ここから本文です
デンデロの消失−ガンプラレビューとドンドコドーン!−
MGアドヴァンスドジンクス、HGIBOイオフレーム獅電改(オルガ機) 更新

書庫全体表示

イメージ 1
鉄血のオルフェンズより、火星にて掘り起こされたガンダムフレーム、ガンダムフラウロスがHGシリーズに登場!
一目で誰が乗るか解ってしまうカラーリングがもうとても清清しい

イメージ 2
ランナー一覧
使用されているガンダムフレームは4です

イメージ 3
ホイルシール
各部のペイントや砲身の色分けに使用

イメージ 4
フロント
背中に背負った2本の長いレールガンが特徴
カラーリングも今までの流星号よりも黄色や白が増えていて、バランスも良く感じます

イメージ 5
正面

イメージ 6
背面
バックパックはかなりボリュームあります

イメージ 7
イメージ 8
アップ
パーツ分けがなかなか巧妙
フラウロス独特の頭部を見事再現されています

イメージ 44
バックパックなし状態

イメージ 9
グレイズ改弐と
濃い赤等はなくなり、黒や白も使われるようになりました

イメージ 10
イメージ 11
腕の可動
肩アーマーは側面が可動するので、腕を上げる際邪魔になりません

イメージ 12
イメージ 13
脚部の可動
腰アーマーは邪魔になるものがないスッキリとしたデザインなため、開脚もバッチリです

イメージ 14
イメージ 15
腰の可動
今までのガンダムフレームと同等です

イメージ 16
イメージ 17
首の可動
こちらも特に問題ありません

イメージ 19
イメージ 20
背部レールガン
禁止条約スレスレの弾丸を使用した強力なレールガン
厄祭戦時代ではナノラミネートアーマーをも貫く威力を持っていたとされています
バックパックのアームに接続されており、垂直まで上げられます

イメージ 18
イメージ 21
フラウロス専用マシンガン
バックパックの下部にマウントされており、かなり後ろまで逃がせられます

イメージ 22
グリップを引き出し、手に持たせることも可能です

イメージ 41
イメージ 42
イメージ 43
そしてなんと!フラウロスは砲撃モードに変形が可能!
差し替え無しで変形可能です。
腕の裏にあるシールドが変形後の前腕の役割をする面白い仕様

イメージ 23
イメージ 24
イメージ 25
イメージ 26
イメージ 27
マシンガン手持ちで

イメージ 28
イメージ 29
イメージ 30
背部レールガンで
接地性高いので、踏ん張るようなポーズもしっかり出来ます

イメージ 31
イメージ 32
イメージ 33
イメージ 34
イメージ 35
イメージ 36
別売りの「MSオプションセット7」に付属するアサルトナイフで
フラウロスには付属してこないので注意

イメージ 37
イメージ 38
イメージ 40
砲撃モードで
可愛い・・・

イメージ 39
以上、HGIBOガンダムフラウロスでした
ボリュームのある武装に変形機構まで盛り込まれているため、今回は定価1400円となっていますが、それでも充分安いと思います
ただボリュームがあるとはいえ武装が背中のレールガンとマシンガンのみなので、オプションセットのアサルトナイフが無いと若干物足理なさは感じるかもしれません。
念願のガンダムフレームにシノが乗り、これからの活躍が楽しみなフラウロス。発掘時の白い状態プレ版バンで出してくれないかなぁとか・・・

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事