作業場作り

柱を立てます。
まず基礎ブロックの埋め込み。石が多くて穴掘りはたいへんでした。。。水盛りして2つのブロックの頭のレベルを合わせておきます。

イメージ 1

塗装しておいた桧の柱を立てます。屋根がつながるまでつっかえ棒をつけときます。

イメージ 2

柱のてっぺんの高さも水盛りであわせます。

イメージ 3

基礎ブロックと柱のすき間は砂で埋めてます。なんでモルタルで埋めてないかというと、以前作った表札立ての木の柱と基礎ブロックの間はモルタルで埋めたのですが、基礎ブロックがパックリ割れてしまいました。木が水分を吸って膨張、その応力で割れたかもしれません。調べてみると砂でも大丈夫という方がいたのでマネさせていただきました。自家製グリーンサンドを作った時に余った砂があったのでそれを利用。

イメージ 4

次は屋根を作っていきます。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

作業場作り

今年は庭に作業場を作ります。
現状はすでに設置されてるカーポートを使っているのですが、場所がお隣さんと近すぎて大きな音がでる作業はやりにくい、地面は土まんまででこぼこなのでここもなんとかしたい。という事で、敷地の真ん中、縁側?に面した場所に新しく屋根つき、土間コン作業場を作ります。ここが建設予定地。

イメージ 3

まず屋根の柱となる桧の角材を買ってきました。設計長にカットして塗装。ちなみに、この塗装している場所が現行作業場兼資材置場。

イメージ 1

この柱を立てるコンクリートの土台。

イメージ 2

次はコンクリート土台を埋める穴掘り作業です。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

棒ショット2

今回で完成です。
まずは短かくした状態。

イメージ 1

伸ばした状態。

イメージ 2

全部伸ばすと2mですが、1.7mぐらいがちょうどいい感じです。
ちょっとしか実射はしてないですが、テレスコ式棒ショットはポテンシャルたかそうです。

この記事に

開く コメント(0)

棒ショット2

グリップです。
配管用の部品に鉄板を溶接、ここに木を貼って成形しました。

イメージ 1

後はスペーサーを作れば伸縮棒に取り付けれます。
次は組立、実射までかな。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

棒ショット2

棒ショット2号機をつくります。
1号機は長すぎてどこかに持って行くのが大変でした。そこを改善するための2号機作成です。ベースはこれ、テレスコ式の伸縮棒です。全部伸ばすと2mになります。

イメージ 1

まずは、後端の手のひらを当てる部分をつくりました。材料は100均で買ってきたお湯で柔らかくなる樹脂。お湯で柔らかくなってる間に盛り付け、ショットグラスに押しつけてRを成形しました。

イメージ 2

ヨークはこんな感じ。アルミフラットバーです。Ω型にうまく曲げるのが結構難しい。

イメージ 3

グリップをどうするかまだ決めてないんですよね。持ち運びを考えて、簡単に取り付け取り外しができる構造か、折りたたみにしたいのですが。

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事