ライフルショット

リリーサーと本体フレームの結合構造です。
バタフライ式?のロック部にリリーサー後端がはまります。

イメージ 1

これでリリーサーの位置が決まりました。次はトリガーとグリップの位置を決めます。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

ライフルショット

ライフル型を作りたくなったので作ります。
以前に作ったライフル型(下写真)を庭でパチパチ射ってみましたが、他のタイプと比べると狙ったとこに良く当たります。

イメージ 1

これはチューブゴム限定仕様なので、平ゴムが使えるのを作ります。ホムセンで手にはいる安い材料もしくは手持ちの端材をつかいます。
フレームの大まかな形はこんな感じ。2本のアルミ角パイプ、アルミフラットバー、鉄金具をボルト止め。

イメージ 3

真ん中の溝にリリーサーの1部がはまってスライドする構造です。リリーサーは前に作ったやつを分解して部品を流用。

イメージ 2

ぼちぼち作っていきます。

この記事に

開く コメント(0)

アルミショット

バフで磨きました。
それなりの光沢はでました。細かく見ていくとまだまだ細かい傷が取れてないのですが。

イメージ 1

使っているうちに傷だらけになっていくのでしょうね。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

棒ショット

グリップの位置を変えました。
フルバタフライスタイルは引くのがしんどいので後ろに持ってきました。

イメージ 1

引いてる間、ぷるぷるしないので命中精度は上がってると思いたいですが。通常型との比較はまだできてないです。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

リリーサー

思いつきで作ってみました。
棒ショットでバタフライスタイルまでもっていくのは楽ではない事がわかりました。ちょっとでも楽にならないかなぁと、リリーサーを作ってみました。

イメージ 1

ロック機構はないので引いてる間はずっと握っておく必要あります。MDFで作ったのでやっぱりでかいですね。

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事