西宮日記

コメントありがとうございます♪うれしく楽しく読んでいます(^u^)ゆっくりですがお返事書きます!!

静岡県

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]

引越の箱詰めはやってもやっても「まだある・・・(>_<)」という気持ちが落ち込む
辛い作業です。。。

昨日は姉がわざわざ手伝いに来てくれて一緒に箱詰めしてくれました。
姉は引越経験4回の強者。作業も手早く どんどん箱ができあがって行きました。
一緒に話しながら作業できたので 箱詰めも楽しかったです(^_^)
感謝です♪


静岡県にいるうちに書いておきたい記事。
ちょっと作業の気分転換に書いてみました。


イメージ 1


由比の周辺で見たい風景がありました。


歌川広重による東海道五十三次にも登場する 

由比 薩埵峠(さったとうげ)
からの風景。

一度 実際に見てみたいと思っていました。


昨年の初冬 由比の方に出かけました。

前回 由比に行った時は、春の桜えび漁の時期に訪れました。
その後、桜えびを干している後ろに富士山が雄大に見える写真を見ました。

その風景を見てみたい!!と思っていました。

桜えび漁があって 寒いけど富士山の見える日〜と思って狙っていったのですが。。。

イメージ 2


風の強い日だったせいか あとでお店の人に聞いたら漁はなかったそうで。。。
桜えびちゃんはいませんでした(>_<)

でも 雄大な富士山と網はありました。


イメージ 3
静岡県に来て時々見かける風景 
 富士山とサッカーゴール

サッカー王国 静岡県らしい風景だと思いました。





イメージ 4
干してある桜えびは見られませんでしたが、
かき揚げで桜えびと再会♪







イメージ 5
由比駅から
興津駅
に行きました。
これで「おきつ」と読むんです。
久しぶりだと忘れてしまいます。




歌川広重による東海道五十三次にも登場する 
由比 薩埵峠(さったとうげ)からの風景。

一度 実際に見てみたいと思っていました。
薩埵峠に向けてウォーキング出発!!


イメージ 6興津の道を歩いて行ったら こんな看板の
あるお店を発見。

よーく見るとスズメの目が鋭い!!
すごく 興味深く 入りたかったのですが、まだ歩き始めたばかり。ここでお茶していたらきっと くつろぎすぎてしまいそうなので、涙をのんで歩いて行きました。









国道一号線をずーっと歩き 橋を渡り、踏切で東海道線の線路を渡って歩いていくと風景が変わってきました。
大きく空が広がっていて とても気持ち良いウォーキングです。

イメージ 7こんな看板がありました。

この辺りはみかん畑が多いのですね〜。





イメージ 8こんな箱がおいてありました。
横でおばさんが作業をしていたので、
ちょっと話しました。
美味しそうなみかんだったので 買ってみました。
ウォーキングの休憩で食べてみると 
甘くて美味しいみかんでした(^_^)





イメージ 9これから峠に向かって 坂道になってきました。
階段をのぼっていくと だんだん海が見えてきました。
 
雄大な海の向こうに うっすらと陸地の影が!!
伊豆半島が見えるのですね〜。



汗をかきながら 頑張って歩いていると ご褒美のように富士山の絶景が見えてきました!!
             薩埵峠(さったとうげ)からの風景

イメージ 10


思わず 声をあげてしまいました。

展望台は二つありました。車で行ける展望台は混んでいました。
歩いてのみ行ける展望台は人があまりいなくて、富士山独り占め!な感じがして
うれしかったです。

イメージ 11
看板を見ていると、浮世絵の富士山と
同じ風景が目の前に広がっているという
感動を新たにしました。


昔 東海道を旅した人は 難所である険しい道のりを歩いてきた中での この絶景。

感動もひとしおだったでしょうね。




帰り道 由比の街を歩きました。
東海道の雰囲気を残す町並みに タイムスリップしたような気持ちになりました。
イメージ 12 イメージ 13

イメージ 14

東海道の猫。

まん丸くなって寝ていました。








イメージ 15由比の街でよく見かけた、

桜えびと富士山の看板。

かわいくて気に入りました。








イメージ 16
駅に着くと もう日が暮れていました。

静岡県に住んでいるうちに見に行きたかった薩埵峠の風景。

きれいな富士山を見ることが出来てうれしかったです。
先日 お天気が良かったのでJR東海のさわやかウォーキングに出かけてきました。

絶景の富士山と三保の松原ウオーキング

以前 「三保の松原」に行った時は、お天気が曇りがちだったので、期待していた風景には出会えませんでした。

「三保の松原からのきれいな富士山」が見たい!!
ということで今回のイベントに参加しました。

イメージ 1

JR清水駅からスタート





 
イメージ 2 駅から歩き始めて少し行ったところ。 

かつては 旧国鉄清水港線の電車が走っていた線路の跡が遊歩道&自転車道になっていました。

歩道と自転車がはっきりと分かれているので 安心して歩くことが出来ます。


イメージ 3

道にはきれいな梅の花が咲いていました。

(^_^)






ずっと歩いていくとヨットがたくさん係留してあるところにでました。
イメージ 4 イメージ 5

清水マリンパーク 
ここには 昔 荷物を積み込んでいたクレーンが残っていました。
この他 エスパルスドリーム・プラザ という アミューズメント施設がありました。

イメージ 6
今日の楽しいイベント♪

渡し船に乗ります〜!!





と言っても 沼津の「我入道の渡し」のような渋〜いものではありません。

 フェリーでした。船に乗る前に 富士山と写真!!
イメージ 7 イメージ 8

イメージ 9
船に乗ると エスパルス・ドリームプラザや観覧車も見えました。







海からの富士山!!
イメージ 10


こちらの港では造船?整備?している船もありました。

イメージ 11
私が気になった船。

「宇宙戦艦ヤマト〜!!」
と喜んでしまいました。



ここからが本格的なウォーキング。

イメージ 12
歩いていると 再び清水港線跡の遊歩道が出てきました。

「鉄」の主人は大喜び。



住宅街などを歩き、ようやく三保の松原に到着しました。

さあ これから羽衣の松を見に行きますが、ちょうどお昼時。
地図を見ると しばらくはご飯を食べるような所はなさそうなので、ここでお昼を♪

桜えびのかき揚げそば!!
イメージ 13
元気がでます。(^_^)






そして
羽衣の松
樹齢約650年ということです。
大きく自由に広がった枝ぶりは 貫禄を感じます。
イメージ 14 イメージ 15

イメージ 16そして海です。

とてもきれいな色をしていました。

浜の方に出てくるとすごい強風が吹いていました。

冬ですが海はいいですね〜。

念願の三保の松原からの富士山!!
イメージ 17


イメージ 18
海から見た羽衣の松。

その大きさがよくわかります。







イメージ 19
再びウォーキングのスタートです。

松の林の間からも海が見えます(^_^)





イメージ 20 少し歩くと 海沿いをまっすぐに行く 自転車道路に出ました。

はじめのうちは「海がきれい〜」なんて気持ちよく歩いていましたが。。。

風が強くて 寒い〜(>_<)写真だとポカポカした雰囲気に見えますが、やはり冬の海沿いは寒いです。


ようやく海沿いの道が終わりホッとしたところ。 
清水港線跡の道に出ました。
イメージ 21 イメージ 22

こちらも自転車道路と歩道が分かれているし、車道から離れているからすごく快適です。
道沿いにはお花が植えてあってきれいです。


かもめも飛んでいます〜。
イメージ 23 イメージ 24

歩き疲れてきたところ、かわいいマリンルックのアリクイくんが居ました♪

「がんばってね〜」と言われているようでした。


   
道を歩いていると 電車が展示してありました。
イメージ 25 イメージ 26 イメージ 27
今日のウォーキング 清水港線が走っていた線路の跡をたどっていたようです〜。


鉄・主人はそれで「おもしろそう♪」と参加を思いついたそうです。

実は 子どもの頃 清水港線に乗りに来たことがあるそうなんです!!
廃線になってしまった電車に乗っている時の話など聞きながら 線路跡を歩くのもなかなかいいものでした(^_^)


景色を楽しみながらのんびり歩いていたら ゴールの時間が迫ってきている!!

急いで駅へ向かいました。(>_<;)
なんとか間に合い 駅で 無事にゴールの手続きをしました。

歩いたご褒美♪   
夜はお寿司を食べました!!
イメージ 28 イメージ 29  


夜の清水港やエスパルス・ドリームプラザの観覧車がきれいでした(^_^)

イメージ 30

白糸の滝

富士宮の「いでぼく」で美味しいものを頂いた後は、
前から行ってみたかった 

白糸の滝」
に行きました。



イメージ 1駐車場から歩いていくと、
「音止めの滝」
がありました。

けっこうな水量の滝で 
近くにいると涼しくなりました。

  音止めの滝  
この滝の大きな音は、その昔 曽我兄弟が父の仇を討つための密談をしていた時、あまりの音のうるささに思わず”黙れ”と言ったところ、滝の音が一瞬止まったという言い伝えがあり、それで音止めの滝となったそうです。
話を聞いていたのでしょうか?
すごい滝ですね!!!



そこからさらに歩いていくと遠くに白糸の滝が見えてきました。滝に向かっては階段を降りていきます。


  白糸の滝  
この滝は、富士山の雪解け水が、水を通す地層と下部の水を通さない地層の境の絶壁から湧き出しています。国の名勝及び天然記念物。



滝の近くまで降りていくと、

岩の間からしみ出てくる糸のような小さな滝がたくさん見えました。

イメージ 2  イメージ 3 


富士山の雪解け水がこれだけの豊かな水を出してくれているのだと思うと 
自然の凄さを目の当たりにした感動に包まれました。
しばらくそばの石に座ってマイナスイオンを浴びていました。

イメージ 4



秋になると、滝の周りの木々は紅葉し、後ろには富士山が見えるという 
ぜひ見たくなる絶景になるそうです。

その風景も見てみたいものです。(^_^)






イメージ 5
帰りに 近くにある
「田貫湖」
に行きました。

初めて聞いた時 
「たぬき湖」→ タヌキがたくさんいるの〜? なんて思ってしまいました(^^;)

イメージ 6

 

こちらは いいお天気の日には 湖からきれいに富士山が見えます。
季節によっては 富士山の山頂近くを太陽が通り 富士山が光を放っているように見える
「ダイヤモンド富士」が大人気の湖なのです。


この日は どんより曇空  残念!!
 

イメージ 7
釣りをしている人がたくさんいました。

何が釣れるのでしょうか?









イメージ 8 暑い中でもきれいなあじさいが咲いていました。

それだけ涼しいところなのですね〜(^_^)



富士宮は富士山が近くに見えて自然豊かで
大好きな所の一つです。

空気がひんやりとして、澄んできた頃 
きれいに富士山が見える頃 
訪れてみたいと思いました。

開く トラックバック(1)

この前 JR東海のさわやかウォーキングに参加しました。

と言っても ちょっと後の時間に行ったので、個人的な山登りのようになりました。

自然や生き物にふれあう楽しい散策になりました。


沼津から御殿場線で足柄に行きました。
駅前の懐かしい感じの商店で お昼のお稲荷・海苔巻きなど買って出発!!

イメージ 1
♪あしがら山の金太郎〜

足柄山は金太郎伝説を伝える山です。

駅ではたくましい?!金太郎が見送ってくれました。






イメージ 2住宅街のような所を歩いていくと この表示。










ここでも金太郎。町のあちらこちらに金太郎♪

イメージ 3イメージ 4


イメージ 5

金太郎に気を取られていると こちらでは猫が「いってらっしゃーい」と見送ってくれました。





イメージ 6イメージ 7

緑豊かな道。登り坂になってきました。

進んでいくと 川が出てきました。

しばらくは川に沿って歩いていきました。


イメージ 8イメージ 9

歩いていると蝶がたくさん飛んでいました。

長い坂道 疲れたな〜なんて思っていても 蝶が出てきて励ましてくれるようでした。

イメージ 10 だんだん川も自然の顔を見せてきました。

滝のようになっているところもありました。






駅前の商店で買った お稲荷さん食べながらちょっと休憩。


イメージ 11
太陽が出てきて暑くなってきましたが、
ちょうど木々の間に入りました。

木と川の上を通ってくる涼しい風に包まれて心地よい空気でした。


マイナスイオンだ〜!!









ウグイスの輪唱が聞こえてきました。

こんなにたくさんのウグイスの声を聞いたのは初めてでした。
いっぺんに鳴くのではなく 輪唱というのが心地よく響いていました。

イメージ 12 歩いていくと急な道も出てきました!!

けっこう足も疲れてきてぐったりする時もありましたが、ウグイスの声が励ましてくれるようで、頑張って登りました。

ウグイスも鳴くのが上手な鳥、まだまだ練習中の鳥 いろいろ居て楽しかったです(^_^)










ちょっと広い道に出ると、たくさんの蝶がとまっている木がありました。
何十匹の蝶がどんどん集まってきます。よほどおいしい密の花なのでしょうね〜。

イメージ 13イメージ 14


もうひとがんばり!!
昔の人々はこの道を通って小田原の海産物を運んだりしたそうです。
駅からだいたい80分くらい歩いて 足柄峠 もうすぐ!!

イメージ 15イメージ 16


ようやく到着しました〜♪
イメージ 17あ〜う〜(>_<)富士山は雲の中です。。。

でも たくさんの蝶に出会えて、
たくさんのウグイスがきれいな声を聞かせてくれて、それだけでも歩いた甲斐があった足柄道でした。





イメージ 18 こちらが
サンショウバラ(山椒薔薇)

富士山周辺だけに分布するそうです。
名前は枝に棘が多く葉が「山椒」に似ていることからつけられています。





イメージ 19 足柄峠では南足柄市と小山町の共催による
足柄峠笛まつりが開催され、綱引きが行なわれるそうです。

勝った側は城跡の広場に「相模國南足柄領」「駿河國小山領」という看板を立てて領有することができるということ。(実際の行政界は、小山町)。

綱引きで陣地決めっておもしろいですね〜。

今年は「駿河國小山領」となっていました。




帰りはちょうどいい時間にバスがあったので〜。
はじめのうちは私たちだけの貸し切り。のんびりしたバスだな〜なんて思っていたら、次々に乗客が!!あっという間に満員になってしまいました。

イメージ 20イメージ 21


関本=大雄山駅から 大雄山線に乗って小田原に行きました。


           こちら大雄山駅前の金太郎。
イメージ 22

           これは立派な金太郎だ〜。




 つづく 小田原城 花しょうぶ、紫陽花祭り

開く トラックバック(1)

清水ぶらり

この日は 東静岡で行われる トレインフェスタを見に行こうということで、
静岡方面に出かけました。

イメージ 1
その前に 昼は
清水港
で食べて行こうということになりました♪





イメージ 2 河岸の市の中は新鮮で美味しそうな魚が
たくさん売っています!!








イメージ 3
ハモだぞ〜!!
パクッと噛みつかれそうな勢いで口を開いていました。







イメージ 4  お昼を〜と思っていましたが、

どこも長い列が。。。







イメージ 5その中で 並んでみたのは 
「のっけ家」
海鮮丼のお店です。







イメージ 6 イメージ 7
   マグロの漬け丼
                    磯の香り丼
磯の香丼は、まぐろの中落ち+岩のりでした。

岩のりはとてもさっぱりしていて甘みのあるタレをかけて美味しく頂きました〜。




イメージ 10



そのあと、
清水港から、静岡鉄道の新清水駅へ歩いていきました。

歩いてすぐなのですが、せっかく清水に来たので 商店街をぶらり。

イメージ 8
こちらは東海道なのですね〜。
江尻宿
東海道の18番目の宿場町だそうです。

そう言われると 歩く道も一層味わい深く感じます。





清水と言えば、清水の次郎長


イメージ 11
そういえばニュースで、おじさんたちが次郎長の格好をして踊っているのを見たことがあります。
ここで踊っていたのでしょうか?!
(この写真は資料写真より)





            懐かしい感じの落ち着いた商店街でした。

イメージ 9

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事