ここから本文です

書庫全体表示

イメージ 1
どうすればいい、オルガ?
鉄血のオルフェンズより、更なる進化を遂げたバルバトス、バルバトスルプスレクスがHGIBOにて登場!
 
イメージ 2
ランナー一覧
基本的にフレームはガンダムフレーム4ですが、今回は上半身のほとんどがフレームまで新規です
 
イメージ 3
ホイルシール
主に足の爪や手いるブレード等に使用します
本記事では一部のみシール使用していきます
 
イメージ 4
「バルバトスルプスレクスだって」 「また長ぇな・・・」
レクスとはすなわち「王」の意。火星の王という目標に向かって進み始めた鉄華団に相応しいネーミングと言えます。
ハシュマル戦により大きく損傷したルプスから回収されたルプスレクスですが、何より目を惹くのが腕部。これまでスラッと細長かった腕が今回一気に巨大化し、今までのバルバトスとは一味もニ味も違う雰囲気を放ちます
 
イメージ 5
正面
正面から見ると更に異形さが目立ちます
 
イメージ 6
背面
バックパックも一新。背中にはテイルブレードが
 
イメージ 7
イメージ 8
アップ
ブレードアンテナも派手になりました
胸の鉄華団のマークもしっかり色分けされています
 
イメージ 9
歴代バルバトスと
最初は奇抜に感じたはずの第4形態ももう普通に思えてしまう・・・
 
イメージ 10
イメージ 11
腕の可動
肘・手首・肩ともにガッシリしていて、腕の大きさに負けない頑丈さです
特に肩は接続部がPCパーツからプラ製になり、より強固になりました
 
イメージ 12
イメージ 13
脚部の可動
こちらはいつものバルバトスと変わらず、よく動きます
 
イメージ 14
イメージ 15
イメージ 16
イメージ 17
腰・首の可動
こちらも特に変わりません
 
イメージ 18
イメージ 19
イメージ 52
 
超大型メイス
今までのメイスを凌駕するサイズ
柄は伸縮可能。専用のジョイントパーツを介してリアアーマーにマウント可能です
武器持ち手はもちろん付属するのですが、手の甲パーツは2つしか付属せず、平手と共用と言う形になります
 
 
イメージ 20
通常メイスやレンチメイスと比較
これ、1/100だとどうなっちゃうんだろう・・・
 
イメージ 21
イメージ 22
イメージ 23
テイルブレード
ハシュマルの超硬ワイヤーブレードを改修・移植したもの
リード線が付属し、劇中のように延ばせます
 
イメージ 24
レクスネイル
大型化された手首の爪
超大型メイスを保持するため、接続もシッカリしています
 
イメージ 25
イメージ 53
サブアーム
腕のカバーを開き、展開。色々な武装を持たせる事が出来ます
 
イメージ 54
イメージ 55
バックパックの両サイドには3mm穴があります
他キットのジョイントパーツ等使って武器をマウントしたりも出来ます
 
イメージ 26
イメージ 27
イメージ 28
イメージ 29
イメージ 30
イメージ 31
イメージ 33
イメージ 32
イメージ 34
イメージ 35
イメージ 36
イメージ 37
イメージ 38
レクスネイルで
よく動く上に保持力もしっかりしているのでいくらでも遊べる・・・
 
イメージ 39
イメージ 40
イメージ 41
イメージ 42
イメージ 43
イメージ 44
イメージ 45
イメージ 46
イメージ 47
超大型メイス
これを軽々と保持できるのという素晴らしさ
 
イメージ 48
イメージ 49
登場して即ぶん殴ったり、初期に苦戦していた百里をサブアームで軽々と捕らえたりと初登場からその凶悪さを見せ付けてくれました
 
イメージ 50
潰せ
 
イメージ 51
以上、HGIBO ガンダムバルバトスルプスレクスでした
腕の保持だけが心配だったのですが、ここまでガッチリした関節で且つ超大型メイスもしっかり持てるとは思わなかった・・・
メイスやレクスネイル、サブアームにテイルブレード、全てが動かしてて本当に楽しい・・・!
鉄血本編においても、これからラストに向けての活躍に期待が高まるキットでした

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事