ここから本文です
デンデロの消失−ガンプラレビューとドンドコドーン!−
ハイレゾリューションモデル ウイングガンダムゼロEW、HGBFういにんぐふみな 更新

書庫全体表示

イメージ 1
卑怯?いいや、卑怯ってのはこういうことだ!!
figma仮面ライダードラゴンナイトシリーズより、仮面ライダートルクが発売!
インサイザーと同時発売です

イメージ 2
そこで何やってんだ、俺抜きでパーティか?
日本版同様、ドラゴンナイトでも出番が多かったライダー
ただしドラゴンナイトでは警察に追われている詐欺師で、レンとキットを仲違いさせるために暗躍するちょっと小物臭いキャラ。後半も容姿が瓜二つなチャンスというベンタラのライダーとして登場。

イメージ 23
正面
シルバーの塗装がイカしてます

イメージ 22
背面

イメージ 24
アップ
マスクの塗装も細かく綺麗で、造形も良し

イメージ 25
可動は他のドラゴンナイトシリーズと大差なし

イメージ 29
付属する手首も今までのドラゴンナイトシリーズとほぼ同じ

イメージ 26
バックル

イメージ 27
銃型召喚機
マグナバイザーですね、こちらの塗装も問題は特にありません
ただ、専用の持ち手が右の分しか付きません

イメージ 37
ちょっとポロリしやすいですが、腰にマウント可能です


イメージ 36
あまり意味はありませんが、身体の各部にも取り付け可能だったりしますw

イメージ 28
アドベントカード
専用の持ち手が右手分にしか付属しないのでマグナバイザーに装填するポーズが出来ません
上の画像では普通のマグナバイザー用ではない左の武器持ち手で持たせてます

イメージ 3
イメージ 4
大砲(ギガランチャー)
かなり大きいため、2つに分割されてます

イメージ 30
付属品まとめ
硬質性のアンテナも付属します

イメージ 5
イメージ 6
カーメンライダッ!

イメージ 7
イメージ 8
おめでとうキット、正解のご褒美はアドベント空間への片道切符だ!

イメージ 9
イメージ 10
銃系キャラのフィギュアの扱いって慣れないなぁ・・・w

イメージ 11
イメージ 12
NT撃ち

イメージ 13
イメージ 14
とろいってばよ!

イメージ 15
シュートベーンッ

イメージ 16
ギガランチャーは両手で支えるのがやっとな重さ。スタンドも必須ですw

イメージ 17
一番後ろの部分は開閉可能

イメージ 18
イメージ 19
イメージ 20
イメージ 21
色んな角度から

イメージ 31
イメージ 32
途中一緒に行動するも、息はまったく合わなかったお二人

イメージ 33
ウイングナイトはゼイビアックスの手先だ!
な、なんだってー!

イメージ 34
集合写真・・・ウイングナイトはまだ手元に無いですがw

イメージ 35
以上、figma仮面ライダートルクでしたー
本体は従来のドラゴンナイトシリーズ同様、かなりクオリティが高いのですが、やはり欲を言わせて貰うとマグナバイザーとカード持ち手は両手分付けてほしかったところ・・・後、値段が上がっても良かったんで肩のギガキャノンも欲しかったですね。
あぁエンドオブワールド再現用にマグナギガが欲しくなる・・・w

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事