ここから本文です

書庫ガンプラレビュー ガンダムベース

記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

イメージ 1
"EXAM"よ、お前の見る未来を教えてくれ・・・
プレミアムバンダイ限定で発売されたHGUCイフリート改が、新たにメタリックグロスインジェクションVer.としてガンダムベース限定アイテムに登場!
プレバン限定アイテムをベースとしたガンダムベース限定キットは恐らく今回が初
BD1と同じく、今回も元キットである通常版のイフリート改のレビュー記事は上げていないため、なるべく詳しく紹介していきます

イメージ 2
イメージ 3
ランナー一覧
メタリックグロスインジェクション成形のイフリート改のランナー一式に加え、ガンダムベースの台座(赤)が付属

イメージ 4
ホイルシール
通常版と同じで、脚部追加装甲の白いラインやミサイルポッドに使います
今回のレビューではモノアイにのみホイルシールを使用した状態で紹介していきます

イメージ 5
フロント
鋭い目つきにいかつい赤い肩、そして二刀流を主流とした戦い方な上に特殊システム持ちと、見る者の男心を鷲掴みにする要素に溢れた本機
メタリックグロスインジェクション成形ということで、全体的に通常版よりも濃い目のメタリック成形色になりました。
特に青とオレンジ色の発色がとても良く、EXAM発動状態のイメージとしてとても良い感じ。ウェルドラインも見方によってはよく描写されるオーラの様に見えなくもない気が。

イメージ 6
イメージ 7
正面&背面

イメージ 8
イメージ 9
アップ
イフ改の設定的に頭はもっと大きくても良かった気がします

イメージ 10
イメージ 11
イメージ 12
通常版と
BD1よりも通常版との違いがハッキリわかります

イメージ 13
イメージ 14
腕の可動
肩は引き出して前後にスイング式の引き出しが可能

イメージ 15
イメージ 16
肩アーマーはボールジョイントで接続されています
ジョイントは可動してある程度角度付けが可能
これにより腕を動かしたときの干渉を減らしてポーズがつけやすくなってます

イメージ 17
イメージ 18
イメージ 19
脚部の可動
足首の接地性はREVIVEグフやオリジンザクに近い感じ
股関節は棒軸接続で、太腿上部でロール可動もします

イメージ 20
イメージ 21
腰の可動
2か所のボールジョイントで前後に良く動きます
動力パイプの関係で左右の捻りは限られます

イメージ 22
イメージ 23
首の可動
モノアイは左右に可動

イメージ 24
イメージ 25
イメージ 26
ヒートサーベル
2本付属
刀身は発熱状態をイメージしたクリアオレンジ
バックパックとサイドスカートを選んでマウント可能

イメージ 27
イメージ 28
本キットには非発熱状態のグレーの刃は付属しませんが、別売りのHGUCイフリートにはグレーの刃が付属しているため、それをマウントすることも可能

イメージ 29
グレネードランチャー
両腕に装備。しっかり色分けされています。

イメージ 30
イメージ 31
ミサイルポッド
弾頭は1体成形です

イメージ 32
イメージ 33
ミサイルポッドと及び脚部の追加装甲は外せます

イメージ 68
ガンダムベースデザインの台座が付属

イメージ 34
イメージ 35
イメージ 36
イメージ 37
イメージ 38
イメージ 39
イメージ 40
イメージ 41
イメージ 42
イメージ 43
イメージ 44
イメージ 45
イメージ 46
イメージ 47
イメージ 48
イメージ 61
ヒートサーベルで
肩関節の可動範囲によりポーズはかなりつけやすいです

イメージ 49
イメージ 50
イメージ 51
イメージ 52
イメージ 53
イメージ 54
イメージ 55
イメージ 56
イメージ 57
スタンド使用で

イメージ 58
イメージ 59
イメージ 60
グレネードランチャーで

イメージ 62
イメージ 63
イメージ 64
私と貴様、どちらが真にEXAMに認められし騎士か、勝負だ!

イメージ 65
イメージ 66
ブルーディスティニー1号機や、後の乗機の2号機と

イメージ 67
以上、HGUCイフリート改[メタリックグロスインジェクション]でした
代名詞でもある二刀流のポーズも肩や腕の広い可動範囲でしっかり再現可能。肩アーマーの可動とかはシュナイドと同様ではありますが、まさにこの機体のための構造だなと思うレベル
今回はメタリック成形色で通常の成形色とも結構違いがあるため、既に持っている方でも楽しめる内容になっているかなと思います。
ガンダムベース限定とはいえ、これから各地で続いていくPOP UPイベントでの販売もされていくでしょうから、プレバンを買い逃した方はこちらを狙うのもアリかなと思います。
イメージ 1
違うなニムバス、これはマリオンの意思だ!
HGUCにてリニューアルされたブルーディスティニー、そのメタリックグロスインジェクション仕様のキットがガンダムベース限定で発売されました
価格は税込み1944円

イメージ 3
ホイルシール&マーキングシール
写真では丸いツインアイのシールのみ使用しているのでそこだけ無いです。すいません。
今回はツインアイにのみホイルシールを使用した状態で紹介していきます

イメージ 2
フロント
商品名の通り、成形色がメタリックグロスインジェクション(つやありのメタリック成形)になっています。
それ以外のキット内容は通常版とほぼ変わりありませんが、通常版のレビュー記事を書いていないため、今回はなるべく詳しく紹介していきます
写真はバイザー下のツインアイにのみホイルシールを使った状態です

イメージ 4
イメージ 5
正面&背面

イメージ 6
イメージ 7
アップ
バイザーはクリアグリーンとクリアレッドがそれぞれ付属
額のパーツを外すだけで簡単に差し替え可能です

イメージ 8
イメージ 9
漫画版の頭部も再現可能

イメージ 10
イメージ 11
バイザー内のツインアイは2種類から選択可能

イメージ 13
イメージ 14
イメージ 15
肩を引き出し、脚部とバックパックのスラスターを組み替えることで、漫画版のEXAM発動状態を再現可能
どれも差し替えなので、元のデザインを崩すことなく組み込まれています

イメージ 12
通常版(向かって左側)と
劇的な変化はありませんが、メタリック成形とそれによる少し出るウェルドラインが返ってEXAM発動時のオーラ感があっていいかなと

イメージ 16
イメージ 17
腕の可動
肩はボールジョイントで少し引き出し可能。胴体側のボールジョイント受けは上に可動するため、かなり広く動きます
手首の受けは陸戦型ジム等と同じKPS構造で、良い感じにスナップをきかせられます

イメージ 18
イメージ 19
脚部の可動
足首はボールジョイント

イメージ 20
イメージ 21
腰の可動
ボールジョイントで前後に傾け可能
左右の捻りも勿論可能

イメージ 22
イメージ 23
首の可動

イメージ 30
左手の平手が付属

イメージ 24
100mmマシンガン
関節と同じくこちらもメタリック成形

イメージ 25
イメージ 26
ビームサーベル
2本付属
柄は脹脛に収納可能

イメージ 27
イメージ 28
イメージ 29
シールド
立てかけることも可能

イメージ 31
イメージ 32
ガンダムベース限定の台座(赤)が付属

イメージ 33
イメージ 34
イメージ 35
イメージ 36
EXAM SYSTEM FINAL PHASE EXPRESSION

イメージ 37
イメージ 38
イメージ 39
イメージ 40
イメージ 41
イメージ 42
イメージ 43
イメージ 44
イメージ 45
イメージ 46
イメージ 47
イメージ 48
イメージ 49
イメージ 50
イメージ 51
マシンガンで

イメージ 52
イメージ 53
フォアグリップが可動し、両手持ちも可能

イメージ 54
イメージ 55
イメージ 56
イメージ 57
イメージ 58
イメージ 59
イメージ 60
イメージ 61
イメージ 62
イメージ 63
イメージ 64
ビームサーベルで
旧HGUCのBD1から更に可動範囲が広くなったため、サーベルのアクションもより広くキマります

イメージ 65
イメージ 66
同じメタリックグロスインジェクションのイフリート改と
こちらも後で更新予定

イメージ 67
以上
HGUC ブルーディスティニー1号機"EXAM"[メタリックグロスインジェクション]
でした
ブルーディスティニーEXAM自体の完成度が高いため、此方も勿論いい出来です
通常版キットを2個買いしていなければ、EXAM発動状態用にこちらを追加で買うのもアリかなと思います。2モードあるから複数あっても困らないのもBDの利点の一つですね。
現在はイベント限定で2号機と3号機、ベース限定ではイフリート改のメタリックグロスインジェクションも出ているので、通常版を購入していない方もこの機会にコンプリートしちゃうのもいいかも!
イメージ 1
前回はゴールドメッキなフェネクスの紹介でしたが、今回もゴールドメッキなキットの紹介となります。
ガンダムベースにてガンプラポイントを貯めると交換できる景品で、最初のうちは300Pで交換できたのですが、最近ではアクションベースとの抱き合わせのみとなり、350Pで手に入れることが可能です。

イメージ 2
フロント
ベースとなっているガンダムはREVIVE版
装甲はゴールドメッキで関節などのKPS部分は金色の成形色。
MGと同じような仕様ですね。
勿論色以外は通常のREVIVEガンダムと同様なので細かい点は省略しつつ簡単に紹介していきます。

イメージ 3
イメージ 4
正面&背面
バックパックはランナー配置の問題で成形色です。

イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8
各部アップ
ゴールドメッキはNT版フェネクスのメッキ色に近い濃いめのゴールド

イメージ 34
イメージ 35
通常版や同じく金色のセブンイレブン限定版と

イメージ 36
MGのゴールドコーティング版と
ディテールさ故も輝き方の違いがまた面白い

イメージ 9
イメージ 10
イメージ 11
イメージ 12
イメージ 13
各装備もしっかり付属(ビームサーベルの刃も付属しています)
ビームライフルとハイパーバズーカは成形色で、ライフルはスコープのみメッキでなんかちょっとカッコいい

イメージ 14
イメージ 15
イメージ 16
イメージ 17
イメージ 18
イメージ 19
イメージ 20
イメージ 21
イメージ 22
イメージ 23
ビームライフルで

イメージ 24
イメージ 25
イメージ 26
イメージ 27
ハイパーバズーカで

イメージ 28
イメージ 29
イメージ 30
イメージ 31
イメージ 32
イメージ 33
ビームサーベルで
やはりREVIVE版は良く動いて楽しい!

イメージ 37
以上、HGUC ガンダムベース限定景品 RX-78-2ガンダム[ゴールドコーティング]
でした
ガンダムベースはたまにポイント2倍キャンペーンとかもやっているので、よく利用する人であれば気づいたら貯まってるんじゃないかなと。
今はツールケースなどの景品も増えたため、ポイント交換する際に少しでも参考になればと思います。
イメージ 1
BD-BOX特典のRG仕様で突然現れた新たなユニコーンの形態"ペルフェクティビリティ"
今回はそのHGUC仕様がガンダムベース限定で限定販売となりました

イメージ 2
イメージ 3
ランナー一覧
ユニコーンガンダムを中心に、ありとあらゆる装備のランナーが付属
ハイパービームジャベリンも付いてます

イメージ 4
新規パーツは背中に装備するDEの接続アーム
タグ名にプランBって書かれてるけど、結構前から出すことは検討されてたのかな

イメージ 5
フロント
トライエイジに登場したフルアーマーユニコーン プランBに、NTフェネクスのスタビライザーを追加したものがこのペルフェクティビリティ
サイコフレームやアンテナ、ビーム刃が青になっているのが特徴
カラーリングのせいか、重装備でありながらどこかゴテゴテしすぎない印象もあります

イメージ 6
イメージ 7
正面&背面

イメージ 8
アップ
アームドアーマーXCも青になってます

イメージ 9
一部武装盛ってVer.Kaにしてますが、フルアーマーユニコーンと

イメージ 10
フェネクスのサイコフレームを使用して組んだユニコーンと
今回のサイコフレームの色はフェネクスよりもすこし濃い青でした

イメージ 11
ハイパービームジャベリン
最早雑誌付録限定だった事すら忘れてしまうくらい普通に付属するようになりましたね
ランナーは同じなので収納形態も付属します

イメージ 56
アームド・アーマーXC
メタリックブルーの成形色とホイルシールで再現

イメージ 57
アームド・アーマーVN
通常のバンシィに付属した非可動タイプです
収納状態のパーツも付属しますが、ユニコーンモードのパーツを使用しないと取り付けは不可

イメージ 12
アームド・アーマーBS
差し替えで展開も可能です

イメージ 58
イメージ 13
アームド・アーマーDE
NTフェネクスのスタビライザー付きタイプ

イメージ 14
上記以外のを付属・余剰パーツ一覧
シールドやビームマグナムも組めますし、バンシィのアンテナ&胸部が付属するので青いバンシィにも出来ます

イメージ 15
イメージ 16
イメージ 17
イメージ 18
イメージ 19
イメージ 20
イメージ 21
イメージ 22
イメージ 23
イメージ 24
イメージ 25
イメージ 26
イメージ 27
イメージ 28
イメージ 29
イメージ 59
イメージ 60
ハイパービームジャベリンで

イメージ 30
イメージ 31
イメージ 32
イメージ 33
アームド・アーマーVNで

イメージ 34
イメージ 35
イメージ 40
イメージ 41
イメージ 42
イメージ 36
イメージ 37
イメージ 38
イメージ 39
アームド・アーマーBSで

イメージ 43
イメージ 44
イメージ 45
イメージ 46
イメージ 47
イメージ 48
イメージ 49
イメージ 50
イメージ 51
ビームサーベルやトンファー、マグナムでも

イメージ 52
イメージ 53
バンシィのパーツを使って組むとこんな感じ
アンテナまで青いバンシィってなんか新鮮・・・!

イメージ 54
ライトアップしてみたり

イメージ 55
以上、HGUCユニコーンガンダム ペルフェクティビリティでした
アームドアーマーが全種類付属する上に組み替えでバンシィにまで出来るてんこ盛りキット
事実上のプランBのキット化ということにもなるので、個人的にもかなりアツいアイテム
現在はガンダムベース限定アイテム(ポップアップイベント含む)ですが、ベース限定アイテムでも人気のキット等(結晶体やMGサザビー)はプレバンで受注販売もされているので、このキットもその内そうなるのではないかと思います。
イメージ 1
ガンダムベース東京にて、新たにサザビーのコーティングVer.が登場!
価格は19440円

イメージ 2
イメージ 3
赤いランナーにはメタリックレッドのコーティングが施されています
メッキほどギラギラしていなく、シナンジュのチタニウムフィニッシュとかに近い感じです。
通常版と同じく、色の濃い目の赤と薄い赤がコーティングされながらもしっかり分かれています。

イメージ 4
デカール類
通常版と同じです

イメージ 5
フロント
メタリックレッドで高級感のある仕上がりに進化しました
ハイコンプロのコーティング版を思い出す素晴らしい仕上がり
サザビーはデザイン的にもメタリックな感じが似合いますよね
元キットがアンダーゲートのキットではないためゲート跡が目立ってしまいますが、まぁそこはコーティング系キットである以上気にしても仕方がないかなと。

イメージ 6
正面
赤以外の部分はメタリック成形色になっています

イメージ 7
背面

イメージ 8
イメージ 9
イメージ 10
イメージ 11
イメージ 12
イメージ 13
イメージ 14
各部アップ
このメッキほど派手すぎないメタリック加減が素晴らしい・・・

イメージ 15
イメージ 16
そして各部の装甲を展開した状態
フレーム等はメタリック成形色なので、この状態の見栄えもバッチリ!

イメージ 17
イメージ 18
イメージ 19
イメージ 20
イメージ 21
展開状態の各部アップ

イメージ 22
イメージ 23
通常版やメカニカルクリア版と(メカニカルクリア版はフレーム塗装しています)
色もより深くなっているため、通常よりも更に引き締まって見えます。

イメージ 24
イメージ 25
イメージ 26
可動範囲は通常版と同じですが、ウチでは通常版は記事書いていなかったので簡単に紹介していきます。
まずは腕
肩は前方に大きく引き出し可能です

イメージ 27
イメージ 28
脚部の可動
股関節は強度の関係からボールジョイントですが、可動範囲は十分。

イメージ 29
イメージ 30
首の可動

イメージ 31
イメージ 32
イメージ 33
腰の可動
左右のスイング可能で、上下にも少し動きます

イメージ 34
ビームショットライフル
メタリック成形色で、通常より重厚感UP

イメージ 35
ロングライフル
イメージボードでのみ描かれていた劇中未登場の装備

イメージ 36
シールド

イメージ 37
イメージ 38
ビームサーベル
手首部分に収納可能
2本付属します。この他にビームトマホーク用の刃もしっかり付属

イメージ 39
ファンネル

イメージ 46
イメージ 47
イメージ 48
イメージ 49
スタンドで
アクションベース1を使用して取り付け可能
取り付けようジョイントは本キットにはなく、アクションベース1に付属しているものを使用可能です

イメージ 52
イメージ 40
イメージ 41
イメージ 42
イメージ 43
イメージ 44
イメージ 45
イメージ 50
イメージ 51
ビームショットライフルで

イメージ 53
イメージ 54
イメージ 55
ロングライフルで

イメージ 56
イメージ 57
イメージ 58
イメージ 59
イメージ 60
イメージ 61
イメージ 62
ビームトマホークで
柄はシールド裏に収納可能
画像の以外に、シナンジュの様にナギナタ形態にも出来ます

イメージ 63
イメージ 64
イメージ 65
イメージ 66
ビームサーベルで

イメージ 67
イメージ 68
イメージ 69
イメージ 70
最後に挿絵風に

イメージ 71
以上、ガンダムベース限定 MGサザビーVer.Ka.[スペシャルコーティング]でした
買って組み立てるだけでこの高級感が得られます。満足度がとんでもなく高いです。その分価格も高いですが・・・
ガンダムベース限定のアイテムの中でもトップレベルでオススメできるアイテムです。
そういえばHi-νの方もコーティング版すぐ出してきそうだったけど結局出ていないので、もしかしたらそっちも近いうちに出てしまうかもですね・・・!

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事