ここから本文です
デンデロの消失−ガンプラレビューとドンドコドーン!−
HGUCイフリート改[メタリックインジェクション] 更新

書庫全体表示

イメージ 1
"EXAM"よ、お前の見る未来を教えてくれ・・・
プレミアムバンダイ限定で発売されたHGUCイフリート改が、新たにメタリックグロスインジェクションVer.としてガンダムベース限定アイテムに登場!
プレバン限定アイテムをベースとしたガンダムベース限定キットは恐らく今回が初
BD1と同じく、今回も元キットである通常版のイフリート改のレビュー記事は上げていないため、なるべく詳しく紹介していきます

イメージ 2
イメージ 3
ランナー一覧
メタリックグロスインジェクション成形のイフリート改のランナー一式に加え、ガンダムベースの台座(赤)が付属

イメージ 4
ホイルシール
通常版と同じで、脚部追加装甲の白いラインやミサイルポッドに使います
今回のレビューではモノアイにのみホイルシールを使用した状態で紹介していきます

イメージ 5
フロント
鋭い目つきにいかつい赤い肩、そして二刀流を主流とした戦い方な上に特殊システム持ちと、見る者の男心を鷲掴みにする要素に溢れた本機
メタリックグロスインジェクション成形ということで、全体的に通常版よりも濃い目のメタリック成形色になりました。
特に青とオレンジ色の発色がとても良く、EXAM発動状態のイメージとしてとても良い感じ。ウェルドラインも見方によってはよく描写されるオーラの様に見えなくもない気が。

イメージ 6
イメージ 7
正面&背面

イメージ 8
イメージ 9
アップ

イメージ 10
イメージ 11
イメージ 12
通常版と
BD1よりも通常版との違いがハッキリわかります

イメージ 13
イメージ 14
腕の可動
肩は引き出して前後にスイング式の引き出しが可能

イメージ 15
イメージ 16
肩アーマーはボールジョイントで接続されています
ジョイントは可動してある程度角度付けが可能
これにより腕を動かしたときの干渉を減らしてポーズがつけやすくなってます

イメージ 17
イメージ 18
イメージ 19
脚部の可動
足首の接地性はREVIVEグフやオリジンザクに近い感じ
股関節は棒軸接続で、太腿上部でロール可動もします

イメージ 20
イメージ 21
腰の可動
2か所のボールジョイントで前後に良く動きます
動力パイプの関係で左右の捻りは限られます

イメージ 22
イメージ 23
首の可動
モノアイは左右に可動

イメージ 24
イメージ 25
イメージ 26
ヒートサーベル
2本付属
刀身は発熱状態をイメージしたクリアオレンジ
バックパックとサイドスカートを選んでマウント可能

イメージ 27
イメージ 28
本キットには非発熱状態のグレーの刃は付属しませんが、別売りのHGUCイフリートにはグレーの刃が付属しているため、それをマウントすることも可能

イメージ 29
グレネードランチャー
両腕に装備。しっかり色分けされています。

イメージ 30
イメージ 31
ミサイルポッド
弾頭は1体成形です

イメージ 32
イメージ 33
ミサイルポッドと及び脚部の追加装甲は外せます

イメージ 68
ガンダムベースデザインの台座が付属

イメージ 34
イメージ 35
イメージ 36
イメージ 37
イメージ 38
イメージ 39
イメージ 40
イメージ 41
イメージ 42
イメージ 43
イメージ 44
イメージ 45
イメージ 46
イメージ 47
イメージ 48
イメージ 61
ヒートサーベルで
肩関節の可動範囲によりポーズはかなりつけやすいです

イメージ 49
イメージ 50
イメージ 51
イメージ 52
イメージ 53
イメージ 54
イメージ 55
イメージ 56
イメージ 57
スタンド使用で

イメージ 58
イメージ 59
イメージ 60
グレネードランチャーで

イメージ 62
イメージ 63
イメージ 64
私と貴様、どちらが真にEXAMに認められし騎士か、勝負だ!

イメージ 65
イメージ 66
ブルーディスティニー1号機や、後の乗機の2号機と

イメージ 67
以上、HGUCイフリート改[メタリックグロスインジェクション]でした
代名詞でもある二刀流のポーズも肩や腕の広い可動範囲でしっかり再現可能。肩アーマーの可動とかはシュナイドと同様ではありますが、まさにこの機体のための構造だなと思うレベル
今回はメタリック成形色で通常の成形色とも結構違いがあるため、既に持っている方でも楽しめる内容になっているかなと思います。
ガンダムベース限定とはいえ、これから各地で続いていくPOP UPイベントでの販売もされていくでしょうから、プレバンを買い逃した方はこちらを狙うのもアリかなと思います。

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事