ここから本文です
デンデロの消失−ガンプラレビューとドンドコドーン!−
MGアドヴァンスドジンクス、HGIBOイオフレーム獅電改(オルガ機) 更新

書庫全体表示

イメージ 1
《ガンダム》は、全てが求められるまま、いつの時代も生まれるべくして生み出されたのだよ
機動戦士ガンダムUCのMSVより、デルタプラスの運用データを基に特殊装備を追加実装させた試作可変MS、ガンダムデルタカイがHGUCで発売!

イメージ 2
イメージ 13
ランナー
HGUCの中ではかなり多い部類だと思います
余るパーツでデルタプラスのライフルも作れたりします

イメージ 14
ホイルシール
紫のラインの部分は細かい大体シールで補います

イメージ 15
来る頃には全て終わらせているよ・・・《ガンダム》がね
白と淡い紫のカラーリングがとても綺麗
本体そのものはスタイリッシュながら武装はゴッテゴテ、特にシールドなんか凄いです
可動範囲はデルタプラス同様なので、今回省略させていただきます

イメージ 16
正面
細かい黄色も良いアクセントになってます

イメージ 17
背面
2つの大きなプロト・フィン・ファンネルが目を惹きます

イメージ 18
アップ
箱画だと顔は凄いカッコよく見えるんですが、キットはなんかんん・・・?といった感じがちょっとしたり
っていうかここだけ見るとスパロボみたいですねこれ

イメージ 19
デルタ家族で
こう並ぶとデルタカイのボリュームが解ると思います

イメージ 20
ロング・メガ・バスター
百式の改良バリエーション機向けに開発していた、ビームライフルとは比較にならないほどの威力を持つ、デルタプラスの本来の標準装備でもある大型携行火器
専用の持ち手が付属

イメージ 3
ハイ・メガ・キャノン
ZZガンダムの物から45%まで出力を抑え、ある程度の連続発射が可能になっている広域兵器

イメージ 5
イメージ 4
ビームサーベル
ビーム刃、柄ともに2本ずつ付属

イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8
ウェイブライダー形態
変形は他のデルタ系列同様、差し替えパーツを大胆に使った変形
この形態がまたカッコよすぎる・・・
変形させるのは大分面倒ですし余剰パーツも多いので、もう1個買って両形態で飾りたい!

イメージ 9
イメージ 10
イメージ 11
イメージ 12
ビームサーベルで
本体のボリュームのせいか、これだとちょっと短く感じる・・・

イメージ 21
イメージ 22
薄いピンクなのが本体のカラーリングとマッチしていてまた良い感じ

イメージ 29
イメージ 30
イメージ 31
ロングメガバスターで

イメージ 32
イメージ 33
イメージ 34
イメージ 35
イメージ 36
やはり長物は画になりますね

イメージ 23
イメージ 24
ハイメガキャノンで
流石に重くて構えるのはちょっと難しいです

イメージ 25
イメージ 26
イメージ 27
プロトフィンファンネルで
上の写真では1つしか使っていませんが。フィンファンネル用の固定台座は2つ付属しています

イメージ 28
以上、HGUCガンダムデルタカイでした
2600円とこれまた高めのキットですが、内容も出来も大満足でした
これで同じMSVであるシナンジュスタインも、MGだけでなくHGUCで出てくれれば嬉しいんですがw

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事