ここから本文です
デンデロの消失−ガンプラレビューとドンドコドーン!−
HGBDガルバルディリベイク、ミニプラ スーパーショックガンダム 更新

書庫全体表示

イメージ 1
人の心を、哀しさを感じる心を知るものなら、ガンダム!俺に力を貸せ・・・!
お台場のガンダムベース東京にて、LEDで光る1/144ユニコーンが登場!
RGのユニコーンをベースに、赤と緑の2色に発光するLEDユニットが組み込まれ、代わりに各部関節が固定された非可動のディスプレイモデルとなっています。

イメージ 43
イメージ 44
イメージ 45
ランナーや付属品一覧
一部ランナーはRGユニコーン(正確にはガンダムベース限定のRGユニコーンVer.TWC)と共通で、マーキングシールも付属。
開けた時の羽根のような発光ユニットのハーネスのインパクトが凄い!

イメージ 2
イメージ 3
フロント
外装部分はほぼRGユニコーンのままなので、見た目はRGとあまり変わりません。
2色の発光に対応するため、サイコフレームの色は白(無色)
1/1ユニコーンガンダム立像の各部関節の角度がしっかり再現されています
本体は足裏部分で台座に固定されており、転倒する心配はほぼ無し

イメージ 4
背面
バックパックのスラスターは立像と同じく四角型のデザイン

イメージ 5
イメージ 6
アップ
首の角度も固定です
アンテナは付属のシールを使用

イメージ 7
イメージ 8
イメージ 9
イメージ 10
基本的に可動する個所は
各スカートアーマー、バックパックのスラスターカバー、ビームサーベルの基部
のみです

イメージ 11
イメージ 12
イメージ 13
イメージ 14
イメージ 15
イメージ 16
LED点灯
単4電池3本(別売り)を使用します。
ユニットのボタンを押すたびに
・赤く点灯→緑に点灯(以降ずっと緑)
・赤く点灯
・緑に点灯
に切り替わります。
点灯はただ光るだけでなく、光加減が強くなったり弱くなったりします。

イメージ 17
イメージ 18
イメージ 19
通常のRGユニコーンやPGユニコーンと比較
スタイルはRGのままなのが良くわかるかと思います。

イメージ 20
イメージ 21
イメージ 22
イメージ 23
イメージ 24
イメージ 25
イメージ 26
イメージ 27
イメージ 28
色々な角度から
立像モデルということもあり、下から見上げる角度で見るとかなり映えます

イメージ 29
イメージ 30
イメージ 31
イメージ 32
イメージ 33
イメージ 34
イメージ 35
イメージ 36
イメージ 37
イメージ 38
イメージ 39
部屋を暗くして点灯
最大発光時の光の大きさは結構強めです

イメージ 40
イメージ 41
外装はRGと同じなので、ビルドダイバーズでのユニコーン立像の様にシールドを取り付けたり、手首を取り換えてビームマグナムを持たせたりもできます。
※シールドもビームマグナムも本商品には付属しないので注意

イメージ 46
イメージ 47
1/1立像の画像と比べるとこんな感じ
見ての通り、かなり再現度高いです

イメージ 42
以上、RGユニコーンガンダムVer.TWC LIGHTING MODELでした
LED発光は勿論のこと、非可動のディスプレイモデルであり、固定関節を活かして立像のポーズをしっかり再現されているのも大きなポイント
最初は10800円は少し高いと思ったのですが、PGユニコーンのLEDユニットが単体で12000円することを考えると、1/144とはいえ2色発光のユニットと本体付きでこの価格はむしろ安いような気もします。
販売開始日は土曜日なのもあり人も多く、当日でえ完売してしまったようです、これからも再生産されますし、各地でのポップアップイベントでの販売もされていくんじゃないかなと思いますので、機会があれば是非手に取ってもらいたいアイテムです。

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事