ここから本文です

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

はくさい姫

イメージ 1
:アブラナ目 Brassicales
:アブラナ科 Brassicaceae
:アブラナ属 Brassica
:ラパ B. rapa
変種:ハクサイ var. pekinensis
学名:Brassica rapa L. var. pekinensis Rupr.

日本で結球種のハクサイが食べられるようになったのは、20世紀に入ってからである。日本での生産量はダイコンキャベツに次いで3番目に多い。

キャベツのように結球したを食用とするが、結球様の形状はキャベツがやや横に扁平なのに対し、ハクサイは縦に長い。草丈は約40cm。葉は結球の外側は緑色をしているが、結球の内部へいくほど黄白色になる。栄養価は外側ほど高い傾向がある。
。霜に当たると甘みが出て美味。生ではシャキシャキした歯ざわりがあり、煮込むと柔らかくなる。特に目立った栄養は無いが、抗がん作用のあるイソチオシアネートが豊富である。体を温める作用があり、冬の鍋の具として定番となっている。煮物汁物炒め物鍋料理漬物浅漬けキムチ)等に使われる。味は比較的淡白であり、キャベツなどと比べると柔らかい。日本では加熱して用いることが多いが、アメリカでは主にサラダ用として広まっている。

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事