ここから本文です
デンデロの消失−ガンプラレビューとドンドコドーン!−
HGBDガルバルディリベイク、ミニプラ スーパーショックガンダム 更新

書庫全体表示

イメージ 1
11月に劇場公開予定の機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)より、黄金に輝くユニコーンガンダム、フェネクスが登場!
今まではガンダムフロント東京でしか購入できなかったフェネクスですが、ここにきて+αのパーツ付きで一般店頭販売となりました。これは嬉しい。

イメージ 42
ランナー
以前までのフェネクスのパーツは全て付属し、新たに新装備用のランナーが付属

イメージ 2
フロント
今までのフェネクスとは違い、アームドアーマーDEに尻尾の様な装飾が新たに追加されました。それに伴いバックパックへの取り付け位置も上の方になりました。
全身の装甲はメタリックゴールドの成形色。これもVer.GFTと同じです。
可動範囲等は基本的に以前までのフェネクスやユニコーンガンダムと変わりないため、省略していきます。

イメージ 3
正面

イメージ 4
背面
アームドアーマーDEに追加された尻尾状の装備は姿勢制御用のスタビライザーとして機能するんだとか

イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7
Ver.GFTのフェネクスと
アームドアーマーの接続位置が変わったことによる変化が思ったより大きいなと
結構印象変わります

イメージ 8
通常のアームドアーマーDEにするパーツが余るため、組み替えれば通常のフェネクスを組むことが可能

イメージ 9
イメージ 10
イメージ 11
アームド・アーマーDE
前述の通り新たにテールスタビライザーが追加
今までのフェネクスで使用していた接続穴を隠すパーツも付属しています。

イメージ 14
イメージ 12
イメージ 13
テールスタビライザーは根元はボールジョイントにて可動、その先は3パーツに分かれていて、ヒンジ式で可動します。動かしすぎるとヘタれそうなので注意

イメージ 27
ビームマグナムは勿論のこと、余剰でシールドも組めます


イメージ 15
イメージ 16
イメージ 17
イメージ 18
スタビライザーが追加されたことにより、こういった航行ポーズがより様になるようになりました

イメージ 39
イメージ 40
他のユニコーンモード等に付属する平手を拝借(本キットには平手は付属しないので注意)

イメージ 19
イメージ 20
イメージ 21
イメージ 22
イメージ 23
イメージ 24
イメージ 25
イメージ 26
ビームマグナムで

イメージ 28
イメージ 29
イメージ 30
イメージ 31
イメージ 32
イメージ 33
イメージ 34
ビームサーベル&トンファーで
ビーム刃は付属しないので他キットから流用しています

イメージ 35
イメージ 36
イメージ 37
イメージ 38
アームドアーマーDEはシールドの接続パーツを使用して腕に装備可能(本キットには接続パーツは1つしか付属しないので注意!)
鞭のように使ったりするのをどうしても想像してしまう・・・w

イメージ 41
以上HGUCユニコーンガンダム3号機フェネクス(デストロイモード)(ナラティブVer.)でした
ついに一般販売でフェネクスのキットがいつでも手に入るようになりました!
今までのフェネクスとしても組めるのも嬉しいところ。
この調子でユニコーンモードも出してほしいなぁ・・・
11月の公開が待ち遠しいナラティブ、今後のキット展開も目が離せません。

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事