・・
しきりに「本当にありがとう」を繰り返し私に言ってたけれど、
実はこちらのほうこそ「ありがとう」
彼女には伝え忘れちゃったけど、大事な赤ちゃんを見せてくれたこと。
見ず知らずの私に出産時の話をしてくれたこと。
全てが嬉しい出来事でした。

最後に「頑張ってね!」と声をかけると、
「あなたも、二人の子育て大変だろうけど」と言ってくれました。


名前も聞かなかった出会いだけど、なんだかとっても得をした気分になる出来事でした。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事